アスリート,野球,喫煙,リスク

トップページ > 投手育成コラム > アスリートにとっての喫煙リスク

アスリートにとっての喫煙リスク

アスリートにとっての喫煙が、パフォーマンスの低下を招くことは現代ではすでに常識とされています。とは言え僕はすべての人に禁煙を勧めるつもりはありません。僕自身、以前はタバコが好きだった時期が数年ありました。ちなみに吸い始めたきっかけは、松田優作さん扮する工藤俊作で、吸っていたのはもちろんキャメル。

さて、こんな書き出しをすればまるで喫煙を勧めているようにも取られてしまうかもしれませんが、しかしそうではありません。ここで話したいのは、あくまでも喫煙が、アスリートにどのようなリスクを与えるかということです。

喫煙をした際の身体へのリスクで、主に考えられるのは血管収縮作用と、ビタミンC欠乏症。

血管が収縮すると血圧が上がります。そして血圧が上がるということは、それだけ心肺機能に負担をかける結果となり、パフォーマンスに対するスタミナはどんどん低下していってしまいます。そしてタバコを吸うことにより、体内には一酸化炭素が充満します。

一酸化炭素は、酸素の200倍以上の結合能力を持つとされています。つまり喫煙を習慣化させてしまうと、体内では酸素は常に1対200という劣勢で一酸化炭素と競合しなければならなくなります。こうなってしまうと体内は常時酸素不足状態となってしまい、いくらロードワークをしてもスタミナは落ちる一方です。

続いてビタミンC欠乏症についてですが、体内でビタミンCが不足すると、まず免疫力が低下し、風邪をひきやすくなります。そしてある研究結果によれば、ビタミンCの欠乏はガンの発生率を高めるともされています。つまり喫煙による発ガンリスクは、煙を吸うことにより肺炎になるという考え方よりも、喫煙により体内ビタミンCが欠乏することによって発ガン率が高められると考えた方が良さそうです。

ちなみにビタミンCは、筋肉の成長にも大きな役割を果たしています。つまり体内でビタミンCが不足してしまうと筋力もどんどん低下してしまうことになります。

プロ野球界は、実はプロスポーツの中では喫煙率がかなり高いとされています。球団によってはベンチ裏に灰皿を設置しているところもあったくらいです。もちろん近年はそういう状態は少しずつ改善されてはいるようですが、しかし未だ主力選手に喫煙者が多いのは事実です。

アスリートにとっての喫煙は、まさに百害あって一利なしです。今後は選手の研修の一環として喫煙のリスクを指導したり、契約書に禁煙を条件にすることなども考えなくてはならないかもしれませんね。

野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 10代の野球選手とプロテイン
次のコラム タバコを吸わなくても身体に悪い副流煙
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾