野球肘,肘痛,ピッチャー

トップページ > 投手育成コラム > 投手は、肘を上げることで肘を上げてはいけない

投手は、肘を上げることで肘を上げてはいけない

投げる時に肘が下がってしまうと、ピッチャーにとってそれは大きなダメージとなってしまいます。まず肘が下がれば球威が落ち、ボールには切れがなくなり、変化球の曲がりも早くなり打者に見極められやすくなってしまいます。さらには肘が下がった状態で投げ続けてしまうと肩・肘に大きな負担を強いることになり、肩痛や肘痛を引き起こしてしまいます。

肘が下がっている主だった原因として考えられるのは、①投げる時の上体の高さ ②オーバースローなのに体幹がグラブ手側に傾かない ③トップが定まっていない ④テイクバック時に肘が背中側に深く入り過ぎている などが考えられます。

まず①の投げる時の上体の高さですが、これは内転筋が弱いことでステップ幅を広げられないのが主な原因です。良いピッチャーほど内転筋を痛めやすいというのは、良いピッチャーほど広いステップ幅を使って上体を上手く沈められているということを表しています。また、上体を上手く沈ませることにより、相対的に肘の位置を上げることができるわけです。肘の高さは腕そのもので調整するのではなく、上体を沈めることによって調整するものなのです。

②のオーバースローなのに体幹がグラブ手側に傾かないというのは、腕や肘だけを上に上げようとして投げているということです。この場合、肘や腕を上げることに意識が働いてしまうと、肘が高くなり過ぎます。逆に何も気にせず投げると、サイドスローのようなオーバースローになります。このどちらの場合においても肩・肘には大きな負担がかかります。

③のトップの位置が定まらないというのは、肘の高さはすべてトップで決まるということです。ピッチングのある意味スタートラインであるトップがしっかり定まれば、肘は自然と良好な高さをキープしてピッチング動作を進めていくことができます。

④のテクバック時に肘が背中側に深く入り過ぎているというのは、テイクバックを必要以上に深く背中側に入れてしまうと、肩の可動域が狭まり、肘が良好な高さになる前(トップがしっかりと定まる前)にピッチング動作に入ってしまいます。

これらが、ピッチングで肘が下がってしまう原因の主だったものです。選手によってはもっと別の原因であったり、さらに細かな原因があったりします。ですがこの4つを改善させることができれば、肘が下がることを防ぐことは十分に可能となります。

野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム タバコを吸わなくても身体に悪い副流煙
次のコラム 投球時の肘の高さをチェックする簡単な方法
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾