投手,握力について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

投手の握力はどのように鍛えるのがベストなのか

投手にとって握力とは、どれくらいピッチングに影響すると思いますか?基本的に握力という要素は、投手ならば鍛えておくべきです。しかし、ただ闇雲に鍛えたとしても、最大限の効果を得ることは出来ません。握力を鍛えるにも、なぜ鍛える必要があるのかということをしっかり理解した上でなければ、ベストパフォーマンスを得ることは出来ないのです。

投手にとっての握力は、力士のようなリンゴを握り潰せるようなものである必要はありません。投手の場合、スタミナ強化という意味合いで握力を鍛えるべきだと僕は考えています。つまり瞬間的に爆発的な力を発揮するためではなく、ある程度の力を継続的に出し続けるための握力です。

打者の場合は、投手が投げてくる力強い直球にバットが押し負けないように、瞬発力のある握力が必要です。握力が弱い打者の場合、ジャストミートしたとしてもバットが投球の球威に負け、長打になるはずだった打球がポップフライで終わってしまうようになります。

投手の場合、スタミナという面で握力がなくなってくると、ボールの縫い目が指先に引っかからなくなり、ボールがすっぽ抜けるようになります。こうなってしまうと直球は棒球になってしまうし、変化球も鋭さを失ってしまいます。そして当然ながら制球力も低下してしまいます。投手の場合これを防ぐという目的のために、握力を鍛えるようにしましょう。

さて、投手には瞬間的に爆発力のある握力は必要ないと先述しました。その理由は、投手はボールを力強く握ってはならないためです。投げるために握ったボールを、セットの段階からギュッと握ってしまうと、投球したボールにかけられるスピンの回転数が減ってしまいます。つまり初速よりも、終速が大幅に遅くなってしまう"打ち頃"のボールとなってしまいます。

投球する際は、リリースするその瞬間だけ、ボールを押し出して発射するようなイメージで指先に力を込めます。あくまでもボールが指先から放たれるその一瞬のみです。そしてこのリリース時は、手首を使ってはいけません。スナップスローは内野手の投げ方であり、投手が手首のスナップを使って投球をしてしまうと、やはりボールにかけられるスピンの回転数が減ってしまうのです。

このようなことから、投手にはリンゴを握り潰すようなタイプの握力は必要ないと言うことができます。ですので握力を鍛える際も、ラントレーニングで言うスプリントではなく、じっくりと長距離を走りこむロードワークのように鍛えるようにしましょう。

Ⅴの字をした握力を鍛える器具は皆さんお持ちだと思いますが、これを10回20回を一気にやってしまうのではなく、50回60回という回数を、左右の手を換えながらゆっくりと、安定したフォームでこなしていきましょう。そして握り方にもバリエーションを付けて、すべての指で握ったり、親指・人差し指・中指の3本で握ったりしましょう。

もっとピンポイントな言葉で説明をするとすれば、投手にとっての握力は速筋力ではなく、遅筋力を鍛えるイメージでトレーニングをしていってください。


前のコラム 球威をアップさせるためには位置エネルギーを上手く使おう
次のコラム 強い直球を投げるためには、強いステップ脚が必要
このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / ブログ
2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座
投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾