プレート,蹴るについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

ピッチャーズプレートは蹴らない方が良い理由 Part II

ピッチングの指導を受ける際、ピッチャーズプレートを蹴るようにと教わることがあります。しかしCoach Kazのマンツーマン野球塾の場合はそのようなコーチングはせず、どちらかと言えばプレートは蹴らないようにとコーチングをしていきます。その理由の一つは以前の投手育成コラムでも一度書いたことではありますが、軸足でプレートを蹴ってしまうと上体がその勢いで突っ込みやすくなり、さらにはリリースポイントが不安定になってしまうからなのです。

ではプレートを蹴らないで投げるにはどうすればいいのか。それは可能な限り軸足をプレートに接着させておくということです。この時、セットやワインドアップからステップする側の足が地面を離れた瞬間から、軸足はエッジングの形(体重を足の親指側だけの乗せる形)を取っていきます。なぜならベタ足のままでは並進移動をスムーズに進めることができないためです。

Coach Kazのマンツーマン野球塾の場合、制球力と球威をアップさせる方法として、可能な限り軸足をプレートに接着させておくようにとコーチングをしているのですが、そうすることにより、体の前後のブレを最小限に抑えることができるのです。前へのブレはステップ脚の膝で防ぐことができ、後ろへのブレは軸足でプレートを二塁方向に(蹴るのではなく)押すイメージの動作で抑えることができるのです。ボールは人差し指、中指、親指の3本を使って握りますが、この時の軸足はボールを握る親指の役割を果たしているのです。

親指を使わなければボールを握ることは困難です。逆に親指を使い過ぎてしまうと今度はボールの回転に悪影響を与えてしまいます。プレートを強く蹴る投球動作とは、親指を強く使ってボールを握るようなものなのです。そして親指の本来の役割は反力を人差し指と中指に与えることです。そうすることによりグリッピング(握り)が安定し、人差し指と中指を強く使い、ボールに鋭いスピンをかけられるようになるのです。

ちょっと難しい内容になりますが、上記のような原理が働いているために、軸足はプレートを蹴るよりは、まるで根が生えたかのようにエッジングの形で極力長い時間プレートに接着させておいた方が、投げるボールに好影響を与えることができるのです。

なお軸足はこの後、エッジングからP革を経由して裏返っていくわけですが、この時踵が立たないように注意してください。踵が立ってしまうと重心がそれ以上下がらなくなり、低めに伸びのあるボールを投げることができなくなってしまいます。そうならないためにもエッジング以降はP革を経由し、靴ひもにべったりと土が付いてしまうほど低いところで足を裏返していくようにしましょう。裏返すとはつまり、スパイクの底が上を向き、靴ひもが地面を向いている形です。

プレートを蹴らずに、逆にプレートを支えとして上手く利用することができれば投球動作全体のブレが軽減され、制球力は飛躍的にアップしていきます。そしてさらにはボールのスピンも安定するようになり、球威や球速のアップにも繋がるわけなのです。プレートを蹴れば初速だけはアップさせることができます。そのため球威がアップしていると錯覚してしまいがちなのですが、実際にアップしているのは初速だけで、終速はほとんどアップしません。そのために伸びのないストレートになってしまいます。さらにはプレートを蹴ると上体にブレが生じてしまうため、制球力も低下してしまうのです。

質の良いボールを投げられるようになるためにもプレートは蹴るのではなく、反力を得るための支えとして上手く利用するようにしましょう。

ピッチャーズプレートは蹴らない方が良い理由 Part I
ピッチャーズプレートは蹴らない方が良い理由 Part III

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

Kazコーチのマンツーマン野球塾/今だけ半額! 詳しくは各ページをご参照ください。

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 肘を痛めず打者に見極められないシュートの投げ方
次のコラム 個性を活かし怪我を予防し技術を向上させるSLP理論

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾