RSS  野球塾Littlerockheartは野球選手の悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2012年09月12日

投手が走りこむ際に注意すべき2つのポイント


試合で活躍できる選手を育成する完全個別指導の野球塾
littlerockheart.com
アスリートコースはただ野球上達のサポートをするだけではなく、 自分で考えて練習し、自分で考えてプレーをすることのできる選手を育成します。 技術だけではなく、メンタルまで鍛えられる野球中はここだけ!!

投手にとってロードワーク(走り込み)というのは非常に重要なトレーニングとなります。特に長いイニングを投げることになる先発投手は、他の投手よりも多くの距離を走る必要があります。ですがここで間違ってはいけないのは、ただ長い距離を走ればいいということではない、ということです。つまり、毎日10kmずつ走っていたとしても、走り方を間違ってしまっては最良のトレーニング効果は得られないということです。では投手にとってロードワークの意味とは何だと思いますか?

まず第一に挙げられるのはスタミナです。しかしこれは以前の投手育成コラムでも書いた通り、ボールを投げるためのスタミナ強化ではありません。いくら走り込みをしたところで、投球スタミナをアップさせることはできないのです。では何のためのスタミナかと言うと、それはより多くの練習をするためのスタミナとなります。ロードワークで得られるのは基礎体力です。これは練習をこなすために必要なスタミナであり、投球スタミナとは別のものとなります。

そしてこのスタミナですが、週に1~2回走る程度では高い効果は得られません。スタミナというものを非常に簡潔に解説をすると、これは体内の毛細血管を増やすということになります。長距離を走ればたくさんの毛細血管が切れてしまいます。一度切れた毛細血管が再び繋がることはありませんが、ロードワークを毎日継続することで、毛細血管はどんどん新しく増えていきます。毛細血管は増えれば増えるだけ、基礎体力をアップさせてくれるのです。

基礎体力がアップすると、投球練習やバッティングピッチャーをしていても、そう簡単にばてなくなります。野球を上手くなるためには、反復練習が非常に大切です。その反復練習を数多くこなすために必要なのが、ロードワークによって得られる基礎体力というわけなのです。そういう意味で、投手にとってロードワークは欠かすことのできないトレーニングと言えるわけなのです。

さらにもう1点、ロードワークには大きな意味があります。投手はマラソン選手ではありません。ですのでタイムは計測する程度で、タイム自体を気にする必要はありません。気にするべくは、走っている時のフォームです。腕の振りと脚の動きがしっかり連動しているかどうか、これが非常に重要なのです。上半身と下半身の連動は、ピッチングモーションに於いては非常に重要な要素です。上半身と下半身が上手く連動していないモーションでは、伸びのある良いストレートを投げることはできないからです。

そこで意識して欲しいのが、走っている最中の肩甲骨と股関節(骨盤)の動きです。この2ヵ所を柔軟かつスムーズに動かし、動作が連動するように意識して走るようにしてください。走るという運動は、どのようなスポーツにとっても基礎の基礎となるものです。その基礎を大切にすることこそが、上達への第一歩となります。

言い方を変えると、走るというシンプルな動作で上半身と下半身を連動させることができなければ、ピッチングモーションという複雑な動作で上半身と下半身を連動させることはできないのです。

最後にまとめておきましょう。投手にとってロードワークをする際気を付けるべく点は、ほとんど毎日継続的に走ることと、上半身と下半身を連動させて走るということです。このポイントをクリアしてこそ、ロードワークで高い効果を得られるようになるのです。



Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


野球塾Littlerockheartコーチングメニュー


コラムカテゴリー:トレーニング
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 野球肩になる投げ方、ならない投げ方
次のコラム 制球力をアップさせるためには足の裏で走る

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.