女子野球,心理的競技能力診断検査について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

女子選手は、コーチの目を男子以上に気にする

心理的競技能力診断検査(DIPCA.3)というテストがあるのですが、2000人近い日本人アスリートに対して行われたこの診断によると、女子アスリートは男子に比べると自信、精神的安定、集中力が少ないという結果が出たそうです。逆に協調性や受容性は男子よりも高いという結果になっています。

そして女子選手は、コーチやチームメイトから自分がどう思われているのかを強く意識する傾向にあります。これが何を意味しているのかと言うと、女子選手の場合、コーチのちょっとした言葉によって選手生命が左右しかねないということです。コーチもやはり人間です。時には感情に任せて物を言ってしまうこともあります。しかしそれが選手にとっての命取りになってしまうこともあるのです。

特に野球というスポーツは男性社会です。男子選手によって日本の野球界は発展してきました。それも大きく影響するのでしょうか、高校球児なら誰もが目指す甲子園大会に、女子選手は出場することはできません。

男性コーチが女子選手を指導する際、まず重要なのがスタンスを明確にすることと、公平性を決して失わないということです。

スタンスを明確にするとは、例えばコーチと選手は競技以外での関係は一切断つことなどが考えられます。その他ではチャンスは必ず平等に与えることや、名前は全員苗字、もしくは名前で呼び捨てる、などがあります。例えばほとんどの選手を苗字で呼び捨てているのに、ある1人だけを名前で呼べばそれは公平性を失うばかりではなく、スタンスにもブレが生じてしまいます。

女子選手の立場からすると、自分だけ名前で呼ばれている状況は贔屓をされているような印象を受けるため、好ましいとは言えません。また、その他の選手に対して嫉妬心を与えてしまい、結果その選手1人をチーム内で孤立させてしまうことにも繋がりかねません。もしその選手がチームの主力選手であった場合、主力選手が孤立してしまうチームは強くなることはできなくなります。

このような不協和音を生じさせないためにも、コーチは選手に対し、明確なスタンスを日々伝える必要があります。1回だけ言ってもそれは伝えた内には入りません。コーチの言葉は、選手がしっかりと理解してこそ初めて伝えたことになるのです。繰り返し自らのスタンスを選手に言葉で伝え、そして実際の行動で伝える。これが重要です。コーチは、常に自分の存在が女子選手たちから強く意識されていることを、強く強く意識しなくてはなりません。

上述したようなことは、もちろん男子チームにも起こり得る可能性はあります。しかし女子選手が相手の場合、特に注意が必要となります。コーチも女性ならばその辺りをしっかり把握されてるケースもありますが、男性コーチが女子選手を指導する際は、コーチは十分過ぎる注意が必要だということを、覚えておいてください。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
野球肩野球肘撲滅クリニック

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム コーチは、選手から依存されてはならない
次のコラム 女子選手は、男子よりも捻挫・靭帯損傷を起こしやすい

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾