野球塾,野球教室,野球アカデミーについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 野球塾、野球教室、野球アカデミーの違いとは?

野球塾、野球教室、野球アカデミーの違いとは?

  • 野球塾、野球教室、野球アカデミーの違いとは?
  • ガッツリ上達したいのなら個人レッスンがオススメ!
  • 屋内練習場があるだけでコーチング料金が跳ね上がる?!


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

近年、野球塾・野球教室・野球アカデミーが日本国内にもかなり増えてきました。当野球塾は2010年1月に開講したのですが、野球指導の専門家が増えている近年の状況は、野球少年・野球少女の怪我を防ぐためにも喜ばしいことだと思います。では野球塾と野球教室と野球アカデミーの違いとは一体なんなのでしょうか?


まず野球教室というのは、野球の楽しさを知ってもらうというニュアンスが強いものです。例えばオフの期間にプロ野球選手がやってきて、数十名の子どもたちを軽く指導しながら触れ合う、というものですね。子どもたちはプロ野球選手や、元プロ野球選手と触れ合えるだけでもテンションが上がります。実際に具体的な個別指導がなかったとしても、その上がったテンションで野球をもっと好きになってもらう、野球に対するモチベーションを上げてもらう、というニュアンスなのが野球教室です。基礎の基礎、野球動作の触りの部分を運が良ければ個人指導してもらえますが、コーチ1人に対し選手が数十名いるケースがほとんどですので、実際のところ、単発の野球教室に行ってレベルアップする、というケースは稀だと言えます。

では野球アカデミーとは?これはプロ野球チームが開催している野球塾です。野球教室のように単発ではなく、定期的に通うことができ、引退直後の選手がプロチームのコーチに就任できるまでの間、コーチの役職についているケースがほとんどです。野球アカデミーには実はカリキュラムがあります。指導しなくてはならない内容と、勝手に指導してはならない内容がマニュアル化されていて、コーチはその枠内でしか子どもたちを指導することはできません。しかしそのマニュアルというのは専門的に作られていないケースも多く、最新の野球技術を子どもたちに伝えることができないという理由から、しっかりと勉強をされている元プロ野球選手のコーチの一部は、野球アカデミーの役職を辞退するケースが少なくありません。

最後に野球塾というのは、これは学習塾とまったく同じです。学習塾では講師、野球塾ではコーチとなるわけですが、講師もコーチも、指導すべき内容、最新の野球技術などを日々勉強しています。与えられたマニュアルの中でだけ指導するのではなく、コーチングスキル、野球技術を常にアップデートしているため、大げさに言えば時代遅れの技術を選手に伝える、ということが一切ありません。

ちなみに野球塾の中にもいくつか種類があって、屋内練習場が完備されている野球塾、グループレッスンタイプ、個人指導タイプなどがあり、屋内練習場が完備されている個人レッスン野球塾は、とにかく値段が高いです。そして屋内練習場を持っている場合は、いわゆる箱代(家賃)がかかりますので、それをまかなうためにグループレッスンの人数も5人以上と多くなりがちです。

当野球塾は屋内練習場を持たないタイプですので、コーチング料金は他の野球塾よりも低価格設定となっています。屋内練習場を持たない野球塾は、他の野球塾であってもコーチング料金は高くはないはずです。

屋外コーチングの場合は確かに冬は寒く、夏は暑いわけですが、野球は根本的に外で行うスポーツですので、屋内練習場がないデメリットというのは台風などの荒天時くらいだと思います(通常の雨天なら陸橋下の広場などでできるケースも多いです)。ちなみに屋内練習場の場合、スパイクを履かないコーチングになるケースが多いと思います。バッティングだけの場合は大きな影響はないと思いますが、ピッチングの場合は絶対的にスパイクを履いたコーチングを選んだ方が試合との誤差がなくなるためオススメです。屋内練習場でも土のマウンドが作られている野球塾がありますので、そのような野球塾を探してみるのもいいと思います。

これらが野球塾、野球教室、野球アカデミーの違いとなります。もう一度かんたんにまとめておくと、野球をもっと好きになってもらいたい場合はプロ野球選手や元プロ野球選手が来てくれる野球教室(無料の場合も多い)がオススメです。基本動作を元プロ野球選手と一緒に練習したい場合はプロ球団の野球アカデミーがオススメです。そして基本から応用まで、何を質問しても答えてくれるプロコーチの指導のもと、ガッツリ上達したいのならば個人レッスンタイプの野球塾がオススメです。

目的によって選び方が変わってきますので、親御さんは、お子さんの現時点での野球に対する姿勢を踏まえながら野球塾、野球教室、野球アカデミーを選んであげるといいと思います。ぜひ、参考にされてみてください。

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム お金を払ってでも野球塾に通う必要性とは?
次のコラム スポーツ外科医も正しく理解していない肩肘を痛めない投げ方
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾