プレート,蹴るについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > ピッチャーズプレートは蹴らない方が良い理由 Part II

ピッチャーズプレートは蹴らない方が良い理由 Part II


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→火の玉ストレート習得クリニック

ピッチングの指導を受ける際、ピッチャーズプレートを蹴るようにと教わることがあります。しかしCoach Kazのマンツーマン野球塾の場合はそのようなコーチングはせず、どちらかと言えばプレートは蹴らないようにとコーチングをしていきます。その理由の一つは以前の投手育成コラムでも一度書いたことではありますが、軸足でプレートを蹴ってしまうと上体がその勢いで突っ込みやすくなり、さらにはリリースポイントが不安定になってしまうからなのです。

ではプレートを蹴らないで投げるにはどうすればいいのか。それは可能な限り軸足をプレートに接着させておくということです。この時、セットやワインドアップからステップする側の足が地面を離れた瞬間から、軸足はエッジングの形(体重を足の親指側だけの乗せる形)を取っていきます。なぜならベタ足のままでは並進移動をスムーズに進めることができないためです。

Coach Kazのマンツーマン野球塾の場合、制球力と球威をアップさせる方法として、可能な限り軸足をプレートに接着させておくようにとコーチングをしているのですが、そうすることにより、体の前後のブレを最小限に抑えることができるのです。前へのブレはステップ脚の膝で防ぐことができ、後ろへのブレは軸足でプレートを二塁方向に(蹴るのではなく)押すイメージの動作で抑えることができるのです。ボールは人差し指、中指、親指の3本を使って握りますが、この時の軸足はボールを握る親指の役割を果たしているのです。

親指を使わなければボールを握ることは困難です。逆に親指を使い過ぎてしまうと今度はボールの回転に悪影響を与えてしまいます。プレートを強く蹴る投球動作とは、親指を強く使ってボールを握るようなものなのです。そして親指の本来の役割は反力を人差し指と中指に与えることです。そうすることによりグリッピング(握り)が安定し、人差し指と中指を強く使い、ボールに鋭いスピンをかけられるようになるのです。

ちょっと難しい内容になりますが、上記のような原理が働いているために、軸足はプレートを蹴るよりは、まるで根が生えたかのようにエッジングの形で極力長い時間プレートに接着させておいた方が、投げるボールに好影響を与えることができるのです。

なお軸足はこの後、エッジングからP革を経由して裏返っていくわけですが、この時踵が立たないように注意してください。踵が立ってしまうと重心がそれ以上下がらなくなり、低めに伸びのあるボールを投げることができなくなってしまいます。そうならないためにもエッジング以降はP革を経由し、靴ひもにべったりと土が付いてしまうほど低いところで足を裏返していくようにしましょう。裏返すとはつまり、スパイクの底が上を向き、靴ひもが地面を向いている形です。

プレートを蹴らずに、逆にプレートを支えとして上手く利用することができれば投球動作全体のブレが軽減され、制球力は飛躍的にアップしていきます。そしてさらにはボールのスピンも安定するようになり、球威や球速のアップにも繋がるわけなのです。プレートを蹴れば初速だけはアップさせることができます。そのため球威がアップしていると錯覚してしまいがちなのですが、実際にアップしているのは初速だけで、終速はほとんどアップしません。そのために伸びのないストレートになってしまいます。さらにはプレートを蹴ると上体にブレが生じてしまうため、制球力も低下してしまうのです。

質の良いボールを投げられるようになるためにもプレートは蹴るのではなく、反力を得るための支えとして上手く利用するようにしましょう。

ピッチャーズプレートは蹴らない方が良い理由 Part I
ピッチャーズプレートは蹴らない方が良い理由 Part III

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 肘を痛めず打者に見極められないシュートの投げ方
次のコラム 個性を活かし怪我を予防し技術を向上させるSLP理論
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾