Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2016年12月27日

全世代に有効な投手練習法、投球後の3秒立ちで得られる利点


  • 全世代に有効な投手練習法、投げ終わったら片足で3秒立つ
  • 3秒立ちの練習をすることで得られるメリットはたくさん!
  • 3秒立ちすると全力投球ができなくなる、それって良いこと?!

ピッチャーの練習法は数え切れないほど存在しますが、その中でも当野球塾がオススメしたいのは投球後の3秒立ちです。やり方はとてもかんたんです。投げ終わったら非軸足だけで3秒間安定して立てるようにするだけです。なおその時のポーズは上半身は水平近くまで前傾させ、軸足はベルト以上の高さまで振り上げます。そして非軸脚も膝を曲げて低い重心を維持し続けます。


この練習法でどのようなことが身につくかというと、
  1. 体重移動を最後まで終わらせられる姿勢を作れる
  2. 重心を低い位置に持っていく癖をつけられる
  3. 踏ん張る力が強くなっていく
  4. 体幹のスタビリティ(安定感)が高まる
  5. 非軸脚の膝が割れないためボールがシュート回転しにくくなる
  6. 腕や脚を遠回りさせず、コンパクトに動かせるようになる
  7. インステップやクロスステップが直り、ストレートステップになりやすい
  8. リーディングアームを上手に使えるようになりやすい
  9. 全力投球ができなくなる
などの点が挙げられます。「全力投球ができなくなる」と聞いて「え?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、全力投球は基本的には厳禁です。全力投球を繰り返してしまうと、どんなに良いフォームで投げていたとしても必ず肩肘を壊すようになります。

当野球塾でも球速アップに関するコーチングを行なっていますが、これはあくまでも8割で投げた際の球速をアップさせるという作業です。言い換えれば、今は全力で投げなければ出せない球速を、8割の力でも出せるようにするという作業です。当野球塾では一貫して全力投球はすべきではないと選手に指導し続けています。

投げ終わった後に3秒間安定して立つ動作って、言うほどかんたんなことではないんです。やっていただければわかると思いますが、最初はけっこう難しいと思います。ポイントはキャッチャーミットを見続けるということと、非軸脚そのものではなく、非軸脚側の股関節で立つ意識を持つことです。そして重心は極力低い位置を維持しないと、重心が高くなればなるほど立っていられなくなります。

ちなみに傾きながらの3秒はダメですよ。3秒経ってから傾いてください。それどころか、5秒でも10秒でも立っていられるようになってください。この練習法は全世代に有効ですので、ぜひ今日からチャレンジしてみてください。

当野球塾コーチングコース一覧


Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:トレーニング
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 試合前の緊張感は悪いことではなく逆にパフォーマンスがアップ?!
次のコラム 投手が体重を増やそうと考えた時に必要な注意点の数々

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.