野球塾,野球教室について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 野球塾で受られる指導はチームでは決して受けられない!?

野球塾で受られる指導はチームでは決して受けられない!?


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾
アメリカには日本以上に野球塾(プライベートコーチング)がたくさんあります。それも日本のように多人数を同時に指導するグループレッスンではなく、ほとんどがマンツーマンによるプライベートコーチングです(1時間30〜100ドル程度)。まさに当野球塾Coach Kazのマンツーマン野球塾のようなスタイルですね。

そして野球塾以外に、アメリカの少年野球チームには連盟が雇っているプロコーチがいるチームが多いんです。もちろんすべてのチームにプロコーチがいるわけではないのですが、初心者チームを除外して見てみると、少なくとも2〜3チームに1チームはプロコーチがいるように見えます。

プロコーチは日本の少年野球のコーチのように、経験則だけで指導することはほとんどありません。経験を伝えることはもちろんあるわけですが、それはあくまでも経験談であり、指導ではありません。プロコーチは選手個々の能力、スタイルによって臨機応変に指導法を変えていきます。そのためにアメリカは個性豊かなメジャーリーガーが数多く誕生しているわけですね。

日本の少年野球の指導内容を当野球塾開校以来6〜7年リサーチし続けているのですが、人間の体の構造に合った投球動作の指導ができているチームは、100チームに1チーム未満です。わたしたちCoach Kazのマンツーマン野球塾が指導しているような、人間の体の構造に即した、怪我のリスクを軽減させパフォーマンスをアップさせられる動作指導を行っている少年野球チームと、わたしはまだ出会ったことがありません。

きっと日本のどこかには素晴らしい指導を行っているお父さんコーチもいらっしゃるのでしょうが、わたし自身はまだ出会えずにいます。それだけ高い指導力を持ったコーチが少ないからこそ、野球塾に通うことにより、自分自身で適切な動作を学ぶ必要があるのです。

例えばボールを投げるにしても打つにしても下半身が重要なわけですが、下半身がなぜ重要なのか、またどのような動作が適切な下半身の動作なのかを具体的に説明できるお父さんコーチはいらっしゃいますか?下半身を鍛えるだけでは適切な動作を取ることはできません。

日本のアマチュア野球はとにかくご飯をたくさん食べさせて体をムチムチに大きくすることばかりを推奨していますが、それによって下半身が使えるようにはなりません。体を大きくすることは二の次でいいんです。まずは適切な基礎動作を身につけ、もう少しレベルの高い動作を身につけるためにもう少し鍛え、さらにレベルの高い技術を身につけるためにあと少し鍛え。このように技術進歩に合わせながら体を大きくしていかなければ、最初に体を大きくしてしまってはその体を使いこなせない状態になってしまいます。

体が小さくても、体が細くても、力強いパフォーマンスを発揮することは十分に可能なのです。体の大きさに頼ったプレーをしていては、いつまで経ってもレベルの高い野球動作を身につけることはできません。よりレベルの高い野球動作を身につけられるように具体的でわかりやすい指導ができるのが、わたしたちのような野球塾のプロコーチなのです。

ぜひ一度野球塾Coach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングを受けてみてください。ショートタイムコーチング1時間でも構いません。コーチングを受けていただければ、野球塾同等の指導を野球チームでは決して受けられないことを理解していただけるはずです。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 試合で使える遠投力を養える効果的な練習法
次のコラム 腕を振るとは全力投球?No!全力投球=手投げです。
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾