ピッチャー,プロテイン,トレーニング,シャドーピッチングについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > トレーニングしたらプロテインの前にシャドーピッチング

トレーニングしたらプロテインの前にシャドーピッチング


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

近年はウェイトレーニングが全盛期だと言えます。プロチームの設備はもちろんのこと、高校野球でも立派なトレーニング施設を持っている学校もあるほどです。確かにウェイトトレーニングが発達することにより、高校野球のレベルは急激に上がりました。今では150kmを投げる高校生などさほど珍しくはありません。しかし違う見方をすれば、ウェイトトレーニングの普及により、故障する選手が増えたとも言えます。

僕はもちろんウェイトトレーニングを否定するつもりはありません。正しい知識、正しいやり方で行えば、ウェイトトレーニングで怪我を防ぐばかりではなく、選手寿命を延ばすことも可能です。しかしアマチームの場合、野球というスポーツに於けるウェイトトレーニングの知識を持つ指導者がほとんどいません。これはプロ野球チームにも同じことが言えるのですが、野球選手に必要なのはマッチョになるためのウェイトトレーニングの知識ではなく、野球に必要なウェイトトレーニングの知識なのです。つまり野球選手のトレーニングは、100%プレーを意識したものでなければ意味がないということです。

例えば一生懸命ウェイトトレーニングをして、終わった30分以内のゴールデンタイムにしっかりとプロテインを補給すれば、筋肉は見る見る大きくなっていきます。しかしそれで満足しているようでは野球選手としては一流にはなれません。いくら筋肉を大きくしても、それが野球のパフォーマンスに繋がらなければ、その努力は報われないのです。

ではどうすれば良いのか?まず野球選手が行わなければならないのはピッチャーならばシャドーピッチング、バッターならば素振りです。プロテインを飲む前に、ウェイトトレーニング後にはまずシャドーピッチングや素振りをしましょう。そして鍛えた筋肉が冷めてしまう前に、筋肉を野球の動きに馴染ませてください。ポイントは、鍛えた筋肉が冷める前に行うという点です。

シャドーなどをせず、ただ筋肉を鍛えるだけでは故障に繋がります。その理由は、新たに作られた筋肉が野球の動きに馴染むには、2ヵ月も3ヵ月もかかるためです。ということは、その間は筋肉が野球の動きに馴染んでいない状態で野球をすることになりますから、当然故障するリスクが高くなります。

だからこそ鍛えた後はプロテインを飲む前に、鍛えた筋肉が冷めてしまう前に、速攻でシャドーを行い、鍛えた筋肉を野球の動きに馴染ませてあげる必要があるわけです。

ダルビッシュ投手は2010年のオフ、トレーニングにより体重を100kgにまで増やしました。ダルビッシュ投手ほどのレベルですから、もちろんシャドーは欠かさずに行っていたはずです。しかし2011年の年始に達した100kgという体重の筋肉がピッチング動作に馴染んで来たのは、5月に入ってからです。まさにこのコラムを書いている時期というわけです。増やした筋肉がピッチングに馴染んだ2011年の初夏以降、恐らくダルビッシュ投手は他のピッチャーとはさらに次元の違う活躍を魅せてくれることでしょう。

増やした筋肉量が半端じゃないとは言え、ダルビッシュ投手であっても筋肉を野球に馴染ませるのに半年近くかかっています。ということは10代の若い選手やアマチュア選手にとってはさらに、トレーニング後のシャドーピッチングが大切になってくるというわけですね。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 野球肘・肘痛は輪ゴムリハビリで治そう
次のコラム 投手や野手の肘はなぜ下がってしまうのか?
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾