サプリメント

トップページ > 投手育成コラム > 野球選手にサプリメントは本当に必要なのか?!

野球選手にサプリメントは本当に必要なのか?!

サプリメント大国といえばアメリカですが、そのアメリカにも負けないくらい、日本のサプリメント市場も活発な状況にあります。ビタミンCひとつ取っても、本当に数え切れないほどの会社が同種類のサプリメントを販売しています。ではサプリメントとは、本当に必要なものなのでしょうか?

わたし自身は、必要なものだと考えています。特にアスリートには必要です。アスリートの運動量は一般の方とは比べられないほど多いため、エネルギーや栄養素も一般の方以上に必要になってくるんです。ダルビッシュ有投手などは、サプリメントの効果を本当によく理解し、上手に使っているアスリートのひとりだと思います。

プロ野球選手の場合であれば高価なサプリメントを摂取したとしても、それは仕事に直結するものですので経費で落とせる場合がほとんどです。でもアマチュア選手の場合は、なかなかそうもいきませんよね。そのため経済的な理由でサプリメントの摂取を途中でやめてしまう方も多いようです。プロテインを含め、サプリメントはなかなか高いものですからね。

プロテインに関しては即効性があるのですが、一般的なサプリメントに関しては漢方薬同様、即効性はありません。サプリメントの効果を実感するためには、ターンオーバー1周分以上の期間で摂取し続ける必要があります。それよりも前に摂取をやめてしまったりすると、なかなか目に見えた実感は得られないと思います。

さらに言うと、骨を強くしたいからと言ってカルシウムばかりを摂っていても骨は強くはなりません。カルシウムは、ビタミンDとセットになることで、初めて骨に対しプラスに働いていきます。このようなコンビネーションも理解していかないと、本当の意味でサプリメントの効果を得ることはできないわけです。

そしてもちろん、普段の食生活が乱れていればいくらサプリメントを摂取しても意味はありません。サプリメントはあくまでも健康補助食品ですので、もともと栄養が足りていない状態でサプリメントを摂取しても、マイナスがちょっとプラスに近づくだけで、それによってプラスに転じることはありません。

ですのでサプリメントを摂取すると決めた場合は、まず普段の食生活を見直し、バランスを整えた上で摂取するようにしてください。そうやって3ヵ月以上しっかり摂取し続ければ、サプリメントの効果を実感できるようになると思います。
野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 意外と正しい握りができていない4シームストレート
次のコラム 誤解されやすいヒップファーストフォールの作り方
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾