少年野球場での喫煙者について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 喫煙する姿を野球少年・野球少女たちに見せ続ける大人たち

喫煙する姿を野球少年・野球少女たちに見せ続ける大人たち

  • 煙草の吸殻を見かけないことがない少年野球場
  • 喫煙するコーチを見ながら子どもたちは成長する
  • アメリカ球界は喫煙は完全にNG


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

やはり多いですね、河川敷グラウンドでの喫煙者。数日前から春季大会の開会式や開幕戦などでごった返している河川敷グラウンドなわけですが、少年野球場付近での喫煙者が本当に多い。グラウンド付近で煙草を吸うことを我慢できない大人に、子どもたちを指導する資格はないと思います。


受動喫煙に関する注意喚起は、現在国を挙げて行われています。受動喫煙がどれだけ健康に悪影響を与えるかを知らない人間は一人もいないと思います。にも関わらず少年野球場付近で煙草を吹かす大人たち。

野球をやっている間さえ煙草を吸うことを我慢できない大人が子どもたちに努力を求めたところで、何の説得力もありません。僕がコーチングしている付近だけでも、午前中に2時間コーチングしている間で10人以上の大人が煙草を吸っていて、こちらに流れてくる煙が本当に不快でたまりませんでした。僕に睨まれていることに気づいて、その場を離れた喫煙者も数名いましたが、野球場付近でどうしても煙草を吸いたいのなら、窓を全部閉めた自分の車の中で吸ってもらいたいものです。

そして野球場で喫煙をしている大人を見ながら成長していく子どもたち。きっと彼らは大人になっても、野球場付近で喫煙することに罪悪感を感じられない大人になってしまうのではないでしょうか。

喫煙も受動喫煙も肺機能を大幅に低下させます。肺機能が低下すれば当然運動能力も比例して低下してしまいます。すると野球で上達できるようになるはずもありません。日本はプロ野球選手であっても喫煙者が非常に多いわけですが、他競技ではアスリートが喫煙するなどまったく考えられないことです。他競技どころか、アメリカ球界でも喫煙は完全にNGです。

未だに喫煙者を減らすことのできない日本の野球界が、いつまで経ってもアメリカに追いつけないことはまったく不思議ではありません。少年野球の大人たちは、ユニフォームを着ている時間は絶対に喫煙すべきではありません。風下なら吸っていいということではなく、子どもたちから見える場所では喫煙すべきではないんです!

煙草を吸う姿を子どもたちに見せるコーチ。無意味に子どもたちを怒鳴りつけ、まるでヤクザのようなコーチ。野球のコーチングスキルをまったく学ばないコーチ。そんな無能なコーチが未だに少数派ではない日本球界です。野球人口がどんどん減っていることもまったく不思議ではありません。むしろそれでもまだこれだけ多くの子どもたちが野球をしていることの方が不思議です。そして良い指導者たちが、このような無能な指導者の陰に埋もれてしまっている現状が悲しくて仕方ありません。

試合がたくさん行われた翌月曜日、つまり今日、グラウンド付近を歩いているとたくさんの吸い殻が地面に捨てられていました。1〜2本だったら僕も目を瞑って黙って拾って捨てたかもしれません。しかし決して1〜2本なんていう数ではなかったわけです。

今日本球界に必要なのは球数制限よりも、完全禁煙なのかもしれませんね。ただこれは、あまりにも低次元な話です。野球部での喫煙発覚が0だった年って、最近ありましたっけ?煙草を吸うコーチたちを間近に見ながら子どもたちは成長していきます。そんな子どもたちが中高生になって煙草に手を伸ばしてしまっても、果たして大人たちは彼らのみを叱責することなどできるのでしょうか?

最新の投手育成コラムは2020年01月28日(火)公開の
『冬場は特に欠かせない投手の爪と手のコンディショニング』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 選手を育成できないコーチが多すぎる日本球界の憂い
次のコラム ホームランを打たれたくなければストレートの質を上げていこう
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾