野球,アスリート,タバコ,喫煙について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2011年05月10日

タバコを吸わなくても身体に悪い副流煙

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング


アスリートにとっての喫煙のリスクはすでに書いた通りですが、しかしアスリート自身が吸わなければ良いというものではありません。僕は時間を作っては少年野球観戦に出かけたりするのですが、その練習風景を見ていると、指導者の喫煙率の高さにいつもながら驚いてしまいます。これは少年野球の指導者としては、失格だと僕は考えています。

自らが喫煙しなくても、他人が吸ったタバコの煙を吸ってしまうことを受動喫煙と言います。喫煙者が自ら吸う煙を主流煙、吸って吐き出された煙を呼出煙、火のついたタバコの先から立ち上る煙を副流煙と呼び、この中でも最も身体に悪い影響を与えるのが副流煙です。

副流煙はタバコの先から直接立ち上る煙で、フィルターを一切介していません。つまり実際にタバコを吸うことよりも、タバコを吸わない周囲の人間がこの副流煙を吸ってしまうことの方が、はるかに大きな害を身体に与えることになります。

少年野球の指導者が選手の近くでタバコを吸うという行為は、子どもたちの上達や成長を阻害しているとしか表現のしようがないわけです。とは言え、野球指導者には聖人でいろと言うつもりはまったくありません。タバコを吸うのならば、周囲に誰もいないところで吸うべきだと僕は強く思っています。

そして家庭においても、家族の喫煙は選手にとってはマイナスでしかありません。野球だけではなくどんなスポーツでも、活躍するためには家族のサポートが何よりも必要です。だからこそアスリートや運動部に入っているお子さんのいる家庭では、親御さんにはベランダや喫煙室でタバコを吸うように気をつけてもらいたいと思います。

さらに言えば、歩きタバコもやはり避けるべきでしょう。歩道には昼夜問わずジョガーやロードワークをする人がいます。彼らが走っている最中に副流煙や呼出煙を吸ってしまうと、パフォーマンスに大きなダメージを与えてしまいます。ですのでどうしても路上でタバコを吸いたい時は、せめて電子タバコを吸うようにしてみてはいかがでしょうか。そうすれば日本のアスリートたちを守れるだけではなく、喫煙者自らの身体を守ることにも繋がります。

※電子タバコの煙は水蒸気です。

個人レッスン野球塾

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム アスリートにとっての喫煙リスク
次のコラム 投手は、肘を上げることで肘を上げてはいけない

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾