ハンドグリップ,握力,肘痛予防,野球肘予防関連のオススメ野球用品

トップページ > オススメ野球用品 > 野球肘の予防にもなるハンドグリップの使い方

野球肘の予防にもなるハンドグリップの使い方

今回はハンドグリップの紹介をしてみたいと思います。このアイテムをご存じないという方はほとんどいらっしゃらないと思います。ほとんどの方が使ったこと、もしくは見たことがあると思います。ですので商品そのものの紹介はする必要はないと思いますので、今回は使い方に関して少しお話ししてみたいと思います。

handgripA.JPG
僕もハンドグリップを日常的に愛用しています。写真のものが何KGのハンドグリップだったかは忘れてしまいましたが、結構強めだと思います。ハンドグリップでトレーニングをすると握力そのものと、前腕を鍛えることができるわけですが、実はもうひとつ、野球肘の予防にも活用することができるんです!

下の写真のようにハンドグリップを逆さまに持ってください。

handgripB.JPG
このように持って、小指と薬指だけで握ってください。ただ、これをやる時はたくさんはやり過ぎず、できれば弱めのハンドグリップでおこなってください。小指と薬指しか使いませんので、やりすぎるとあまり良くありません。

小指と薬指の筋というのは、実は肘に繋がっているんです。例えばボールを投げる際、小指と薬指に力が入っていると肘がロックされて、野球肘になりやすくなります。ですのでボールの握り方にも注意が必要です。

ですが良い握り方でボールを投げていたとしても、体のコンディショニングが上手くいっていなければ、肘がボールを投げた際の負荷に耐えられなくなってしまいます。そうならないように、小指から肘に繋がっている筋をあらかじめ強化しておく必要があるというわけですね。

ブランドにこだわらなければ、下手したら100円ショップでも買える価格だと思いますので、指全部用と、小指・薬指用の2種類の強度のハンドグリップを持っておくのも良いと思います。そして1000円前後出すと、強度を調整できるハンドグリップもありますので、そのタイプが1つあるととても便利だと思います。

使い方としてはカシャカシャ連続で何度も握ったり、数秒間グーっと握り続けたり、使う指を変えたり、いくつかのやり方がありますので、1つの握り方だけではなく、いくつかの握り方でトレーニングをしてみてください。

Kazコーチのマンツーマン野球塾/野球塾開講10周年割引セール実施中!
littlerockheart.com
小学生~大人まで、初心者から上級者まで毎日21時までレッスン中! 1回受講するだけでも効果を実感できる即効性がKazコーチの野球塾の特徴です。 キャンペーンを利用して、お得にコーチングを受けてみよう!


前の商品 球威がアップするフォームを身に付けられるトレーニングボール
次の商品 鼻炎、花粉症、蓄膿症の方にオススメしたい馬油+アロマオイル
オススメ野球用品カテゴリー
アライメント改善コンディショニングコンディショニングコンプレッションウェアコーチングストレッチングデジタル機器トレーニング器具バッティングパフォーマンスアッププロテイン便利グッズ寝具書籍疲労回復監督・選手花粉症対策野球雑誌

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾