10代,未成年,高校生,中学生,子ども,プロテインについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 10代の野球選手とプロテイン

10代の野球選手とプロテイン


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→火の玉ストレート習得クリニック

アスリートがトレーニングをした後は、プロテインを飲むことがセオリーのように語られています。特にトレーニング後30分以内のプロテイン摂取は「ゴールデンタイム」と呼ばれ、プロテインの効果が最大限に得られる時間帯です。プロ野球選手のブログを読んでいても、トレーニング後にはプロテインを飲むということがよく書かれています。でも注意が必要です。僕は10代の選手をコーチングする際、プロテインは極力飲むなと伝えるようにしています。

プロテインの摂取は、20代になってからで十分です。プロテインというのは高タンパクであるため、内臓に負担がかかることがあります。特にまだ胃腸が発達し切っていない10代の選手にとっては、プロテインを摂取するメリットよりも、プロテインを摂取するデメリットの方が心配です。

10代の選手であっても、もちろんトレーニング後にプロテインを飲めばその分筋力は付きます。しかしその結果内臓の調子がおかしくなってしまえば、せっかく手に入れたパワーを試合で発揮することはできません。子育てをする際、胃腸の発達し切っていない子どもに生ものや塩分の高い食品、体への刺激が強いコーヒーを食べさせたり飲ませたりはしませんよね?それと同じことなのです。

プロテインの摂取は、20代になってからでも十分です。もしくは摂取しなくても良いくらいです。現にプロ野球選手の工藤公康投手は一切プロテインを摂取しませんが、50歳間近になっても未だ現役投手です。

大切なことは、バランスの良い食事をしっかりと摂ることです。埼玉西武ライオンズのエースである涌井秀章投手は、高校に入るまでは野菜が食べられませんでした。しかし横浜高校に入学し、野球部で食事の大切さを学ぶことで、卒業する頃には普通に野菜が食べられるようになったそうです。

「嫌いな食べ物もがんばって食べる!」と考えてしまうと、なかなか好き嫌いは克服できません。しかし「これを食べれば、体にこういう風に良いんだ」ということを理解できれば、その食品に対し好意を持てるようになり、「嫌い」という感覚はどんどん薄れていきます。

ですので10代の野球選手を持つ親御さんは、プロ野球選手が「良い」と言って摂取するプロテインをむやみにお子さんに与えるのではなく、まずはしっかりとバランスの取れた食事を食べさせてあげるようにしてください。高校生の男子選手ならどんぶり飯3杯食べられるくらいが良いと思います。ごはん(お米)は何よりもエネルギーの素です。ごはんをたくさん食べる選手は、プロテインやサプリメントなんて飲まなくても十分体を作り上げることができます。

プロテインは20代になり、内臓もしっかりと出来上がったことで、食事量が減ってきた時に摂取するようにしましょう。

最後にプロテインについての補足ですが、プロテインとはいわゆる温めた牛乳の膜の成分です。これは動物性たんぱく質です。動物性の食べ物は、実は日本人の体には必ずしも合うとは限らないんです。先祖代々肉を食べて生きてきて、腸が太くて短く発達した欧米人にとってはプロテインはベストなアイテムです。しかし古来から米・野菜・魚を食べて生きてきた日本人の腸が細く長く発達して行きました。このような日本人の腸にとって、動物性であるプロテインの摂取は年代を問わず、少なからず胃腸に負担を与えてしまうというわけなのです。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 腹筋をして治る野球肩もある
次のコラム アスリートにとっての喫煙リスク
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾