10代,未成年,高校生,中学生,子ども,プロテインについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

10代の野球選手とプロテイン

マンツーマン野球塾のレッスンを1時間¥2,500〜受講いただけます!
小学生〜草野球選手、初心者〜上級者まで、どんなレベルの選手も受講できます!

アスリートがトレーニングをした後は、プロテインを飲むことがセオリーのように語られています。特にトレーニング後30分以内のプロテイン摂取は「ゴールデンタイム」と呼ばれ、プロテインの効果が最大限に得られる時間帯です。プロ野球選手のブログを読んでいても、トレーニング後にはプロテインを飲むということがよく書かれています。でも注意が必要です。僕は10代の選手をコーチングする際、プロテインは極力飲むなと伝えるようにしています。

プロテインの摂取は、20代になってからで十分です。プロテインというのは高タンパクであるため、内臓に負担がかかることがあります。特にまだ胃腸が発達し切っていない10代の選手にとっては、プロテインを摂取するメリットよりも、プロテインを摂取するデメリットの方が心配です。

10代の選手であっても、もちろんトレーニング後にプロテインを飲めばその分筋力は付きます。しかしその結果内臓の調子がおかしくなってしまえば、せっかく手に入れたパワーを試合で発揮することはできません。子育てをする際、胃腸の発達し切っていない子どもに生ものや塩分の高い食品、体への刺激が強いコーヒーを食べさせたり飲ませたりはしませんよね?それと同じことなのです。

プロテインの摂取は、20代になってからでも十分です。もしくは摂取しなくても良いくらいです。現にプロ野球選手の工藤公康投手は一切プロテインを摂取しませんが、50歳間近になっても未だ現役投手です。

大切なことは、バランスの良い食事をしっかりと摂ることです。埼玉西武ライオンズのエースである涌井秀章投手は、高校に入るまでは野菜が食べられませんでした。しかし横浜高校に入学し、野球部で食事の大切さを学ぶことで、卒業する頃には普通に野菜が食べられるようになったそうです。

「嫌いな食べ物もがんばって食べる!」と考えてしまうと、なかなか好き嫌いは克服できません。しかし「これを食べれば、体にこういう風に良いんだ」ということを理解できれば、その食品に対し好意を持てるようになり、「嫌い」という感覚はどんどん薄れていきます。

ですので10代の野球選手を持つ親御さんは、プロ野球選手が「良い」と言って摂取するプロテインをむやみにお子さんに与えるのではなく、まずはしっかりとバランスの取れた食事を食べさせてあげるようにしてください。高校生の男子選手ならどんぶり飯3杯食べられるくらいが良いと思います。ごはん(お米)は何よりもエネルギーの素です。ごはんをたくさん食べる選手は、プロテインやサプリメントなんて飲まなくても十分体を作り上げることができます。

プロテインは20代になり、内臓もしっかりと出来上がったことで、食事量が減ってきた時に摂取するようにしましょう。

最後にプロテインについての補足ですが、プロテインとはいわゆる温めた牛乳の膜の成分です。これは動物性たんぱく質です。動物性の食べ物は、実は日本人の体には必ずしも合うとは限らないんです。先祖代々肉を食べて生きてきて、腸が太くて短く発達した欧米人にとってはプロテインはベストなアイテムです。しかし古来から米・野菜・魚を食べて生きてきた日本人の腸が細く長く発達して行きました。このような日本人の腸にとって、動物性であるプロテインの摂取は年代を問わず、少なからず胃腸に負担を与えてしまうというわけなのです。

月額650で受講できるCoach Kazのオンデマンド野球塾

最新野球技術で上達をサポートする
Kazコーチのマンツーマン野球塾
IMG_2472.jpg

もっと野球を上手になりたいのに、頼れるコーチがいなくて困っていませんか?

そんな悩みあっという間に解決できるのがマンツーマン野球塾です。

1. 上達するための具体的な動作と練習方法を指導!
Kazコーチの指導は経験則による曖昧なものではなく、すべて科学的に根拠のあるものばかりです。 どんな質問をされたとしても、すべて理論的に回答することができます。 だから練習内容に迷いが生じることがありません!

2. 個別指導1300人以上のずば抜けた経験値!
Kazコーチは2010年1月以降1300人以上の選手たちを個別指導してきました。 コーチとしての経験値が桁外れなんです。 だからこそお子さんのコーチングを見学いただいているお父さん・お母さんたちからも信頼されてます!

3. 怪我をしない投げ方・打ち方の指導が得意!
どんなに速いボールを投げられても、どんなに打球を遠くまで飛ばすことができても、 怪我をしてしまっては意味がありません。だからこそパフォーマンスをアップさせながら、 同時に怪我をしにくい良いフォームの指導も行っています。

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 腹筋をして治る野球肩もある
次のコラム アスリートにとっての喫煙リスク

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾