O脚

トップページ > 投手育成コラム > O脚などのアライメント不全はすぐに改善しよう

O脚などのアライメント不全はすぐに改善しよう

日本人男性はO脚が多いと言われています。コーチングをしていても、確かにO脚であったり、O脚気味の選手が多いように見受けられます。ですがこのO脚は、パフォーマンスの向上を目指した時に大きな障害となってしまうことがあるのです。軽度なO脚であればまだしも、重度のO脚であれば完全にパフォーマンス向上を阻害することになってしまいます。

O脚の一例として、膝とつま先の向きが異なるというケースがあります。この場合、軸脚の膝を真っすぐ横に向けてしまうと(プレートと平行に)、つま先が大きく開いてしまいます。逆につま先を真っすぐ横に向けると、今度は膝が極端に内側に入ってしまうようになります。もちろんどちらの場合もパフォーマンスを低下させてしまいます。

投球動作に於ける回転運動は、結果的に生じさせるべきものとCoach Kazのマンツーマン野球塾では考えています。回転運動ありきで投球動作を考えていってしまうと、投手にとって最も大切な制球力を低下させてしまうことになります。上述したようにO脚によって膝やつま先の向きがバラバラになってしまうと、それを真っすぐにするための余分な動きを取る必要があります。すると余計な回転運動が発生してしまい、制球力が低下してしまうことになります。

O脚を改善することはもちろん可能です。しかし一度崩れてしまったアライメントを正常に戻すためには、想像以上の時間を要します。体の柔軟性をアップさせるのであれば8週間もあれば目に見えた改善を期待することもできますが、アライメントの場合は数ヶ月単位、長ければ数年かけて少しずつ改善していく必要があります。

アスリートとして最大限のパフォーマンスを発揮したいと考えているのであれば、普段から姿勢には気をつけて、アライメントを崩さないようにしなければなりません。もちろんそれはO脚だけではなく、X脚や猫背も同様です。もし崩れてしまったアライメントを改善したいのであれば、Coach Kazのマンツーマン野球塾にご相談ください。改善していくためのエクササイズをアドバイスさせていただきたいと思います。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 投球動作は体の最下部から作り上げることが大切
次のコラム そもそもなぜ野球肩や野球肘になってしまうのか?
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾