トップ,内旋,外旋について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > トップの形が良ければ前後の動作も自ずと良くなる

トップの形が良ければ前後の動作も自ずと良くなる


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

投球動作に於いて、トップの形というのは非常に重要な意味を持ちます。トップ以前の動作は良いトップの形を作るための動作であり、トップ以降の動作はトップからどのようにボールを放っていくかという動作となります。このトップの形が良くなければパフォーマンスは低下し、さらには怪我のリスクを高めてしまうことになるのです。では良いトップの形とはどのような形なのでしょうか?

難しい言葉を使って説明をすると、トップの位置では腕が最大外旋状態にあることが望まれます。外旋とは「気を付け」の姿勢をした際、親指が前方を指すように肩関節を回旋させた状態です。逆に親指が後ろを指すように肩関節を回旋させることを内旋と言います。なぜトップでは最大外旋状態であることが望ましいのかと言うと、それはフォロースルーに関係してくるのです。

トップの位置で腕が外旋していれば、そこからはアクセラレーション(内旋)~リリース(正対)~フォロースルー(さらに内旋)という流れで動作が進んでいくわけですが、フォロースルーでもし腕が外旋してしまうと、肘がぶつかってしまうのです。フォロースルーしていく方向に対し、肘頭が先行してしまい、肘に大きなストレスが与えられてしまうのです。野球肩や野球肘を抱える選手の原因の1つがここにあります。

トップの位置で腕が外旋状態にあれば、上述したようにトップ以降の動作はすべて内旋しながら進んでいくことになります。するとフォロースルーでは肘の曲がる面が先行することにより、肘にストレスがかかることもなくなります。するとそのストレスに対し体が自然反応を起こす必要性もなくなり、腕を鋭く振ることができるようになるのです。

「腕をしならせろ」とはよく言われることですが、実際には腕はしなりません。ですがトップの位置で腕が最大外旋状態にあれば、その時点では肘頭が投球方向を向き、腕がしなっているように見えるわけです。逆にトップの位置で腕が内旋状態にあると、肘は二塁方向を向いてしまうため、腕がしなって見えることはありません。

たくさんの投手を漠然と見て行っても、腕がしなっているように見える投手の方が良いボールを投げますし、数字の上でも活躍している選手が多いですよね。例えばメジャーリーグで活躍した野茂英雄投手であったり、ライオンズで活躍する岸孝之投手であったり。腕の内旋・外旋を学ぶには、彼らは素晴らしいお手本となってくれます。そしてこの腕の使い方ができている投手は、プロ野球でも肩肘を痛める可能性が低く、何年も活躍し続けることができます。

一方プロ野球選手でもホークスの帆足和幸投手のように、トップの位置で腕が内旋状態にある投手は、肩を痛めて活躍し続けることができません。そしてボールがスライダー回転してしまうという理由から、伸びのあるストレートを投げることも難しくなります。もう一度難しい言葉を使わせてもらうならばトップの位置で腕が内旋状態にあると、アクセラレーションの距離(リリースまでにボールを加速させる距離)が縮んでしまうのです。そのため強いボールを投げるためには、肩から腕にかけた筋力に頼らなければならず、筋力に頼った投げ方をしてしまうことにより肩肘を痛めてしまうことにも繋がるのです。

元一流メジャーリーガーのコーチング映像や、日本の元プロ野球選手の一部のコーチング映像を見ても、トップでは腕を内旋させてボールを握った手のひらを外側に向けるように指導されていることがあります。しかしこれは非常に危険なコーチングです。もし自分のお子さんのコーチングを行う際には、正しいトップの形を教えてあげてください。正しいトップの形さえ作ることができれば、その前後の動作も自然と良い形になっていくはずです。

パフォーマンスを向上させるためにも、野球肩・野球肘になるリスクを軽減させるためにも、トップの形を基準とした腕の内旋・外旋は正しく身につけるようにしましょう。

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム ターザンロープを使えば理想の投球動作を体得できる
次のコラム 投手は上半身をトレーニングすべきか否か
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾