アーリーワークについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > アーリーワークが本来持っている言葉の意味

アーリーワークが本来持っている言葉の意味


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

ここ数年、日本の野球界でもアーリーワークという言葉が定着してきました。しかしこのアーリーワークというものを、正確に理解して取り組んでいる選手、チームは少ないようです。先日僕は、元埼玉西武ライオンズ打撃担当であった熊澤とおるコーチにお話を伺ってきたのですが、アーリーワークと早出練習というものは似て非なるものなのです。現状では多くのチームで早出練習のことをアーリーワークと呼んでいます。本練習よりも数時間早くグラウンドに入り、ティーバッティングや特守で汗を流す、それをアーリーワークを呼んでいます。しかしこれは、厳密な意味ではアーリーワークではないのです。純粋に早出練習、英語ならばアーリートレーニング、アーリープラクティスとでも呼ぶべきなのでしょうか。ではアーリーワークとは本来何を意味するのか?

僕自身、熊澤コーチにお話を伺い、自らでも調べ学んだことなのですが、本来のアーリーワークとはコア、つまり体幹トレーニングをするための時間なのです。本練習よりも早くグラウンドに入り、コアをしっかりとコンディショニングしておく、これが本来のアーリーワークなのです。コアトレーニングに関しては本屋を覗くと数え切れないほどの書籍が出されています。しかしその中で、コアトレーニングへの理解を正しく深められる情報のある本は少ないようです。僕自身コアに関する本は何冊も読み漁りましたが、その中でも何度も読んで学びたいと感じた本は1~2冊程度でした。つまり何が言いたいかというと、アーリーワークだけではなく、コアトレーニングに関しても正しい理解の仕方がされていないことが多い、ということです。

コアトレーニングに関してはまた後日詳しく解説を進めるとし、今回はアーリーワークについてもう少し話を進めていきます。トレーニングに少なからず興味を持っている選手であれば、アウフバウトレーニングというドイツのトレーニングメニューを聞いたことがあると思います。これを導入していくのもアーリーワークの時間帯が望ましいのです。アウフバウとは簡単に言えば股関節のトレーニングです。これは動きそのものは静かで地味なのですが、本格的に取り組むとウェイトトレーニングよりもはるかにきついトレーニングとなります。日本の野球界では工藤公康投手がアウフバウにより選手寿命を延ばし、熊澤コーチのアドバイスによりアウフバウを取り入れたことで、メジャー時代の松井稼頭央選手は復調することができました。

野球選手は比較的、肩に関しては神経質に考えたりしますが、しかし同じ臼関節である股関節に関しては無頓着な選手が多いようです。肩関節と股関節は無数ある人体の関節の中で、この2つだけが回旋運動をすることができます。言い方を変えると、肩と股関節に関しては回旋運動が加えられていることが、本来のメカニズムに則した動作だと言うことができます。つまり、回旋運動のない肩・股関節の使い方は、本来人間が持っているメカニズムを無視した使い方である言うことができ、これは故障を引き起こす大きな要因となります。

肩関節、股関節、コアを、しっかりと運動ができる状態にウォームアップする時間が、アーリーワークなのです。アーリーワークとは早出特打ちをする時間ではないわけなのです。本来のアーリーワークは、グラウンドに選手が寝そべって、リラックスをしながらコアをトレーニングしたり、臼関節の可動性を高めることを目的とします。

これは、切れないのこぎりと丸太の話そのままです。切れないのこぎりで一生懸命丸太を切ろうとするよりも、切れないのこぎりを一度研いでから丸太を切った方が、はるかに効率よく丸太を切ることができます。アーリーワークとはパフォーマンスを高めるための、のこぎりを研ぐ時間であると考えてください。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 強い直球を投げるためには、強いステップ脚が必要
次のコラム ストレッチングは試合前と試合後でやり方を変えよう
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾