タグ「野球心理学」が付けられているもの

ヤーキーズ・ドットソンの法則

ヤーキーズ・ドットソンの法則

試合前に、とにかくリラックスしようと試みる選手はけっこう多いと思います。しかし実は、リラックスし過ぎてしまうとパフォーマンスは逆に落ちてしまうんです。

例えばこんな選手いたりしませんか?緊迫した試合だとナイスピッチングやナイスバッティングを見せてくれるのに、大量リードしていたり、大量リードを許してしまった緊張感が少し途切れた試合になると、突如としてマウンドで崩れてしまったり、別人のように凡打を繰り返してしまう選手。

記者会見を拒否するという選択をした大坂なおみ選手

今、テニスの大坂なおみ選手が試合後の記者会見を拒否したことが世界的に大きなニュースになっています。大坂なおみ選手の気持ちはよく分かります。ですが個人的には、記者会見を一方的に拒否すべきではなかったのかな、と思っています。

プロテニス界では、試合後の記者会見はルール化されています。これは大会に出場する一つの条件となっているため、やはり一方的な拒否というのはルール違反になってしまい、それに対しペナルティが課せられることは仕方がないことだと思います。

しかし大会運営側も、冷酷にペナルティを課したわけではないので、そこはスポーツファンとしては誤解すべきではありません。大会運営側も大坂選手のサポートをすると申し出てくれているわけで、決してルール違反をした大坂選手を突き放したわけではありません。

僕個人の意見としては、大坂選手は一方的な記者会見の拒否をする前に、運営側と協議し、記者会見を免除してもらう方向で調整した方がよかったのかなと思っています。そうすればここまで世界的問題としてニュースで扱われることもなく、大坂選手のストレスも軽減させられたのではないでしょうか。

日本の野球界にもうつ病予備軍がたくさんいる

大坂選手はうつ病を患っていたのだそうです。うつ病ということであれば、当然記者会見どころか、大勢の前で話すことだって辛いと思います。コート上であればテニスに集中することにより、メンタリティを維持できるのかもしれませんが、しかしラケットをおいた後は、大坂選手もひとりの人間にすぎません。コートでは見せられない弱さだって当然抱えているのでしょう。

うつ病と診断されているのであれば、大会運営側と協議すれば記者会見を免除してもらうことだってできたはずです。そうすれば罰金という形ではなく、賞金の減額という形に留まったり、次戦以降の出場権が危ぶまれることもなかったはずです。

ちなみにスポーツ選手のうつ病は、野球選手にも見られる症状です。特にストイックで、あまり人と話すのが得意ではない真面目な性格の選手によく見られる症状です。そのため野球選手にとっても、大坂選手の状況は決して他人事ではありません。

これは中高でよく見られるのですが、監督による酷い罵声や叱責によりうつ病になってしまう野球部員も少なくありません。そしてそれにより野球から離れてしまう子もかなり多いんです。また、プロ野球選手であっても同様で、現役時代にうつ病を患ってしまった選手は一人や二人だけではありません。

大坂選手の場合は今回は「拒否」という形になってしまったわけですが、これがベストではなかったとしても、拒否するという声を挙げたことは賞賛に値すると思います。

個人的には拒否する前に協議すべきだったと僕は考えるわけですが、しかし拒否をしたということは、もしかしたら協議しても受け入れられなかったのかもしれませんね。その結果、拒否するしか選択肢が残されなかったのかもしれません。

そして選手や保護者が協議の場を求めても、それを受け入れない少年野球や野球部の監督・コーチが日本には数え切れないほどいます。僕も中学時代に、実際そのような監督の下でプレーをした経験があります。このような状況を鑑みると、日本の野球界にはうつ病予備軍がたくさんいると言うこともできるのではないでしょうか?

集中力とは?

他人の子どもを預かる指導者はもっと勉強すべし!

「集中力」という言葉は野球指導の場だけではなく、勉強や仕事、普段の生活の中で頻繁に使われる言葉です。でもあまりにも使い古されてしまっているためなのか、そもそも「集中力とは何なのか?」ということを明確に説明できる方は少ないのではないでしょうか?

「もっと集中しろ!」と言う野球指導者ほど、集中力というものを理解していないということは明白です。もし集中力というものを理解していたならば、「もっと集中しろ!」という言葉など出てこないはずです。

普通のお父さんお母さんがお子さんに対し「もっと集中して勉強しなさい」と言うことは、別に変える必要はないと思います。さすがに普通のお父さんお母さんが野球心理学・運動心理学を含めた心理学を勉強する必要はないと思いますので。

しかし他人の子どもを預かる野球チームや野球部の監督・コーチとなれば話は別です。繰り返しますが、他人の子どもを 預かって野球指導をするわけですので、ここでは運動心理学に関する最低限の勉強は必須です。

もしあなたのお子さんが、まったく勉強もしていないような他人に「もっと集中しろ!」「もっとちゃんと捕って投げろ!」なんて怒鳴られていたら、逆にそのコーチを怒鳴ってやりたくなりませんか?僕ならそうなります。

集中力とは?

ではここで改めて、集中力とはいったい何なのか、という定義について書いておきたいと思います。

集中力とは、思考回路が同時に対応できる複数の物事や思考の中から、一つだけを選び出して、その一つを明確かつ鮮明に捉え、その選び出したものに対しての行動の質を高めるためのものです。

つまり集中力が途切れている状態というのは、選択肢の中から何を選べばいいのかが分かっていない状態のことです。分からないから選べない。選べないから集中できない。これが集中力が途切れるメカニズムです。

集中力が途切れている選手に対しては、まず今どのような選択肢があるのかを伝えてあげる必要があります。そしてその中から何を選ぶのが一番良いのかということと、その理由を伝えてあげることにより、集中力を外的に高めてあげることができます。

一般的にはこうすれば集中力の途切れを少なくできる!

ちなみに心理学的には「頑張ったらご褒美をあげるね」というやり方よりも、「これをあげるから頑張りなさい」と先にご褒美をあげた方が作業効率が良くなることが分かっています。

例えば被験者の前にクッキーを置いたとします。「宿題が終わったらクッキーを食べて良いからね」と伝えたグループと、「クッキーを食べながら宿題をしなさい」と伝えたグループでは、後者の方が作業効率が良くなります。これは世界中の心理学者が実験によりほとんど同じ結果を得ています。

ただしこれはあくまでも平均値であり、100%そうなったというわけではありませんので、そこは前者の方が効率がよくなるタイプの子には、前者のやり方を取り入れていくという見極めと柔軟性も必要です。

野球はメンタルスポーツ

野球はとにかくメンタルが非常に重要なスポーツです。そのメンタルを強化するためのスポーツ心理学者の役目というのは、集中力の途切れをできるだけ少なくできるように選手をサポートすることです。

集中力の途切れというのは0にすることはできません。ですので、できるだけ少なくする、という取り組み方がベターになるわけです。

野球だけではなく、あらゆる場面で役立つと思いますので、ぜひ一度集中力に関してじっくりと考えてみてください。

【野球心理学】野球指導者が絶対に混同してはならないものとは?

野球の練習を運動心理学的に考えてみよう

今回は野球心理学(運動心理学)について少しお話をしてみたいと思います。「野球の練習をする」ことというのは、運動心理学的には「運動技能を高める」ために行う「運動行動」というふうに表現します。

運動技能というのは「スピード」「コレクトネス(正確性)」「フォーム」「スタビリティ(安定感)」の4種から成り立ちます。そしてこの4種は、競技によって割合が変わってきます。

例えばサッカーの場合は、ドリブルからシュートする場合はスピードが最重要視されます。しかしPKからシュートしていく場合はスピードよりもコレクトネスが重要です。同じ競技であっても場面によって4種の重要性が変わってきます。

一方野球の場合、バッティングであれば正しいフォームのスタビリティを高めることにより、ハイスピードでコレクトネスを高めていくことができます。つまりバットを速く正確に振るためには、「フォーム」の「スタビリティ」が重要だということです。

野球指導者が絶対に混同してはならないもの

野球指導者としてまず適切に理解しなければならないのは、「運動技能」と「運動技術」の違いです。これを混同してしまったり、まったく理解していない状態で指導しようとしても、選手を最短距離で上達に導くことはできません。

運動技術というのは「Understand(分かる)」という形で身につけていくもので、運動技能というのは「Can(できる)」という形で身につけていくものです。

この2つを混同することなく、適切な順番で指導やレッスンをしていかなければ、上達を遠回りさせてしまうばかりです。まずは選手には「分かる」という形でインプットさせていき、分かった上で「できる」ようにするための練習法を伝えてあげる、という順番が重要です。

運動技術の習得なくして、運動技能の習得はない、ということです。もちろんこれは個人差もあります。分かっていなくても自然とできるようになる選手もいれば、分かったからこそできるようになる選手もいます。さらに言えば分かっていてもできない選手や、分かっているけどできない選手と、こちらも主に4種類のパターンが存在します。

非常に大事なのでもう一度繰り返しておきますが、指導者は「運動技術」と「運動技能」は絶対に混同させてはいけません。指導者がこれを「分かって」いなければ、選手が「できる」ようになることもない、ということになります。

ブルペンでは良い投球ができるのに、いざマウンドに登ると実力を発揮できないピッチャーは少なくないと思います。このようなピッチャーを「ブルペンエース」なんて呼んだりするわけですが、では一体なぜブルペンエースになってしまうのでしょうか?

練習のための練習をしていませんか?

ブルペンエースになってしまうピッチャーによくありがちなのが、いわゆる「練習のための練習」をしてしまっているパターンです。例えばピッチャーとキャッチャーだけでブルペン投球をしてしまう、などの練習です。しかしこの練習だけでは試合では実力を発揮できるようにはなりません。練習とは、試合でのプレーを簡単にするために行うものですので、試合よりも簡単な内容で練習をするだけではダメなんです。

チームメイトたちに審判役、打者役をしてもらうのがベストです。そして審判役には、試合以上にストライクゾーンを厳しく判定してもらったり、打者役もどちらかの打席だけではなく、両打席に同時に立ってもらうと良いと思います。もしチームメイトも練習中で頼みにくいという場合は、何か物を積んで案山子のような仮想打者を作ると良いと思います。

こんな風に練習の難易度を高めてみよう

とにかくポイントは練習は試合以上に難しくする、ということです。試合よりも易しい練習を続けていても、試合で活躍できるようにはなりません。例えば試合以上に難しくする練習としては上記以外だと、18.44mを19.44mにして投げる、というやり方もあります。つまりキャッチャーに1m後ろに下がって構えてもらう、ということですね。

あとは的を小さくする、という練習法もあります。キャッチャーにはバッターボックスのラインまで横に移動して座ってもらい、手だけを横に伸ばしてミットをストライクゾーンに置いてもらいます。こうすると的が非常に小さくなるため、ピッチャーとしては狙いを定めにくくなるわけです。この練習をした後でキャッチャーに普通に座ってもらうと、的が大きく感じてすごく投げやすさを感じられるようになります。

練習とは試合を易しくするために行うもの

練習とは、練習中に上手くプレーするために行うものではありません。あくまでも試合で結果を出すために行うものです。もちろん基礎が身につくまでは低い難易度から丁寧に練習する必要がありますが、基礎が身について、さらに試合で活躍できるようにする、という段階になったら、練習の難易度はどんどん上げていく必要があります。

ブルペンで投げる練習だけで見ていっても、いくらでも工夫していくことができます。例えばキャッチャーがいなければ、ホームベースの両端のラインにバットを立てて、そのバットにボールを当てていくのもいいと思います。さらに難しくしたければ立てたバットにボールを乗せて、そのボールを射抜いていく練習も効果的です。野球人生をブルペンエースで終えないためにも、試合でのプレーが簡単に感じられるようになる練習を行うようにしていきましょう。

ブルペンではコントロール良く投げられるのに、なぜか試合になるとブルペン通りにいかなくなる投手は意外と多いと思います。そうなってしまう原因はシンプルで、試合になると変数が増えてしまうからです。この変数に対応できないと、ブルペンでは良くてもマウンドでは崩れやすくなってしまいます。

試合ではブルペンよりも変数が多くなる

ブルペンでは、基本的には視界にはキャッチャーしかいないと思います。もちろんコーチが審判の立ち位置に立ったり、チームメイトが打席に立ったりすることもあると思いますが、基本的にはキャッチャーしかいないことの方が多いと思います。そのため投手も的となるキャッチャーミットに集中しやすいんです。

一方試合のマウンドからはキャッチャーだけではなく打者、審判、バックネット、観客、サインプレーなどなど、とにかくたくさんの変数が出現してきます。例えば審判が立っているだけでもブルペンとは違う景色になりますし、その審判が自分の感覚と違うジャッジをしてきたら、それもまた気になり始めてしまいます。

様々な状況パターンを準備して試合に挑もう

ブルペンで審判役や打者役を立てて投げ込むのも1つの方法ですが、しかしその間、立ってくれているチームメイトは練習ができなくなってしまいます。なのでそのような状況を作ってブルペンで投げ込むことも1つの方法ではあるのですが、常にそのような形で投げ込むことはできません。それだったら、試合での思考方法を変える方が現実的です。

試合ではとにかく考えなければならないことがたくさんあります。一塁に走者が出ただけでも盗塁をケアしなければならず、やることが一気に増えてしまいます。一番良いのは、練習中や練習後に頭を使う練習をしておくことです。いろいろな状況を想定して、「こういう状況になったらこうしよう」、というパターンをたくさん用意しておくのです。このような準備をしっかりしておけば、どのような状況でも落ち着いてキャッチャーミットに集中できるようになります。

冷静な状態とはこういうこと

マウンドではとにかく冷静でい続けることが重要です。冷静な状態とは、テンションが低い状態のことではありません。冷静な状態とは、常に自分が置かれた状況と自分自身の状態を適切に把握できているということです。仮にテンションが低くてもそれができていなければダメですし、アドレナリン全開でテンションが最高潮になっていても、状況や状態をしっかり把握できていれば冷静だと言えます。

試合では変数が多くなるため、とにかく重要なのは投球前に、どれだけキャッチャーミットにだけ集中できる準備ができるかどうか、ということです。ただし、状況を無視してキャッチャーミットに集中してしまうと、盗塁され放題になったり、牽制球のサインを見逃したりしますので要注意です。色々な状況パターンをたくさん準備し、どのような状況でも対応できるようにしてください。そうすることによって油断なくキャッチャーミットに集中していけるようになり、ブルペン通りのピッチングがしやすくなります。ぜひこのあたりも意識しながら、普段の練習に取り組んでみてください。

さて、当然ですが辛い練習というのは文字通り辛いものです。目的意識の高い選手であれば、小学生であっても大人であってもこの辛い練習に簡単に耐えることができます。しかし意識が高いところにはなかったり、目的を見失ってしまっている場合は、この辛い練習にはなかなか耐えられないものです。ではどうすればこの辛い練習をポジティブ志向に変換していくことができるのでしょうか?

結論から言うと、いわゆるランナーズハイという現象を用います。ランナーズハイとはマラソンをしていて、30キロくらいの地点で「もうダメだ」と思っても、その辛さを乗り越えると体が一気に楽になり、パフォーマンスがアップしていく現象のことです。

一説ではこのランナーズハイはエンドロフィンが影響していると言われています。世界中で長い間そう信じられていたのですが、近年の研究によってそれが間違いだったことが判明しました。エンドロフィンには鎮痛作用があり、エンドロフィンが分泌されると頭痛や筋肉痛、野球の場合は肩痛や肘痛の痛みが緩和されるケースがあります。しかしこのエンドロフィンは、辛い練習を好きになるという高揚感を与えてくれるものではありませんでした。

ランナーズハイとは、内在性カンナビノイドが生み出している現象なのです。と言ってもよくわかりませんよね(笑)。カンナビノイドというのは、マリファナに含まれている高揚感を生み出す成分と同じものです。しかしマリファナのように外的に体内に入れるものではなく、カンナビノイドは体内で生成される物質のため、マリファナのように依存性などのデメリットが生じることはありません。

カンナビノイドもマリファナと同じ成分という意味では、エンドロフィン同様に鎮痛作用を持っています。しかしカンナビノイドはパフォーマンス中に分泌されるものに対し、エンドロフィンはパフォーマンス後に効力を発揮することができます。つまり練習中に必要なのはカンナビノイドで、練習後に必要なのがエンドロフィンということですね。

カンナビノイドを分泌させるためには、一度自らの限界を超えていこうとするチャレンジが有効となります。「もうたくさんノック受けて、今日はこれ以上立てないかもしれない!」と思ってもそこで諦めるのではなく、もう一度立ち上がってみて「俺頑張ってるじゃん!」と自画自賛してみることです。このタイミングでそれをすると急に高揚感が生まれてくることがあり、その瞬間がカンナビノイドが分泌され始めた瞬間ということになります。

ちなみに限界を超える作業は自発的である必要があります。周囲の人間が限界を超えさせようとしては絶対にダメです。もちろん限界に関して説明することは問題ありませんが、限界越えを強要してしまうことは絶対にダメです。受動的に限界を超える作業をしようとしても、それはカンナビノイドの分泌を促すどころか、逆に選手の練習嫌いを促進させてしまうだけで、怪我に繋がるケースも多くなってしまいます。ですので限界越えへの挑戦は、必ず能動的である必要があります。

今回の投手育成コラムは少々難しい内容ではありましたが、より上のレベルを目指したい選手や、コーチにとっては必要な知識だったと思います。辛い練習をポジティブに変換していくためにも、ぜひ一度限界越えに挑戦してみてください。ただし怪我をする可能性がある限界越えはコーチの適切な判断によってさせないように注意してください。
本番に強い選手、本番に弱い選手というのはどの競技でも存在しています。野球でももちろんそうです。本番になるとなぜか実力を発揮できない選手、逆に本番でもいつも通りのプレーができる選手とだいたい2つに分かれます。ではこの2タイプの違いとは一体どこにあるのでしょうか?

まず本番に弱い選手の特徴を挙げると、とにかく自他共にポジティヴシンキングであるケースが多いと思います。「自分は絶対にできる!」「失敗など恐れずプレーしよう!」「失敗などするはずがない!」「負けるはずがない!」というように考えている選手はほとんどの場合で本番に弱い選手になってしまいます。

ポジティヴシンキングは確かに大切なことですが、ポジティヴシンキングだけで試合で活躍することはできません。どんな競技でも必ず失敗します。野球でもミスをして、ボールゾーンに投げるはずがど真ん中に投げてしまうことがあります。普段は四球など出さないのに、突然崩れて連続四球を出してしまうこともあります。スポーツには必ず失敗が伴います。陸上のような個人競技であってもミスをし、いつもなら7メートルを目指せる幅跳び選手が5メートルしか飛べないこともあります。

では本番に強い選手とは?それは失敗をすることを前提にし、失敗した時の対処方法をシンプルな形で用意し、その上でポジティヴシンキングができる選手です。例えば「突然ストライクが入らなくなったら一度マウンドを外して深呼吸をしよう」とか、「コントロールがつかなくなったらそれを活かし、真ん中を狙って投げて内外に散らばるようにしよう」という風ように考えられる選手は、本番でもいつも通りのプレーができることが多くなります。

本番で考えられるミスをいくつか想定し、それに対する対処法を準備しておくだけでも平常心を維持しやすくなります。何事も大切なのは準備です。転ばぬ先の杖ではありませんが、ミスをした時の対処法という杖を準備しておくだけで安心感が高まり、本番でも舞い上がることなくいつも通りのプレーをいつもと同じようにできるようになるんです。本番に弱かった選手はぜひこの準備を試してみてください。

マウンドに登る前って誰でも緊張しますよね。でもこの緊張を必要以上にほぐすことはないんです。緊張して心臓が高鳴ったり、手に汗をかいたり、体に少し力が入ってしまったり。これらは実はパフォーマンスにはマイナスにならないということが近年科学的に解明されています。


例えばライオンズからイーグルスに移籍した岸孝之投手ですが、2008年のジャイアンツの日本シリーズで先発マウンドに登る前、嘔吐してしまうほど緊張していたそうです。しかし結果はその日本シリーズでMVPを獲得するほどの大活躍でした。

緊張して心臓が高鳴ったりするような状態を心理学ではストレス反応のひとつとして考えられています。ストレスと聞くとマイナスのイメージしか持たない方もいらっしゃると思いますが、実はストレスというものもマイナスのみではなく、むしろ適切な知識を持っていればプラスに働くことが、これも科学的にすでに解明されています。

試合前に緊張して心臓が高鳴り、体に少し力が入ることもマイナスと捉える必要はありません。むしろパフォーマンスを良くするためにはプラスだと考えてください。実際そのような状態になると、体の反応がすごく高まることが科学的に証明されています。

つまり試合前に完全にリラックスをして体の力を抜いてしまうより、緊張して少し力が入っていた方が運動能力は高まるんです。逆にリラックスしすぎてしまうと体の反応が鈍くなってしまい、パフォーマンスは低下してしまいます。

例えば以前ライオンズで活躍した西口文也投手は、緊迫した試合では素晴らしいピッチングを見せてくれるのですが、味方が大量リードしてくれると不思議とすぐに崩れてしまう癖がありました。これも上記のストレス反応によって説明することができ、大量リードをしてくれたことにより緊張の糸が切れてリラックスしてしまい、体の反応が少し鈍ってしまったことにより試合途中でパフォーマンスが低下してしまっていたのです。

ですので試合前にどうしても緊張してしまう選手も、その緊張を悪いものとして捉える必要はまったくないんです。その緊張感があるからこそパフォーマンスがアップするんだとパラダイムシフト(考え方をガラッと変える)することにより、その緊張感をパフォーマンスをアップさせるために使うことができるようになります。

緊張すると心臓の鼓動が速くなりますよね?これによって身体中の血の巡りがよくなり、筋肉にもたくさんの血液や酸素、エネルギー源となる糖分や脂質が運ばれるようになります。そのために運動パフォーマンスがアップするわけです。

もし試合前に緊張してしまうことで悩んでいる選手がいましたら、もう悩む必要はありません。その緊張を悪いものだとは考えず、パフォーマンスにプラスになるんだとパラダイムシフトしていきましょう。そうすれば上述した通り、緊張感によりパフォーマンスをアップさせることができるはずです。

これは投手に限らずの話ではありますが、しかし投手にとっては特に「冷静さ」を保てることがが重要な要素となります。では冷静さとは一体どのような状態のことを言うのでしょうか?

テンションが低い=冷静、という図式は成り立ちません。つまりカッカしていなかったり、イライラしていない状態が冷静である、という訳ではないのです。冷静さには二段階あり、まず自分がどのような状態・状況であるかを俯瞰できているということが第一段階です。第二段階はさらに、相手(対戦相手や味方野手)のこともしっかりと把握できている状態です。いわゆる孫子の「彼を知り己を知れば百戦危うからず」という状態のことです。

例えばマウンド上でカッカしていたとしても、「自分はカッカしているしイラついている」と自覚ができれば、その状態は冷静だと言えるのです。チームメイトから見ていつもの状態ではないと感じられている時、それでも「カッカしてなんかいません」と言ってしまうのは、これは完全に冷静さを失っている状態です。

人間がマウンド上で投げている限り、多少なりとも味方の凡ミスにイラついたり、打たれてカッカしてしまうことは絶対にあるものです。人間には強い感情がありますので、これは当たり前のことです。しかしここで「自分は今カッカしている」と冷静に考えられるか否かで、選手としての器には雲泥の差が生じてくるのです。

チームメイトから「落ち着けよ」と言われ、「落ち着いていますよ」などと反論してはいけません。チームメイトが「落ち着けよ」と言うということは、それは落ち着いて見えていないということなのです。落ちついて見える選手に対し「落ち着けよ」と言うことなど絶対にないのです。ですのでこんな時は「そう言ってくれるということは、自分は落ち着けていないんだな」とチームメイトの言葉を捉え、冷静になるきっかけにしなければ、チームの和を築き上げることはできません。

アマチュア選手の場合、特にチームの和は重要です。故三原脩監督は「アマは和して勝ち、プロは勝って和す」という言葉を残しているほどです。チームの和を強くするためにも、試合の中心となる投手は特に冷静さを欠いてはならないのです。繰り返しますが冷静さと低いテンションはイコールではありません。これに関しては勘違いされないよう注意してください。

冷静になりたい時はまず、今自分がどのような状態であるのかを俯瞰するところから始めてください。これは普段から心がけていれば、試合中に行うことも難しいことではなくなります。冷静ではない投手に「付いて行きたい」と感じる野手はいません。味方野手を本当の意味で味方にし、「この投手を勝たせてあげたい」と思ってもらえるように、投手はどのような状況であっても冷静さを保つことが非常に大切なのです。
なぜ先発投手の中にはどうしても立ち上がりから好投できない投手が多いのだと思いますか?今回はその理由の一つについて書き進めていきたいと思います。

その前にまず、先発投手と中継ぎ投手の違いについて考えてみたいと思います。先発投手というのは基本的には長いイニングを投げるため、体力などのペース配分を考えながら投げます。そのため最初から飛ばしていく先発投手はほとんどいません。一方中継ぎ投手はほとんどの場合1イニングのみだったり、アマチュア野球でも多くの場合3イニング前後しか投げることはありません。そのため最初から最後までアクセル全開で投げ続けることができるのです。

先発投手が常時70%くらいの力で投げているとすれば、中継ぎ投手は90%以上で投げている、と言うことができます。この力配分が今回のお話では重要になってくるのです。

試合という本番の場では、誰しも緊張するものです。よほど肝が据わった、心臓に毛が生えていると言われそうな投手でない限り、マウンドに登れば誰しもが多かれ少なかれ緊張を感じます。緊張感というのは体を硬直させるデメリットがあるのです。体が硬直するということは、リラックスできないということになり、70%前後の力で良いボールを投げることも難しくなります。

一方常に全力投球をしている中継ぎ投手の場合、緊張して体が多少硬直したとしても、力一杯投げることでその硬直を取り払うことができるのです。つまりマウンドでの緊張感を覚えていたとしても、パフォーマンスにそれほど大きな影響を与えることはありません。

ですが先発投手の場合は、中継ぎ投手以上に球質や制球力が求められます。多少なりとも硬直している状態ではリラックスして投げることはできませんので、ボールの回転数は減り球質が低下し、いつもの制球力も失ってしまうということになります。これが先発投手によくある、立ち上がりがスムーズに行かない原因だとわたしは考え、選手たちにはこれを改善するための方法をたくさんアドバイスしています。

先発投手は立ち上がりが悪くても、2回3回くらいまでにはいつもの調子に戻ることがほとんどです。つまりそれくらいになると緊張感も和らぎ、いつも通りに投げられるようになるということなのです。

このようなメンタリティ(野球心理学)に関しては投球動作改善クラスで解説していますので、ご興味ある選手はぜひ一度クラスを受講しにいらしてください。

エースになれるピッチャーに必要な条件、それは試合中の修正能力です。制球が上手く行かなければ試合中に修正できる能力、球速がいつのより低い時、試合中にそれを改善できる能力、それが求められる存在がエースです。そしてそれができるからこそ、エースになることができるのです。

アマチュア時代にはリーグや大会でナンバー1投手と呼ばれた選手であっても、プロの世界に飛び込めば活躍できずにユニフォームを脱いでいく選手ばかりです。なぜならプロ野球に入った選手たちというのは、誰しもが少なくとも所属チームの中心選手であり、リーグを代表する選手だったからです。つまりざっくりと表現するならばプロ野球にいる選手たちというのは、誰しもがアマチュア時代はエースや4番打者だったわけなのです。

それだけレベルが高い選手たちが集まったプロ野球の世界であっても、試合中の修正能力を持っている投手はほんの一握りしかいません。中にはエースと呼ばれてはいるものの、それほど修正能力の高くはない投手もいます。ではこの修正能力ですが、一部の選手だけに与えられた才能なのでしょうか?否、それは違います。実はどんな選手であっても修正能力を少なからず高めることは可能なのです。

例えばその日調子の悪い投手がいたとします。調子が悪いために制球が定まらなければ球威も上がらない。その結果いつもより力を込めて投げるようになり、制球はさらにばらけてしまう。そして球速は上がったとしてもストレートに伸びが生まれず、初速と終速差が大きくなってしまうことにより、簡単に弾き返されてしまう。するとさらに力を入れるようになり、負のスパイラルに巻き込まれてしまうわけです。

経験の浅い選手、剛腕タイプの投手にこのタイプは多くなります。しかしこれは仕方のないことです。調子が悪ければ「もっと頑張ろう!」と思って力んでしまうのは人間としてはごく自然なことです。ですがここで力むのをやめてみましょう。逆に力を抜くのです。調子が悪い時に力を抜く勇気を持つ投手はそうそういません。ですがこれこそが試合中の修正能力なのです。

調子が悪い時に自分で肩の力を抜き、リラックスして投げるという勇気こそが修正能力なのです。普段通りの力を発揮できないという現象は、試合で緊張を感じ、それが力みに繋がってしまうためなのです。練習では上手く行くのに、試合では上手く行かない選手に対しても同じことが言えます。

試合中に修正することのできるエースと呼ばれる投手というのは、調子が悪い時に自らの意思でリラックスすることができる能力を持っている、ということなのです。しかし調子が悪い日に力を抜く勇気など、なかなか持てるものではありません。だからこそチーム全体で、調子の悪い投手がリラックスしやすい雰囲気を作ることが大切なのです。

例えば四球を出そうとして出す投手など、この世には一人もいません。なのにこの時に野手が白けた空気を出してしまうと投手は孤立してしまい、どんどん力んでいき、さらに独り相撲してしまう結果になってしまうのです。

もしこれを読んでくださっている方が捕手であるならば、いつもバッテリーを組んでいる投手がどんな時にリラックスをしているかを観察しておくといいかもしれません。例えばゲームが好きな投手だった場合、調子が悪い時の試合中にマウンドに行き「試合終わったらお前んちでゲームしようぜ」などと声をかけてあげれば、それだけでリラックスして調子を取り戻すこともあるのです。

試合中の修正能力は、エースクラスであれば自ら出していくこともできます。しかしそうでない投手の場合はやはり、チーム全体で投手をリラックスさせてあげることが大切になってくるのです。修正能力とは、どれだけ力を抜いて投げることができるか、ということです。肘が下がっているだの上がっているだのと考えても、それを試合中に修正することはほとんど不可能です。だからこそ細かい助言をあれこれと言うよりは、調子が悪い時に生じる緊張を解いてあげるべく、リラックスさせてあげることが何よりも重要となるわけなのです。

投手はマウンドに登ったら力んではいけない。これは昔から言われていることです。ではどうして力んではいけないのだと思いますか?球速をアップさせるのであれば、力んで投げた方がはるかに速いボールを投げることができます。人によっては力いっぱい投げれば、10km以上速くなる投手だっています。しかしそうだとしても、やはり投手は力んではいけないのです。

結論から言いましょう。力んでボールを投げてしまうと、ストレートに強いバックスピンをかけられなくなってしまうのです。さらには力みによって腕がロックされてしまうことで、ボールのリリースポイントが打者から見えやすくなってしまいます。初速と終速の差が大きくなり、リリースポイントも丸見えになってしまう。あなたはそれでも力んで全力投球をしたいと思いますか?

プロ野球の1軍レベルじゃない限り、例えば初速140km出ていれば終速が10km遅くなったとしても、そう簡単に打たれることはありません。アマチュア野球の予選レベルであれば、それでも十分力で押し切れるかもしれません。ですが球速差以上に気にしなければならないのは、投球時の腕のロックなのです。

力んでボールを投げてしまうと、多かれ少なかれ腕は必ずロック状態になってしまいます。すると、いくらステップを広くして重心を落としたとしても、腕がロックされている分、相対的に肘が上がっていくことがなくなるのです。簡単に言ってしまえば、力んで投げると肘は必ず下がってきてしまうのです。

肘が下がってしまうと肩・肘に対するストレスは大きくなり、腕も遠回りしてしまうためコントロールも不安定になってしまいます。コントロールが不安定になり、合わせてリリースポイントも見えやすいため、いくら球速があっても打者はボールを見極めやすくなります。すると際どいコースはすべて見逃されてしまい、四球が増えるという負のスパイラルに突入してしまうのです。

投手は不思議なもので、自信のあるボールをヒットされたり、味方にエラーが続いたり、点を失ってしまうと無意識のうちに力んでしまうものです。自分では力を抜いて投げているつもりでも、投げるボールは素直です。力んでしまうことで、徐々にボールの質が低下していってしまうのです。

試合を通して、どんな状況であってもリラックスして投球できるように、あらかじめルーティンを考えておくのも良いかもしれません。例えば打たれたり、エラーが出た直後は必ずロジンバッグを握って間を置いたり、一度マウンドを降りてマウンドを一周してみるとか。そのようなルーティンを作っておいて、いつでも自発的にリラックスしていける投手になれれば、打たれたとしてもすぐに立ち直れる投手へと進化していけるはずです。

力んで投げて良いことなど、実は投手にとっては一つもありません。最初から最後までどれだけリラックスした腕の状態で投げられるか、それが何よりも大切なことなのです。