サイレントピリオド,投球,力みについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 力みなく投球することとは?その具体的な改善方法

力みなく投球することとは?その具体的な改善方法


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

投手にとっても最も難しい作業の1つが、力まずに投げるということだと思います。この作業はプロレベルの投手でも苦労していることで、力みなく投げられていても、ちょっとしたことがきっかけで力んでしまうこともあります。例えば好投をしている試合で、唯一クリーンヒットを打たれている打者を打席に迎えると、「今度は抑えてやろう!」という強い気持ちが力みを生じさせてしまいます。そして力んでしまったことで急に制球を乱し、それまでの好投が幻だったかのように簡単にノックアウトされてしまうことさえもあります。

さて、では力みとは一体何なのでしょうか?どうすれば力みなく投げられることができるのでしょうか?これを突き詰めていくと、やはり下半身の強化が最も近道であると言えます。下半身を強化し、楽に広いステップで投げられるようになれば、上半身に力を入れなくても力のあるボールを投げられるようになるため、投球動作中の腕から自然と力みがなくなっていきます。

理想は、投球の最初から最後まで腕の力を抜いておく、ということです。でもこれはさすがに理想論であって、実際にそれを実現するのは非常に難しいことです。ですのでポイントをしっかりと抑えて、そのポイントで力まないようにすることが重要なのです。ポイントを抑え、そのポイントで力を抜けるようになれば、下半身の主導で腕を楽に振ることができるようになります。

サイレントピリオドという言葉を聞いたことがあるでしょうか?筋肉を最大限活かすために必要なのが、このサイレントピリオドというものです。これは主に、投球動作内の腕の動きの転回時に発生します。つまり後ろに引くテイクバック動作から、前へ向かって加速していくための分岐点であるテイクバックの最深部です。あとは腕の最大外旋から内旋に変わっていくトップの位置でも発生することがあります。

ここでとにかく大事にして欲しいのは、テイクバック時のサイレントピリオドです。テイクバックの最深部、つまり投球肩の肩甲骨が最も背骨に近づいたところで、投球腕の筋肉活動量を0%にするということです。ここで一度活動量を0%にし、ニュートラルな状態にすることで、次の動作以降で筋肉を最大限活かしていくことができるのです。今回のコラムの最大のポイントがここです!

テイクバックの最深部、この時点で腕は最大内旋状態にあるのが理想的なのですが、最大内旋状態から、外旋に移行していくその瞬間、本当に一瞬だけ腕の力を完全に抜くように意識していってください。1秒にも全然満たないこの一瞬だけ腕の力を完全に抜き、サイレントピリオドを生み出すことにより、コッキングからアクセラレーションと続く一連の投球動作内に於いて、投球腕の活動量を最大に高められるようになるのです。力まずに投げるとは、まさにこの状態のことを言います。

腕の力を投球動作内で、最初から最後まで0%にすることは不可能です。もちろんそれができるのが理想ではありますが、そこには限度のない難しさが存在します。だからこそ必要以上に難しく考えるのではなく、ポイントを絞り、テイクバックの最深部でしっかりと力を抜くことだけを考えれば、力みなくボールを投げることができるようになります。そして無駄な力みをなくすことができれば制球力は向上し、試合の途中で息切れすることもなくなり、まさに良いこと尽くめ!簡単な作業ではありませんが、ぜひ時間をかけて地道に練習を繰り返し、サイレントピリオドを発生させられる投手になってください。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 直球も変化球も同じ腕の振りで投げる方法
次のコラム スランプと勘違いされやすいプラトー
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾