野球塾,個人レッスン,少年野球,野球教室について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

有料の野球塾でも実は指導能力のないコーチが多い?!

  • 野球塾を選ぶ際は「元プロ選手」という謳い文句で選んではいけない!
  • 有料野球塾でも野球動作理論やコーチングスキルがないコーチも多い!?
  • 怪我しない投げ方を身につけるため、小学生のうちに野球塾に通おう!

野球塾は本当に必要なのか?と問われれば、今はまだ必要だと言い切ることができます。その理由はシンプルで、お父さんコーチでは肩肘を痛めない投げ方を指導することができないからです。


お父さんコーチの1000人に1人くらいは、もしかしたら肩肘を痛めない投げ方を指導できる方もいらっしゃるかもしれません。しかしそんなお父さんコーチがいる野球チームを探すことはほとんど不可能です。そして野球動作を理論的に勉強されている指導者がいる野球名門高校に進学しても、もうその頃には肩肘を痛めてしまう投げ方が固着してしまっているケースが多々あります。

野球チームの練習を見ていても、今だに、あえて足は使わずに手だけで投げるキャッチボールをさせている小中学生チームも多数あります。なぜあえて手投げをさせるのでしょうか?そしてそのチームの一人のお母さんに尋ねてみると、そのチームは5〜6年生のピッチャー全員が肩か肘を怪我しているとのことでした。そりゃあそうです、知識のない監督さんが手投げをするように教えてしまっているのですから。

僕の個人レッスンでは、とにかく下半身主導でボールを投げ、肩肘に負担のかからない投げ方を指導していきます。お父さんコーチの多くも下半身主導で投げる重要性は理解されていると思うのですが、でも実際にどう指導すれば、子どもたちが下半身主導で投げられるようになるのか、となるとわからない方がほとんどではないでしょうか。

野球塾ではそのような指導を理論的に、とてもわかりやすく受けることができるんです。ただ、野球塾の中にも指導者があまり勉強していないところも多々あるようなので、選ぶ際は注意が必要かもしれません。「元プロ選手が教える」という謳い文句では野球塾は選ばないでください。元プロ選手だろうと、元プロ選手じゃなかろうと、大事なのは野球動作を理論的に勉強し、さらにそれを選手に伝えるためのコーチングスキルがあるかどうか、という点です。

例えば「手投げ」という言葉ひとつ取っても、理屈が存在します。手投げとはスポーツ医学的には「骨盤回旋不良」というわけですが、つまりは非軸脚側股関節を適切に使えているかどうか、ということになります。有料の野球塾の指導者の中にも、この手投げの理論さえ勉強されていない方がいらっしゃいます。

冒頭で、今の野球界にはまだ野球塾が必要だと言いました。しかし勉強されていない方によって野球塾が乱立させられている、という状況もまた同時に存在しています。実際当野球塾には、他の野球塾でまったく成果が出ずに移籍してきた選手も本当にたくさんいます。しかし移籍してきた塾生の皆さんは、当野球塾で全員、別の野球塾では感じられなかった上達を実感してくれています。

怪我をしない投げ方・打ち方をマスターするためには、今はまだ野球塾に通うことが必要です。特に適切な基礎動作を身につけなければならない小学生は、将来を考えたら早い段階で一度野球塾に通っておくべきだと思います。しかし通う際は、担当コーチに指導能力があるのかどうかを親御さんがしっかりと見極めてあげてください。ちなみに僕のコーチングスキルは、投手育成コラムを読んでいただくだけも十分おわかりいただけると思います。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム スポーツ外科医も正しく理解していない肩肘を痛めない投げ方
次のコラム 小学生でも良い動作が身に付けばスモーキーになれる!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾