ピッチング,肘,高さ,チェック方法,肘痛について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

投球時の肘の高さをチェックする簡単な方法

ピッチャーは投げる際、肘を下げてはいけないということは誰もが知っている事実です。でも自分で投げている時、肘が下がっているか上がっているかというのは、なかなか分かりませんよね?そんな時に役立つ、簡単な目安があるんです。これさえ覚えていれば、自分は肘が下がっているのか上がっているのか丁度良いのかが、いつでもすぐにチェックすることができます。

まず投げる手にタオルなどを持ち、シャドーピッチングの準備をしましょう。そしてグラブ手は「気をつけ」の姿勢で、体側に軽くくっつけておいてください。そしてその状態で、キャッチボールの動きをしてみましょう。

このシャドーピッチングでフォロースルーさせた手が、グラブ手の肘の位置に来れば合格です。1つの目安として、肘は正しい高さになっていると思って良いでしょう。でもフォロースルーさせた手がグラブ手の肘より低い場合、肘が下がっている可能性が高いと思ってください。また、グラブ手の肘より高い位置に行った場合は、肘が上がり過ぎている可能性があります。

肘が下がっているとか上がっているとか行っても、なかなかピンと来ませんよね?まず肘の適切な高さですが、両肩を線で結び、その延長線上に投球腕の肘があるか、ないかです。アクセラレーション時(握ったボールを加速させる、トップからリリースまでの段階)にこの延長線上よりも肘の位置が低い場合、肘が下がっていると表現します。

この肘の高さを簡単にチェックできるのが、上述したシャドーピッチングというわけです。ですがこのシャドーピッチングは、あくまでも目安です。なぜなら、ピッチングにはグラブ手の先導が欠かせないためです。グラブ手は「リーディング・アーム」とも呼ばれ、ピッチングモーションを先導するという重要な役割を担っているのです。

では、実際にシャドーピッチングをして、自分の肘の位置が適正かどうかをチェックしてみましょう。ちなみに、シャドーピッチングは絶対にタオルなどを持って行ってください。何も持たずに行うシャドーピッチングは、お風呂の空焚きと同じで、故障の原因となってしまいます。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
野球肩野球肘撲滅クリニック

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 投手は、肘を上げることで肘を上げてはいけない
次のコラム 投手は腕をコンパクトに振るほど良い

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾