投手,大胸筋,ピッチャー,腕立て伏せについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 投手にとって大胸筋は、本当に必要ない筋肉なのか?

投手にとって大胸筋は、本当に必要ない筋肉なのか?


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

「大胸筋は投手にとっては邪魔になるだけ」と書かれた文献は、意外と少なくありません。確かにこれは誤りではありません。でも僕は、これがすべてではないと考えています。例えば大げさな話、大胸筋がまったくなかったらどうでしょうか?当然体はバランスを失ってしまい、強いボールを投げることはできなくなってしまいます。つまり大胸筋は、まったく必要ないのではなく、必要以上の量は必要ないというのが、正確な表現ではないでしょうか。

ではなぜ、大胸筋は投手には必要ないと言われているのでしょうか。その理由は非常にシンプルです。ボールを握った腕を強く振る際、大胸筋が発達し過ぎていると、腕の動きの邪魔になってしまうのです。つまり振ろうとする腕が大胸筋とぶつかってしまうことで、肩関節を支える筋肉が、余分に引っ張られるなどの現象が起こり、肩に炎症を起こしてしまう可能性が出てきます。さらには強過ぎる大胸筋により、テイクバックの可動域が制限される、ということも考えられます。以上のような点から、投手には必要以上の大胸筋は必要ないということが言えるわけなのです。

でもだからと言って、大胸筋をまったく鍛えないという考え方は極端過ぎます。なぜなら、胸郭の動きは投球動作において非常に重要であるからです。右投手の場合、テイクバックでは右胸郭を開き、左胸郭を閉じます。そこからリリースに向かうにつれ、左胸郭を開き、右胸郭を閉じていきます。これが投球動作における、理想的な胸郭の動きとなります。この時胸郭の骨格を支える大胸筋などの胸部の筋肉が弱過ぎると、この胸郭の動きに体が耐えられなくなり、最悪の場合は胸部の骨にヒビが入ってしまったりします。

一般的な動作で大胸筋が使われる場面は、胸の前で重い荷物を持つ時などです。この動作をする際、最も大胸筋が活躍します。これを打者に言い換えると、胸の前で握ったバットで力強くボールを打つという動作に当てはまります。ですが投手の場合は、大胸筋を最大限に活かすための動きは投球動作内にはほとんど見られません。

ですが、肩甲骨を背骨にしっかりと引き寄せるようにして、テイクバック動作を取ってみてください。そして反対の手で、胸を触ってみてください。胸部の筋肉がテイクバック方向に引っ張られているのが分かると思います。つまり投球動作において、胸部の筋肉群がまったく使われていないというわけではないのです。

投手というポジションであれば、外国人スラッガーのような分厚い胸板は必要ありません。しかし力強い投球フォームを実現するためには、ある程度の強さを持つ大胸筋は必要です。目安としては、最低でも腕立て伏せを12回3セット以上できるレベルは必要ではないでしょうか。

その腕立て伏せも、床に手をついて行なう普通の腕立て伏せはお勧めしません。スポーツ用品店に行くと、腕立て伏せ用のバーが1000~2000円で売られています。できる限りこのバーを使って腕立て伏せを行なうようにしましょう。その理由は、バーを使わない腕立て伏せだと運動幅が狭い分、可動域の小さい筋肉になってしまうためです。しかしバーを使い、肩甲骨の筋肉までしっかりと使い、深い運動幅で行なうことで可動域の大きな柔軟性のある筋肉を作ることができます。

そして腕立て伏せを行なった後も、必ずストレッチを行なってください。胸、上腕二頭筋、三頭筋、前腕、手首、指をしっかりとほぐしてください。そうしなければ、いくらバーを使った腕立て伏せをしても、硬い筋肉になってしまうことになります。

筋力トレーニングで大事なことは、局部的に鍛えないということです。腕立て伏せ1つ取っても、腕の幅を変えるだけで色々な箇所を鍛えることができます。胸部にもいくつかの種類の筋肉がありますので、その胸周りの筋肉を、満遍なく刺激し鍛えるようにしてみてください。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 投球動作と母指球とエッジングの関係
次のコラム 投手はなぜ誰よりも走らなければならないのか
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾