女子野球,捻挫,Qアングル

トップページ > 投手育成コラム > 女子選手は、男子よりも捻挫・靭帯損傷を起こしやすい

女子選手は、男子よりも捻挫・靭帯損傷を起こしやすい

野球チームで女子選手を指導する際に気をつけてなくてはならないことは、メンタルだけではなくフィジカルも同様です。男子選手と女子選手とでは体形・体格がまったく異なります。例えば最も注意しなければならないのは、骨格と体脂肪率です。今回のコラムでは骨格について少し書き進めてみようと思っています。

骨格で最も気をつけなくてはならないのは、女子選手特有のQアングルです。Qアングルとは、簡単に説明をすると大腿骨の傾き加減のことです。女子は、男子よりも骨盤が広くなっています。そのため、大腿骨が外側から内側に入りながら脛骨と繋がります。X脚を想像していただければ分かりやすいかと思いますが、女子選手は生まれながらにQアングルが深いため、X脚になりやすい傾向があります。Qアングルはもちろん男子選手にも存在しますが、骨盤がそれほど広くないため女子選手ほどの角度はありません。

Qアングルが深いということは、その分横からの衝撃に対して脆さを持ちます。例えば左右に激しい動きをするバスケットボールやテニスなどで、女子選手の靭帯断裂(主に膝前十字靭帯断裂)が多いのはこれが理由です。そしてQアングルの深さに加え、女子選手の場合ホルモンの影響により、靭帯弛緩性や関節弛緩性が男子選手より高くなります。男子よりも女子の方が身体が柔らかい傾向にあるのはこのためです。

Qアングルの深さに加え、靭帯の弛緩性が高い女子選手は、その弛緩性ゆえに回内捻挫も男子選手よりも引き起こしやすくなります。指導者の立場からすれば、女子選手の捻挫や靭帯断裂のリスクは、男子選手以上に常にケアしていく必要があるというわけです。

そして女子選手の場合、捻挫をしていなくても足首に痛みを感じることがあります。これは関節の弛緩性が高いため、運動中において足首が前後に揺れてしまうことが原因です。足首が前後に揺れてしまうことで関節が擦られ、痛みを感じるというわけです。このような傾向が見られる女子選手に対しては、平時からテーピングをさせるなどの指導が必要になってきます。

野球の場合、キャッチャーはもちろんのこと、内野手や外野手であっても他選手と衝突する可能性があります。この衝突が横同士であった場合、ぶつかった両選手が共に大怪我してしまう可能性が、女子選手は男子選手よりも高いのです。ですので女子選手のパフォーマンスを最大限に伸ばしてあげるためにも、指導者はこのような点にも注意して女子選手をコーチングしていく必要があります。

野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 女子選手は、コーチの目を男子以上に気にする
次のコラム 女子選手のウェイトコントロールには注意が必要
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾