Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2014年04月22日

「ステップを広くする=球威アップ」は半分だけ正解


投球技術をよく勉強されている方であれば、ストライド(ステップ幅)を広くすれば球威・球速がアップするという知識を持っている方も多いのではないでしょうか。ですがこれには落とし穴もあるのです。確かにこの知識は間違ってはいません。ストライドを広くすれば球威がアップする要素が生まれます。ですが「ストライドを広くする=球威アップ」という図式は成り立ちません。ではどうすればいいのでしょうか?

その鍵は骨盤にあります。皆さん並進運動という言葉は投手育成コラムで何度も目にされていると思います。並進運動とは体を横移動(地面に対しての平行移動)させてエネルギーを生み出す動作のことなのですが、この時もっとも動かしたい部位が他でもなく軸脚の骨盤なのです。上述したストライド幅の話を、もう一度骨盤というキーワードを含めて説明してみたいと思います。

球威・球速をアップさせるためにはストライドを広くして、軸脚骨盤の並進運動距離を広げてあげる。
ということになります。つまりいくらストライドを広げたところで、骨盤の並進運動距離が広くなっていなければ、それは球威アップには繋がらないということになるのです。ちなみに骨盤を適切に動作させるためには、ハムストリングスの柔軟性が不可欠です。ハムストリングスが硬い場合、癒着したハムストリングスが骨盤(股関節も含む)の動きを制限してしまうのです。

LittlerockheartではSLP理論というものを独自に提唱しているわけですが、これはストライド・ライン・ピッチングの略語となります。ストライドラインとはピッチャーズプレートに平行に置いた軸脚足部の中心点(土踏まず辺り)、着地したストライドフットの爪先、投球目標点の3点を結んだラインのことです。手に握ったボールと軸脚骨盤は極力このライン上で動かすことにより、ストレートの伸びと制球力向上を実現させることができるのです。

大切なので繰り返しますが、軸脚骨盤は極力ストライドライン上で並進移動させるようにしてください。そうしなければ握ったボールを運動軸(右投手なら右肩と左股関節を結んだライン)から遠いところでリリースしなければならなくなり、ボールの回転は乱れ、制球もしにくくなってしまいます。腕っぷしの強さを使って投げれば見た目の速度は上がるかもしれません。しかしそれは所詮初速のみであり、打者の手元まで来た時の終速は10km以上低下してしまうことにもなります。つまり、球速は出ていても伸びがないストレートということになってしまうのです。

球威・球速をアップさせ、さらにストレートに伸びを生み出すためにも、少しずつストライドを広げながら(または狭めながら)、骨盤を最大限並進移動させられるポイントを探ってみてください。でもこれは少し難易度が高い技術となりますので、もし難しいようでしたらぜひLittlerockheartのコーチングも合わせて受けてみてください。よろしくお願いします。

小学生〜大人まで個別指導可能のピッチングマスターコースは、全投手育成コラムを執筆しているチーフコーチが指導を担当いたします!



Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:球威・球速アップ
コラム著:Coach Kaz
前のコラム スリークォーターは球速がアップしやすいというのは本当か
次のコラム SLP理論を導入した際のメリット・デメリット

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.