LittleRockHeartをフォローしましょう Twitter   facebook   RSS  Littlerockheartはピッチャーの悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

花粉症の野球選手には特にオススメしたい鼻マスク


nosemask1.jpg花粉症対策第2弾は、鼻マスクのノーズマスクピットR です。写真のこの商品を、まさに鼻の穴に入れて花粉をブロックするアイテムです。鼻から花粉が入ることがまったくなくなりますので、鼻がムズムズしたりクシャミが止まらなくなることもありません。

わたしがこのアイテムを見つけたのは3年ほど前なのですが、使ってみると確かに快適です。一度着けて慣れてしまえば、着けている感覚はまったくなくなります。また、外目からはこんなものが鼻に入っていることなどほとんど気づかれないほど目立ちません。そしてもちろんですが、鼻呼吸が苦しくなることも一切なく、ジョギングをしてもペースが落ちることはありませんでした。

(財)日本紡績検査協会生活用品試験センターの実験では、着用時の花粉通過率が0%であることが証明されたそうです。つまりこのノーズマスクを着用していれば、絶対に鼻から花粉が入ることはないということです。

nosemask2.jpg
ちなみに使い方のコツですが、朝起きてまだ一度も花粉に触れていない状態の時に着けてください。少しでも鼻水が出てから着用をすると、着用したまま鼻をかむことができないため大変です(苦笑)

それと、商品説明では日をまたいだ再利用はしてはいけないとされていますが、わたしの場合は軽く水洗いして数回使っても、効果の低下や違和感を感じることはありませんでした。でももし洗って再利用する場合は、商品説明ではしてはいけないと書かれていることを理解した上で再利用してくださいね。ちなみに写真のものはもちろん使用前のものです(笑)

そういえば、野球選手にも花粉症の方が多いですよね。ホークスで監督をされていた秋山幸二さんも現役時代は花粉症に悩まされ、毎年花粉シーズンが終わった5月からホームランを量産し始めるため「ミスターメイ」と呼ばれていました。

同じくホークスに移籍した松坂大輔投手もライオンズ時代はひどい花粉症で、西武球団は松坂投手のために西武ドーム近辺の杉の木を移植するなどの対策を講じたほどです。他にも花粉症の野球選手はけっこう多いので、もしかしたらノーズマスクピットR を愛用している選手もいるかもしれませんね。


nosemask3.jpg


前の記事 花粉症対策メガネは98.7%の花粉をカット
次の記事 肩甲骨の可動性を高めるLa VIEのストレッチアイテム

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.