投手,上半身,トレーニングについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2012年12月20日

投手は上半身をトレーニングすべきか否か

プロ野球選手養成コース
プロ野球選手養成コースが新登場しました!
今まで、Coach Kazのコーチングを受けたかったのに東京まで行くことができず断念されていた方、 プロ野球選手養成コースなら全国どこからでもCoach Kazのコーチングを受けられます!
プロ野球選手養成コースの詳細ページ

投手育成コラムではこれまで一貫して、上半身の力は抜き、下半身の力によってボールは投げるべきだと書き続けてきました。この考え方を追求していくと、ある一つの疑問に遭遇します。それは、下半身で投げるということは上半身は鍛えなくてもいいのか?というものです。結論から言えば、これに対する回答はもちろんノーです。上半身を脱力して下半身でボールを投げるとしても、上半身は鍛えなければなりません。

ですがこう考えてください。強いボールを投げるために上半身を鍛えるのではなく、強いボールを投げた時の衝撃に耐えられるように鍛える、と。ピッチャーは時速0kmのスピードのボールを、体一つで時速140kmまで加速させなければなりません。この時体に与えられる衝撃やストレスは決して小さくはないのです。運動能力は抜群で、簡単に強いボールを投げられる選手がいたとします。しかし強いボールを投げられたとしても、それに耐えるための上半身の強さがなければ、簡単に肩肘を痛めてしまうのです。

トレーニングをする際、大まかには上半身、下半身、体幹というように体を三分割することができます。そしてここで言う上半身とは手部、前腕、上腕、肩周辺、胸部、肩甲骨周辺ということになります。上半身で言えばこれだけの部位を万遍なくバランスよく鍛えていかなければ、強いボールを投げた時の衝撃に耐えることができなくなってしまいます。

下半身、体幹、上半身を使って生み出したエネルギーを、100%ボールに込めることはできません。そこで余ったエネルギーは体内に残ってしまうことになり、それを放出するのがフォロースルーというわけです。さらにフォロースルーだけでも余ったエネルギーをすべて解放することは難しく、どうしても体内にエネルギーは残ってしまうのです。するとそれは体に対するストレスとなり、疲労や筋肉の張り、炎症という形で表れてしまいます。

その余剰エネルギーのストレスに耐えられるように、上半身も鍛える必要があるのです。しかし鍛え過ぎは禁物です。まず大胸筋を発達させ過ぎてしまうと、腕を振る際の可動域が狭まってしまいます。さらに腕の筋肉を増やし過ぎると、腕の重さにより速いスウィングができなくなり、球速が伸びません。さらには上半身に頼った投げ方になりやすく、肩痛のリスクが高まってしまいます。ですので鍛えると言っても、バランスが非常に重要となるわけなのです。

筋肉量と球速というものは比例しません。筋骨隆々のホームランバッターが強肩かと言うと、必ずしもそうでないことからも良くわかります。強いボールを投げるために必要なのは筋肉量ではないのです。必要なのは強いボールを投げるためのメカニズムです。そしてそのメカニズムを体現するためにも必要なのが、耐性の高い強くバランスの良い上半身なのです。



このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム トップの形が良ければ前後の動作も自ずと良くなる
次のコラム 低めの伸びある直球は内転筋を鍛えて生み出そう

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾