先発,リリーフ,トレーニング,乳酸について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 先発タイプはロングラン、リリーフタイプはスプリントを多めに

先発タイプはロングラン、リリーフタイプはスプリントを多めに


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

先発タイプの投手とリリーフタイプの投手は、トレーニング方法やコンディショニング方法を適切に区別させていくべきだと僕は考えています。その根拠のひとつを、この記事でかんたんに解説してみたいと思います。

ランメニュー1つとっても、やはり先発とリリーフとではメニュー内容を分けて考えていく必要があります。結論から言えば、先発タイプはロングラン中心のメニューにし、リリーフタイプはスプリント中心のメニューにすべきでしょう。その理由は、ランメニューをこなすことによって体内に生成される、あるタンパク質がロングランとスプリントでは変わってくるためです。

そのタンパク質の名前はMTC(Monocarboxylate Transporter : 乳酸輸送担体)と言います。このMTCには、MTC1からMTC14まで14種類存在しています。そしてこの中で今回取り上げるのは、MTC1とMTC4の2つ。さて、その解説に入る前に、MTCのかんたんな説明をしておきましょう。MTCとは、乳酸を体内に移送する役割を担っています。つまり乳酸を運動エネルギーとして使うためには、このMTCが必要ということになります。ちなみに乳酸=疲労という認識を持っている方は、その考え方はもう忘れてしまってください。乳酸=疲労でもなければ、乳酸=老廃物でもありません。乳酸は疲労時、休養時問わず、常時体内に存在するものであり、運動をするためには非常に重要なものなのです。

ここでMTCに話を戻しましょう。まずMTC1ですが、これは中長距離のロングランメニューを行なうと体内で増加されます。そしてMTC4は逆に、スプリントメニューを行なうと増加されます。なおメニューは、単発的なものではMTCを増加させることはできません。最低でも3~6週間以上の継続的トレーニングを行なわなければ、MTCは増えては行きません。さらには常に同レベルのトレーニングだけでも増加は見られず、特にMTC4を増加させるためにはトレーニング強度も徐々に上げていく必要があります。

トレーニングメニューによって増加するMTCの種類が違うということを考えると、先発・リリーフそれぞれでトレーニングメニューを変える必要がある、と言うと少し分かりやすくなるかもしれません。先発投手のように、長いイニング・多い球数において安定したパフォーマンスを発揮するためには、MTC1がより必要となります。そしてMTC1を体内に増加させるためには、ロングランメニューが必要になってきます。一方リリーフ投手のように短いイニング・少ない球数において爆発的なパフォーマンスを発揮するためには、MTC4が必要となり、それはスプリントメニューで体内に増加させることができるわけです。

MTC1は主に遅筋線維に取り組まれるため、先発投手のような持久的パフォーマンスを要される場合に役立ちます。一方のMTC4は速筋線維に含まれ、瞬発的パフォーマンスを要される場合に役立ちます。先発投手に必要なのは長いイニングを投げるための持久的運動エネルギーであり、短いイニングを全力を抑えに行かなければならないリリーフ投手には、瞬発的運動エネルギーが必要となるわけです。そしてそれぞれに必要なタイプのエネルギーを得るためにも、やはり先発とリリーフとではトレーニングメニューには変化が必要というわけです。

とは言っても、先発投手はロングランだけ、リリーフ投手はスプリントだけやっていればいいというわけではありません。あくまでもロングラン中心、スプリント中心というメニューを組むべきであり、偏ったトレーニング方法は決して良いとは言えません。例えばプロ野球の先発投手でも、先発する前日にはスプリントメニューを増やし、体に切れを出すなどの調整を行なっています。そしてリリーフ投手に関しても、2~3km走っただけですぐに息がぜえぜえと上がってしまうような状態では高いパフォーマンスを発揮することはできません。あくまでもバランスを保った上で、自らのタイプに、より必要なメニューを多めに取り組むように工夫してみてください。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 走るだけでは投手のスタミナは向上しない
次のコラム 腕の力を抜けば抜くほどボールには切れが出る
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾