Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2011年07月12日

前脚の膝を柔らかく使えれば制球力はアップする


ピッチャーのコントロールを良くするためには、膝を柔らかく使うということが重要になります。膝を柔らかく使えればコントロールは向上するし、逆に膝の使い方が硬いとコントロールは定まりません。今回のコラムでは、膝を柔らかく使うためのトレーニング方法をご紹介したいと思います。

まず膝が柔らかいとはどういう意味なのか。右ピッチャーならば左脚を振り上げて、その脚を捕手方向にステップして投げます。ステップした着地時、膝が柔らかいと膝の動きにゆとりが生まれます。つまり膝関節がロックされないということですね。膝を柔らかく使えると、同時に股関節も柔らかく使えるようになります。膝と股関節の両方を柔らかく使えると、低い体勢から股関節を前方に深く折り曲げて投げることが可能になります。これができるとどうなるかと言うと、低めにも伸びのあるストレートが投げられるようになるわけです。

逆にステップした膝が硬いと、ステップした着地時に膝を中心にして前脚が突っ張ってしまいます。膝が伸びて前脚が突っ張った状態では、低い姿勢のまま投げることはできず、低めに伸びのあるストレートを投げることもできなくなります。そして突っ張った前脚は、棒高跳びの棒と同じ役目を果たしてしまい、左右のコントロールが付きにくくなります。傾斜のきついマウンドであれば前脚を突っ張ることにより、角度のある力強いボールを投げることも可能です。しかしアマチュア野球で使われる球場のマウンドは、そのほとんどがなだらかなマウンド。このような観点からも、膝の使い方が硬く、脚を突っ張った状態ではメリットよりも、デメリットの方が大きくなると断言できます。

もう少し補足をすると、前脚の膝の使い方が硬く、突っ張ってしまうと、ステップしても前脚の膝(右投手なら左膝)に体重が上手く乗りません。するとリリースポイントにバラつきが出るようになり、これもコントロールを乱す大きな要因となります。「膝を柔らかく使う」とは、前脚の膝を経由して体重移動をするということになります。

さて、それではそろそろ膝を柔らかく使うためのトレーニング方法を書いて行きたいと思います。と言ってもやり方はいたってかんたん。まず両足を大きく開いてください。6~7足分の幅がいいと思います。その姿勢のまま軸脚に体重を乗せ、その体重を今度は前脚に移動させてキャッチボールをしてください。足は地面に付けた状態のままで、膝の内側に力を入れて投げてみましょう。

この投げ方をすると、膝の使い方が硬いと体重移動が上手くできません。上手くできない選手は両足を広げて、投げる前にセットポジションのようにボールを構え、投球方向に対し前後にゆらゆらとリズム良く体を動かして(体重を左右の脚に交互に乗せる)、そのリズムの中でボールを投げる練習をしてください。そしてテイクバックも、投球軌道の延長線上に入れるように心がけましょう。この投げ方で上手く投げられるようになれば、膝を柔らかく使えている1つの目安となります。逆にこの投げ方ですぐに疲れてしまう選手は、内転筋が弱いはずですので、オープンスクワットなどでしっかりと鍛え直してくださいね。


当野球塾コーチングコース一覧


Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:トレーニング
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 野球への動機付け~社会的外発的動機
次のコラム 先発タイプの常時セットポジションは、肩・肘を痛める

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.