タグ「球威・球速アップ」が付けられているもの

今回の投手育成コラムでは、フリーフットを作った後の非軸脚の動かし方、特にランディングについて解説してみたいと思います。まずランディングの善し悪しは球速に直結していきますので、非軸脚の振り上げは勢いよく高く上げる必要があります。

投手の非軸足の着地は、飛行機の着陸と同じ

非軸足を着地させる動作のことをランディングといういうわけですが、このランディングを、フリーフットを作った後、地団駄を踏むように真上から降ろしてしまっている投手をよく見かけます。しかしこのランディングは垂直方向から降ろしてはダメなんです。なぜならボールはキャッチャーミットに向かって投げたいので、エネルギーを真上から真下に向かって使っても、球速に良い影響を与えることはできないんです。

フリーフット後の非軸脚は、キャッチャーミット方向に向けて、斜め前方に向けてランディングさせていく必要があります。飛行機のランディング(着陸)とまったく同じですね。前方へ進みながら着地させていく動作です。ただし、飛行機はそのまま前へ走っていきますが、ピッチングの場合は斜め前方に向けて着地させつつも、ランディングしたその瞬間に急ブレーキをかける必要があります。ここでブレーキをかけられないと上半身が簡単に前に突っ込むようになります。

位置エネルギーは球速アップに直結していく

非軸足がランディングした際の衝撃のことを位置エネルギーを言います。この位置エネルギーが球速に直結していくんです。つまり位置エネルギーが強ければ強いほど、球速もアップしやすいということです。位置エネルギーを簡単に説明しておくと、物を上から落とす際は、低いところから落とすよりも、高いところから落とした方が、落とした際の衝撃は強くなります。この衝撃を位置エネルギーと呼びます。

そしてこの位置エネルギーを投球方向に使っていくためにも、非軸足はヘリコプターのように垂直にランディングさせるのではなく、飛行機のように前方に向かいながらランディングさせていく必要があります。そして踵から着地するのでもなく、つま先から着地させるのでもなく、足の裏全体を同時にランディングさせていきます。この点に関しては頭を浮かせながら着陸する飛行機とはちょっとだけ違ってきます。

ランディングが垂直方向に動くと上半身は突っ込む

フリーフットから並進運動を経てランディングを迎えていく一連の動作の中で、ランディングが垂直方向になりやすい形になってしまうと、膝が前に出るようになり、上半身の突っ込みを防ぐことができなくなってしまいます。上半身が突っ込めば球速は低下してしまいますし、リリースポイントも打者に近づけることができず、仮に速いボールを投げても打たれるようになってしまいます。

そうならないためにも、フリーフットからランディングにかけての一連の動作は遠回りさせることなくコンパクトに、そして勢いよく前方に向かいながらランディングさせ、ランディングさせたらその瞬間に非軸脚を完全にロックしてしまうことが大切なのです。このロックをかけることができないと、非軸脚は上半身を突っ込ませるための形になってしまうため、球速も制球力も低下します。そうならないためにも、今回お伝えした動作をできるように練習を繰り返してみてください。

近年、ストレートの質はスピードガンに表示される数字そのものではなく、回転数が非常に重要であることが適切に理解されるようになってきました。しかしだからと言って、回転数が多ければ万事OKという訳ではありません。回転数が多かったとしても、回転軸の傾きが大きければストレートの質はどんどん低下していってしまいます。

回転軸の傾きは5°程度がベスト

結論から言うと、ストレートの回転軸は左右に真っ直ぐ水平になっている状態が最高です。左右のタイヤを繋ぐシャフトと同じような状態ですね。この回転軸の角度によって回転数を増やすことができた時、ストレートの伸びを向上させられるようになります。つまりマグナス力が働き、ホップ成分が多いストレートになるということですね。

とは言え、完璧にタイヤのシャフトのような回転軸の角度にすることはなかなかできません。火の玉ストレートを投げていた全盛期の藤川球児投手の回転軸の傾きは5°程度で、これくらいの傾きがピッチングでは最上級の角度の抑えられ方だと言えます。

初速と終速の差が小さいとストレートに伸びが生まれる

この回転軸の傾きが10°以上になっていくと、水平から遠ざかれば遠ざかるほどマグナス力が低下し、伸びのないストレートになってしまいます。伸びがないストレートとは、初速と終速の差が5kph以上になってしまうストレートのことです。例えば初速160kphだったとしても、終速が150kphだったとすれば、これは非常に打ちやすいボールになってしまいます。

一方初速130kphで、終速が128kphだったとすれば、このストレートは上述した初速160kphのストレートよりも遥かに打ちにくいストレートとなります。初速と終速の差が小さければ、130kphという球速であっても簡単にバッターを振り遅らせることができます。ホークスやメジャーで活躍する和田毅投手のストレートは、まさにこの類の質の高いストレートだと言えます。

回転数と回転軸の改善は上半身では行えない

回転軸の傾きを5°程度で抑え、そこからさらに回転数を増やすためには非軸脚側の股関節の動かし方が何よりも重要となります。この股関節を適切に動かさなければ肩関節の内外旋も良い形になってくれることはなく、回転軸は大きく傾いてシュート回転やスライダー回転となってしまい、まったく伸びのないストレートになってしまいます。ちなみにこの股関節を適切に使えるようになると、サイドハンドスローから投げてもストレートはきれいにバックスピンするようになります。

つまり小手先で回転軸や回転数を改善しようとしてもできないということです。踏み込んだ足を適切な場所で、適切な向きにした状態でしっかりと踏ん張り、非軸脚側の股関節を最大限の幅で内旋させられるようにならなければ、回転軸も回転数も改善されることはありません。ですので回転軸や回転数を改善させたい場合は、まずは踏み込んだ足の踏ん張りと、非軸脚側の股関節が内旋している幅を確認するようにしてください。この2ヵ所が良い形でなければ、この2ヵ所を改善するだけでも回転軸と回転数を改善させられるはずです。

ホップするストレートとは、ホップしているように見えるだけで、本当はホップなんかしないというのは本当なのでしょうか?結論から言います。ストレートをホップさせることは可能です。

ストレートをホップさせることは可能です!

ストレートは重力によって、多少なりとも垂直方向に沈んでいきます。そのため真っ直ぐ水平に飛んでくるストレートを見ると、打者はホップしているような錯覚に陥ります。確かにこれは事実です。ストレートの質が高ければ、実際にホップしていなくても、ホップしているように打者が感じることがあります。しかし実際にホップさせることも可能なんです。

ただし、球速が速いピッチャーのストレートをホップさせることはできません。ホップさせるのであれば、ボールの種類にも拠りますが、100〜110キロという球速が必要です。これが120キロ以上になってしまうと空気抵抗が大きくなり、次に実際にホップさせるためには200キロ前後の球速が必要になります。これは空気抵抗の大きさとマグナス力の相互作用に拠るためです。

軟式野球は実は簡単にホップさせられる!

草野球選手の受講生で僕のコーチングを受けた際、僕とキャッチボールをして僕のボールがホップしているのを見たことがある方はたくさんいらっしゃると思います。軟式球の場合、100キロ程度のキャッチボール時のボールで、バックスピンの傾きが5度程度で、さらにそのバックスピンを増やすことができると、ストライクゾーン高めのボールを比較的簡単にホップさせられるんです。

M号ではなく、さらに軽いJ号であれば、大人ならもっと簡単にホップさせられます。ただし腕力に頼った投げ方ではバックスピンの質を向上させることはできませんので、ホップさせることもできません。股関節を適切な動かし方で最大限の幅で動かし、スローイングアームをコンパクトに振っていくことができると、バックスピンの質を向上させることができます。

江川卓投手のストレートは本当にホップしていたのか?!

「江川投手のストレートはホップしていたはずだ」と言う方もいらっしゃいますが、江川投手のストレートはホップしていなかったと思います。さらに言えば藤川球児投手のストレートも同様で、あくまでもホップしているような錯覚に陥っていただけだと思います。その理由は、江川投手や藤川投手のような150キロの豪速球の場合、空気抵抗の大きさがボール1個分の質量に相当し、マグナス力はバックスピンが最上級だったと仮定しても、ボール半個分未満の力しか得られません。

つまりホップさせるための要素であるマグナス力と、失速させる空気抵抗の割合がボール約0.4:1個分となり、物理的に野球のボールをホップさせることは限りなく不可能に近いと言わざるを得ません。これが100キロ程度だと、マグナス力と空気抵抗の割合がボール0.5:0.6個分と拮抗し、マグナス力によってボールを上に曲げることが物理的に可能になるんです。

草野球選手にこそ目指してもらいたいホップするストレート

上記のような理由から、草野球選手こそホップするストレートを目指していくべきだと思います。M号で100〜110キロ程度のストレートを投げられる投手であれば、バックスピンの質を向上させればすぐにホップさせられるようになるはずです。個人的な感触としては、M号よりもA号の最終形が一番ホップさせやすかったです。恐らくボールの重さが関係していると思います。M号よりA号の方が2グラム軽いですからね。

とは言えM号をホップさせることも十分に可能です。最初はA号で練習し、A号をホップさせられるようになったらM号に挑戦する、というやり方も良いかもしれませんね。A号の場合、試合球より練習球の方がホップさせやすかったです。もしまだA号の練習球を持っている方は、股関節のモーションを調整し、バックスピンの質を向上させ、ぜひ実際にホップするストレートを投げられるようになってください!

球速というのは、コツさえ理解することができれば比較的かんたんにアップさせていくことができます。しかし球速をアップさせられるフォーム、もしくは球速を低下させている原因を知ることができなければ、筋力を増やしても球速はすぐに頭打ちしてしまうでしょう。

球速をアップさせるための最初のコツ

球速をアップさせられるフォームを習得するコツ、それはまず支点を安定させるということです。右投手なら左股関節、左投手なら右股関節が支点として機能します。この支点のスタビリティ(安定感)が低下してしまうと、ボディスピン(軸の回転)が弱くなってしまい、スローイングアームを鋭く振ることが難しくなります。また、振れたとしてもブレが大きくなってしまい、球質が低下してしまいます。

では支点(股関節)はどうやって安定させればいいのでしょうか?ポイントは、非軸足をランディング(着地)させた瞬間から、支点となる股関節の位置を移動させずに使う、ということです。支点は位置を固定することで初めて支点として機能し始めます。しかしランディング以降で股関節の位置を移動させながら投げてしまうと、股関節を支点として使うことができず、腕力に頼った投げ方をせざるを得なくなってしまいます。

支点がブレれば軸も同時にブレる!

また、支点が移動してしまえば軸も同時に移動してしまいます。軸は、支点側のポイントは支点同様に移動させてはいけません。軸のエンドポイントが両側とも移動してしまうと、軸も軸として機能しなくなり、ボディスピンはどんどん弱くなってしまいます。

一般的には、球速をアップさせるためのコツを知ろうとするよりも、球速を低下させている原因を的確に見つけるコツを掴んでいった方が、球速はアップさせやすくなり。と言うよりは、球速が低下しにくいフォームを身に付けられます。

球速をアップさせる前にロスしない!

球速をアップさせるコツは、まず球速をアップさせるその前に、球速を低下させないということです。球速が低下する原因が多数投球フォーム内にあるうちは、球速をアップさせたくてもなかなかアップしていかないはずです。ですのでまずは球速を低下させている原因を探すようにしてみてください。そうすれば球速をアップさせる前に、ロスしていた球速を取り戻せるはずです。

球速をアップさせるよりも、球速をロスしない、これこそが球速をアップさせるための最大のコツだと言えいます。でもロスしている原因を的確に見つけることができない選手がほとんどですよね?そういう場合はぜひ、僕のコーチングじゃなくても構いませんので、どこか有能なコーチが在籍している野球塾の門を叩いてみてください。そうすれば球速をロスしている原因と改善方法をすべて正確に教わることができるはずです。

ボールに角度をつけるために肘を高くして投げようとしている選手、いらっしゃいませんか?しかしこの時肘の上げ方を間違ってしまうと、角度をつけて球威のあるボールを投げられるようになるどころか、簡単に野球肩になってしまいますので注意が必要です。


右投手なら左肩・右肩・右肘(左投手なら左肘)を一直線で結んだラインは決して崩してはいけません。両肩を結んだライン、つまり肩線分の延長線上よりも肘が上に上がってしまうと、肩関節への負荷が非常に大きくなってしまいます。人間の体というのは根本的に、腕を肩よりも高く上げるようには設計されていないんです。そのため体が硬くなったり、歳をとったりすると痛くて腕が肩よりも上がらなくなることがあります。

肘の高さを上げてボールに角度をつける際は、両肩と肘を結んだラインの一直線は変えずに、背骨を強いスクロールによってリーディングアーム側に傾けることによって角度をつけるようにしてください。つまりオーバーハンドスローで投げる、ということですね。

両肩と肘を結んだラインが一直線ではない状態でボールを投げ続けてしまうと、簡単に野球肩・野球肘になってしまいます。ですので肘の高さは腕を上げることによって高くするのではなく、背骨をリーディングアーム側に傾けることによって高くするようにしてください。

ちなみに角度をつけようとしてさらに、肘を伸ばし切ってしまうとこれも故障の原因になりますのでご注意ください。

投球動作というのは、家と同じです。土台がしっかりしていない家は、強風やちょっとした地震でも崩れてしまいます。投球動作もまったく同じなのです。土台が安定していない投球動作では、土台以外の部分をいくら気をつけたとしても、根本的に投球動作が改善されることはありません。ですので根本的に制球力が向上したり、球速がアップすることもないわけです。


土台が安定しているかどうかをチェックする方法は簡単です。ボールを投げた後、非軸脚だけで5秒間安定して立てるかどうかです。そして立つ時の姿勢は、(1)顔は正面を向ける、(2)上半身と軸脚の太ももは水平にする、(3)軸足(足部)は最低限ベルトよりも高く、できれば頭より上にあげる。この3つの姿勢を揃えた上で、非軸脚側の股関節の上に乗っかるという意識で、投球後に5秒以上立ってみてください。

傾きながらの5秒や、ふらつきながらの5秒ではダメですし、バランスを取る練習にしてしまってもダメです。上記の姿勢で非軸脚側の股関節に乗っかるという意識で、ふらつかずに5秒以上立てるようになってください。この非軸脚が投球動作の土台になりますので、安定して5秒以上立てれば土台は安定していると判断して良いと思います。

そして5秒以上立てる非軸脚の形を作ることができると、体重移動を完了させられる動作環境も同時に整えることができます。逆に5秒立てない非軸脚では体重移動を完了させられず、中途半端な体重移動になってしまう分球速がアップすることもありません。そして土台が安定していなければ、その上で動かす運動軸も安定しなくなりますので、球速がアップしないだけではなく、軸がぶれる分制球力も低下することになります。

全力投球で5秒立つ必要はありません。8〜9割くらいの力加減で投げて5秒立てればOKです。5秒立てない選手であれば、余裕で5秒立てるようになるだけでもパフォーマンスは向上するはずです。ぜひ普段の練習に、この5秒立ちを取り入れてみてください。

今回の投手育成コラムでは、球速をアップさせるための方法を少しお話ししてみたいと思います。球速をアップさせること自体はそれほど難しいことではありません。アップさせるための必要な技術というのは明確な理論で複数ありますので。難しいのはその技術を身につけられるかどうか、ということです。言い換えると、球速があまりアップしなかった過去のモーションを一度忘れて、良い動作を体に入れ直すことができるかどうか、ということになります。これができるかどうかであり、実は1つ1つの動作というのはそれほど難しくはないのです。


さて、それでは本題に戻ってテコの原理について話していきたいと思います。球速をアップさせるためには必要なモーションの1つとなります。野球用語で投げる側の腕をスローイングアーム、グラブ側の腕をリーディングアームと言います。テコの原理はリーディングアームが力点スローイングアームが作用点、そして軸が支点となります。ちなみに軸というのはスローイングアーム側の肩と非軸脚側股関節を結んだラインが投球・送球時の軸となります。軸は背骨ではありませんので注意が必要です。背骨を軸として使ってしまうと肘が下がりやすくなり、オーバーハンドスローでもサイドハンドスローでもボールにバックスピンを与えられなくなりますので、球質は大幅に低下します。

さて、投球時にテコの原理を使うことは非常に簡単です。リーディングアームをキャッチャーミットに向けて突き出す動作をエイミング、そこから巻き取る動作をスクロールと言うのですが、このスクロールを強くすることによって軸のスピン(ボディスピン)を鋭くし、スローイングアームの加速度をアップさせることによって同時に球速のアップを目指していきます。ちなみにこの時踏ん張りが弱く、股関節を上手く使えていない状態だと軸が安定しませんので、テコの原理も上手く作用しなくなります。

投球時のテコの原理とは、平たく言うと良いモーションによってリーディングアームで動作全体を強く引っ張る、ということになります。これが良い形で実現されていくと球速はアップしやすくなります。スローイングアームというのは、実はいくら一生懸命振っても球速アップには大きな影響は与えられないのです。なぜなら150キロのストレートを投げているピッチャーの手部の加速速度を計測しても、せいぜい110キロくらいだからです。120〜130キロのストレートを投げている際でも手部の速度はだいたい100キロ程度となります。

なので球速をアップさせるためにはスローイングアームを一生懸命振ることはもうやめて、まずはテコの原理を上手く使えているかどうかをチェックしてみましょう。もし自分でチェックの仕方がわからなかったり、間違ったやり方で練習することは避けたいという場合は、ぜひピッチングマスターコースに通ってみてください。

今回の投手育成コラムでは球速と回転に関して少しお話をしてみたいと思います。スポーツニュースではインパクトがあるため球速表示ばかりが報じられますが、しかし実際に重要なのは球速以上に回転の質なのです。


理想の回転とはもちろん垂直の回転方向でバックスピンをさせ、その回転数を少しでも多くすることです。ちなみに全盛期の松坂大輔投手のストレートが1秒間に41回転前後で、藤川球児投手が45回転くらいでした。これが一般的なプロ投手になると30〜35回転程度になります。つまり全盛期の藤川球児投手の回転数は、一般的な1軍レベルの投手よりも10回転も多かったということです。この回転数が火の玉ストレートの根源になっていたわけです。

では一般的なプロレベルのストレートを例に話を進めていきましょう。例えば150キロで35回転のストレートと、140キロで35回転のストレートとでは、どちらが打ちにくいと思いますか?普通に考えれば球速が10キロも違いますし、150キロというのは相当速いストレートになると思います。しかし実際に打者が打ちにくいのは140キロで35回転のストレートなのです。同じ回転数であれば、球速が遅いほど打者は差し込まれるようになります。

バックスピンというのはマグナス力という揚力を生み出し、ボールの下垂を防ぐわけですが、ここで重要なのは空気抵抗です。140キロと150キロとでは、150キロの方が空気抵抗はずっと大きくなります。つまりマグナス力(回転数)が同じであれば、球速が速いほど空気抵抗が大きくなり、初速と終速の差が広がることにより打者が打ちやすくなってしまうのです。さらに言えば、130キロで35回転であれば相当打ちにくいストレートになるということです。

例えば和田毅投手のストレートなどはこの種の球質となります。そのために130キロ台のストレートでも空振りを多く奪うことができたのです。ちなみに和田毅投手は、私と同じようなパーソナルコーチと契約しており、そのコーチのアドバイスによりハイレベルのパフォーマンスを実現させられています。

これが例えば140キロで35回転と、150キロで40回転であればもちろん後者の方が打ちにくくなります。回転数が増える分マグナス力が大きくなり、空気抵抗に負けにくい状態になるためです。

もし野球が陸上のような個人競技であれば、1キロでも速いストレートを投げることが重要になると思います。しかし投手の仕事は速いボールを投げることではなく、アウトカウントを増やすことです。そう考えるならば、実は球速アップよりも回転量と回転の質を向上させる方がはるかに重要なのです。

なお回転量と回転の質を向上させるためには、非軸足側の股関節の使い方が重要となり、ここを適切な形で使えていないと回転数はなかなか増えていきませんし、回転軸も垂直からどんどん遠ざかってしまい、スライダー回転に近づいてしまいます。ちなみにバックスピンストレートはオーバーハンドスロー、スリークォーター、サイドハンドスロー、アンダーハンドスローのどの投げ方でも投げることは可能です。ただし、股関節を適切に使えていることが条件となります。

当野球塾のピッチングマスターコースでは、股関節を使い方を改善することによって球質を最適化するという内容のコーチングを行なっています。ストレートの回転の質、回転数を向上させたいという方は、ぜひピッチングマスターコースに通ってみてください。

球速アップは投手であれば誰もが望むことだと思います。150キロのボールを投げられないよりは、投げられた方が良いのは当然です。150キロを投げられる投手の140キロと、140キロしか出ない投手の140キロとでは球質も大きく変わり、もちろん前者のストレートの方が打者は厄介に感じるようになります。


世の中には球速アップを唱う教則本や教則DVDが数え切れないほど市販されています。わたしもそのうちのいくつかを過去に拝見させてもらったことがありました。いや、でもそれにしても教則DVDは高いですね!球速アップに関する情報商材というものもあるそうですが、中には数万円するものもあるようです。

それらを拝見しとにかく気になった点は、球速をアップさせることばかりが述べられており、怪我をしにくい投げ方が詳しく解説されているものは、わたしが手に取った物の中では皆無でした。それどころか、怪我をするリスクが高いフォームを教えているものも数多くありました。元プロ野球選手が監修しているものも同様でした。きっと引退された後もスポーツ指導には絶対不可欠な解剖学や物理学などを勉強せずに書かれたのでしょう。しかし野球を続ける上で最も大切なことは怪我をしないということです。例え球速がアップしたとしても、怪我をしてしまっては無意味です。

筋肉の鍛え方、スローイングアームの振り方などで確かに球速は多少アップさせることができます。しかしそこに頼ってしまうとスローイングアーム側の肩肘に大きな負荷がかかる投げ方になってしまい、野球肩・野球肘になるリスクを高めてしまいます。これはコーチングの中でもお伝えさせていただいていることなのですが、実は怪我をしにくい良い投げ方こそが、最も球速・制球力がアップしやすい投げ方なのです。

当野球塾ではそのためのフォーム作りを、小学生から大人まで徹底してコーチングしています。ちなみにまだ癖が染み付いていない小学生世代が、動作改善の速度は一般的には最も速くなります。年代が上がるほど時間がかかるようになるのが一般的です。

当野球塾に通い出してから肩や肘に痛みが出なくなったという選手が大勢います。しかしこれは決して凄いことではなく、コーチング中に教わったことを普段の練習で正しく復習してもらえれば、誰にでも起こることなのです。

球速アップで重要なのはストップモーションであり、腕を振る強さではありません。150キロのストレートを投げた際のスローイングアームが振られる速度は、速くても110キロ以下です。つまりいくら一生懸命腕を強く振ったところで球速はほとんど変わらないのです。

シートベルトをせずに車に乗っていると想像してください。その車が対向車と正面衝突してしまったとしましょう。シートベルトをしていなければ、凄い勢いでドライヴァーは前方へと飛ばされてしまいます。この物理メカニズムと、球速アップのメカニズムはまったく同じなのです。

自分が乗っている車が自分のステップする側の脚、対向車が地面、ドライヴァーがボールです。車同士が勢い強くぶつかるほど、ドライヴァーも勢い良く吹っ飛ばされてしまいます。ピッチャーであれば、ステップする足の着地(位置エネルギー)が強くなり、その脚が鋼鉄の車体のようにハードに、上半身を突っ込ませないためのつっかえ棒として機能すれば、ボールが前方へと飛んでいく勢いを簡単にアップさせることができます。つまり球速がアップするということですね。

球速アップというのは必ず下半身の動作を主体にし目指していく必要があります。そうしなければ必ず肩か肘を痛めてしまいます。肩は消耗品、などとはよく言いますが、それはあくまでも肩に負担がかかる投げ方をしているからです。しかしそうではなく、肩肘への負荷が少ないフォームで投げていれば、よほどの投球過多でない限りは簡単に肩肘を痛めることはありません。

当野球塾ではとにかく怪我をせずにパフォーマンスをアップさせられる投げ方の指導を、2010年1月以来続けています。肩肘を痛めた経験がある方、もしくは今後痛めないように良いフォームを身につけたい方は、迷わずに一度、当野球塾の無料体験コーチングを受けにいらしてください。

球速アップとは現在最速120キロを、最速130キロにすること。この考え方は間違いです。もちろん数字的に、もしくは言葉的には間違っていません。しかし野球のスキルアップという観点からすると、この「考え方」は間違いです。正しくは、現在全力で投げて120キロの球速を、80%の力で投げられるようにすること。これこそが球速アップの正しい考え方であり、当野球塾でも変わらずに貫いている点でもあります。


ダルビッシュ有投手の言葉を借りるならば、筋肉量を増やし、少ないエネルギー量で筋出力を上げて球速アップを図る。これも球速アップの一つの方法ではありますが、当野球塾に於いては筋肉には頼らず、あくまでも技術向上により小さい出力でも球速をアップさせられる流れでコーチングを行なっています。

ストレートというのは数ある球種の中で、肩肘にかかる負荷は最も大きくなります。その理由は単純に、球速が一番速いからです。例えばストレートを100球投げるとかなり疲れますが、セーフティカーヴとも呼ばれるドロップを100球投げてもそれほど疲れません。体の構造に乗っ取った適切な動作でボールを投げられれば、実は変化球を投げても肩肘にかかる負荷は大きくならないのです。逆に体の構造に反した動作で投げてしまうと、変化球を一切投げていなくても簡単に肩肘を痛めるようになってしまいます。

肩関節は上下内外転、水平内外転、屈曲・伸展、内外旋と様々な動きができるわけですが、この中で投球時に使うのは内外旋のみです。セット(もしくはワインドアップ)からテイクバックに向かう際に、肘を肩線分上に入れるために少しだけ外転動作が入りますが、これは慣性(振り子の原理)によって行います。それ以降ボールを握っている間は内外旋動作しか使いません。

そしてこの内外旋には正しい順番があります。セットポジションから数えていくと外→内→外→内という順番になります。ですが少年野球の指導現場のほとんど99%は、2つめの外、つまりトップポジションを外旋ではなく内旋させるように教えてしまっているんです。本屋さんで売られている一般的な野球教則本の多くにも、体の構造に反した動き方が説明されてしまっています。

結論として何を言いたいのか?それはいくら筋肉量を増やしたところで、そこに技術がなければ意味はないということです。いくら筋肉を増やして球速をアップさせたとしても、怪我をしやすい投げ方をしていてはまったく意味がありません。

逆に体の構造に則った投げ方ができれば、球速をアップさせられる多数の技術を身につけられるようになり、筋肉に頼らなくても球速をアップさせられるようになります。ただし筋力トレーニングは必要です。良い投げ方で球速がアップしてきたら、筋肉を増やすことによって速球からの負荷を軽減させる必要があります。つまり筋肉は球速アップの道具ではなく、アップした球速からの負荷に耐えるためのプロテクターというわけですね。

球速が目に見えてアップしてきたら、高校以降で本格的な筋トレを始めれば良いと思います。中学生のうちは体育の授業でやるような基本的な筋トレのみにし、体の成長を筋肉で縛りつけないことが大切です。そして小学生に関しては筋トレは必要ありません。小学生のうちは敏捷性がアップしやすいので、それに関連したトレーニングをメニューに加えていくと良いと思います。

当野球塾に通っている選手たちも、プロアマ問わず95%以上もの選手が肩関節の内外旋が逆、もしくは一部間違っています。そして内外旋以外の不必要な動作を多く入れてしまっていることで怪我のリスクを高め、パフォーマンスを低下させてしまっています。プロもアマも同様ということを考えると、やはり小学生のうちから正しい投げ方を身につけることが大切だと言えます。いえ、違いますね。小学生のうちに大人が誤った投げ方を教えないということが何よりも大切です。

このコラムでもこれまで幾度となく書いてきましたが、球速は筋力アップによって上げるものではありません。確かに筋力アップをすれば、良くないモーションで投げたとしても腕を振る動きを速くすることができ、球速をアップさせることはできます。しかし初速と終速の差は大きくなり、スピードガン上の速度は上がったとしても、打者が感じる体感速度は低下してしまいます。さらには腕主体で投げてしまうため、怪我のリスクも大きくなります。


では球速はどうやってアップさせるものなのか?球速をアップさせるメカニズムは車の急ブレーキと同じメカニズムです。車を100キロのスピードで走らせていたとします。すると突然人が飛び出してきて急ブレーキを踏みます。何とか歩行者の前では止まれたものの、しかしもしこの時シートベルトをしていなかったらドライバーはどうなるでしょうか?ご想像の通りです。フロントグラスを突き破り、すごい勢いで吹っ飛んでいきます。みなさんはそうならないように、シートベルトはちゃんとしてくださいね。

さて、車の急ブレーキと球速アップにどんな関係があるのか?ピッチャーの急ブレーキはランディング以降の非軸足で行います。並進運動を良い形で行って、ランディング以降で非軸足で急ブレーキをかけることができると、並進運動が急速な動きの回転運動に変身するんです。この鋭い回転運動が手に持ったボールを最大限加速し、球速がアップするんです。

ソフトボールのピッチャーをご存知でしょうか?球速をアップさせるために下から振ってきた手を太ももにぶつけて急ブレーキをかけます。手を太ももにぶつけるのとぶつけないのとでは、ソフトボールの球速は大幅に変わってきます。

野球のピッチャーの場合は腕は下半身よりも上部で振りますので、非軸足でブレーキングしていきます。非軸足の膝がランディング直後からすぐに伸びていってしまうピッチャーがいますが、これはブレーキングできていない動きですので球速はアップしません。また、このタイミングで膝が伸びてしまうとハムストリングスという大きな筋肉を球速に対して影響させられなくなります。

筋肉量はまったく同じだったとしても、今まで非軸足でブレーキングできていなかった投手ができるようになるだけでも球速はアップします。しかも腕を振るための腕の力を使う必要がありませんので、肩肘を痛めるリスクも軽減させることができます。さらに重心も上がりにくくなりますので、ストライクゾーンの低めに伸びのあるボールを投げられるようにもなるんです。

筋肉を増やしていくら球速をアップさせても、打者が打ちやすいボールではまったく意味がありません。投手の仕事は速いボールを投げることではなく、打者からアウトを取ることですので。もし今まで体格や腕力に頼ってファストボールを投げようとしていたならば、今日からはブレーキングによって自然と球速がアップする良い投げ方のマスターを目指して頑張ってください!

野球場に設置されているスピードガン表示に、選手自身は一喜一憂してはダメです。試合中に表示される球速はファンを楽しませるものであり、選手が気を遣わなければならないのは球速のもっと他の部分です。試合中に例え150キロと表示されたとしても、その球速によって試合に勝てるかどうかというのはまったくの別問題なのです。


初速と終速という言葉は多くの方がご存知だと思います。初速とはボールがリリースされた直後の球速で、終速とは打者の手元まで来た際の球速のことです。ピッチャーにとって重要なのはこの初速と終速の差を小さくすることです。すると伸びのあるストレートになり、球場で計測された球速が例え遅かったとしても簡単に空振りを取れるようになります。例えばホークスの和田毅投手のように。

近年は高校生を中心に、技術ではなく筋トレによって球速をアップさせるという考え方が主流になっています。しかしこれは大きな間違いです。「技術<筋力」という考え方で球速をアップさせると、確かに筋出力によって見た目の球速はアップさせられますが、それはあくまでも初速だけです。筋力とは、技術あってこその筋力なのです。

例え初速150キロのボールを投げられたとしても、終速が135〜140キロではまったく意味がありません。これでは打者にとっては失速してくる打ち頃のストレートでしかなくなります。

失速しないボールという話題になるとジャイロボールの話題も出てくるかとは思いますが、ジャイロボールの習得練習はオススメできません。確かにジャイロ回転で150キロのボールを投げられれば最強だとは思います。しかしオーバーハンドスローで150キロのジャイロボールを投げることは、物理的にはもちろん可能であっても、人体的にはほとんど不可能だからです。

ジャイロ回転のボールを投げることは誰にでもできます。しかし力強いボールにジャイロ回転を与えることはほとんどできず、それでもジャイロ回転にしようとすると腕が遠回りするようになり、スピンの数も制球力も低下してしまいます。ジャイロボールはサイドハンドスローやアンダーハンドスローの、遅いストレートを武器にした投手限定の球種と考えた方がいいと思います。

さて、話を初速終速差の小さいストレートに戻すと、このようなボールを投げるためにはとにかく下半身の使い方が重要となります。下半身が適切に使われ、それによって体幹が機能し始めると、スローイングアームは下半身と体幹によって受動的に振られるようになります。すると腕が遠回りすることがなくなり、肩肘を痛めるリスクも軽減され、バッススピンの角度が垂直に近くなり、マグナス力が大きくなることによって初速と終速の差が小さくなっていきます。

ちなみにサイドハンドスローのピッチャーであっても、下半身と体幹を適切に使いこなせていればストレートは軸が垂直に近いバックスピンになっていきます。しかしただ腕を横から出して横から振っているだけではサイドスピンのボールしか投げられませんので、スピードも伸びもあるストレートを投げることはできません。なお適切な形で投げられた際、最も球速を出せるのはサイドハンドスローとなります。

確かに手を真上に上げて投げればバックスピンのボールを投げることは簡単です。しかしスローイングアームの肘が肩線分よりも高く上がってしまうと肩肘への負荷が一気に大きくなり、故障の原因になります。

投球動作にはとにかく土台が必要です。下半身を適切に使って土台を安定させられなければ、質の良いストレートを投げることはできませんし、故障のリスクを軽減させることもできません。だからこそ当野球塾のコーチングでは、はじめのうちはとにかく土台作りを徹底して行うようにしているのです。

土台さえしっかり安定させてしまえば、その上の動作を改善することも容易になります。しかし土台が不安定な状態で上半身の動きだけを修正し安定させようとしてもこれは不可能です。例えその場ではできたとしても、翌日にはまた元に戻っているはずです。家と同じですね。土台がしっかりしていなければ、風や小さな地震によって家はあっという間に壊されてしまいます。

投球フォームが簡単に壊れないように、指導者は下半身と体幹の適切な使い方をバイオメカニクスという観点からしっかりと学び、それをコーチングに活かしていく必要があります。バイオメカニクスをまったく理解していないコーチがあれこれ教えてしまうと、教えられた選手はパフォーマンスが強くなるほど肩肘を故障する確率は高くなっていきます。また、初速と終速の差が小さいストレートを投げることもできなくなります。

初速150キロ/終速140キロのストレートよりも、初速130キロ/終速128キロのストレートの方がバッターははるかに打ちづらいのです。このことをしっかりと理解することができないと、初速だけはどんどん速くなっても故障せずに勝てる投手になることはできません。これをなかなか理解できない甲子園を沸かせた投手たちが、実はプロ野球の世界では数え切れないほどくすぶってしまっているのが現実なのです。では彼らに投げ方を指導したのは一体誰だったのか?!

投手が投げるボールは、速いよりも伸びがある方が打者を抑えやすくなります。伸びがあるストレートというのは、投げた瞬間の初速と打者の手元での終速の差がほとんどないボールのことです。これにはバックスピンの回転数と、スピンそのものの回転角度が関係してくるのですが、適切なオーバーハンドスローの形で投げることができれば、伸びのあるボールを投げることも決して難しいことではないのです。


時々肘を肩よりも上に上げてボールリリースを迎え、それによってバックスピンをかけようとする投手がいますが、これは間違いです。確かにバックスピンをかけることはできますが、これではスピンの回転数は増やしにくく、さらには肘を肩よりも上に持っていくことで肩肘にかかるストレスも非常に大きくなってしまいます。

伸びのあるボールを投げる利点ですが、膝下いっぱいの低さに投げた場合、打者は「低い」と判断し見逃します。しかしボールがお辞儀しないので審判のコールは「ストライク」となります。逆に高めに投げれば打者の予想以上の高さを通過することになりますので、簡単に空振りを奪えるようになります。

ストレートの伸びは、実は球速が上がれば上がるほど低下しやすいんです。その理由は球速が100km/hだった場合にかかる空気抵抗はボールの半分程度の重さなのですが、150km/hになるとボール1個分の重さが空気抵抗の大きさになってしまうためです。

そしてマグナス力で言えば、110km/hを超えていくとマグナス力はどんどん低下していき、その後再浮上はするのですが、110km/hの時と同等のマグナス力を得られるのは時速200km/hに到達した時となります。ですが現代の人類のパフォーマンスでは200km/hは投げられませんので、伸びのあるボールを投げるためには130〜140km/h程度が実は望ましいと言えるのです。

例えばかつて活躍した星野伸之投手のストレートは120km/h台でしたが、プロでは176勝を挙げています。球速ではなく伸びで抑えるという素晴らしい手本を見せてくれた投手です。

ストレートの伸びを維持するためには、アヴェレージは140km/h程度が望ましいと考えられます(硬式トップレベルの場合)。現役投手で言えば岸孝之投手が投げるボールは、140km/h前後であっても非常に伸びのある空振りを取れるストレートとなっています。140km/h前後であれば、空気抵抗はボールの重さよりも小さく抑えることができますので、伸びの著しい低下も防ぐことができます。

逆に150km/hを超えていくと空気抵抗はボール1個分よりもさらに大きくなっていくため、初速と終速の差は大きくなります。ですが初速が速い分抑えられるという考え方もできますので、150km/h以上のボールを投げるべきではない、ということではありません。

ちなみにホップするストレートを投げることは現実的に可能です。特に軟式球で100〜110km/h程度で、きれいなバックスピンをかけ、スピンの回転数を増やせる投球動作を身につけられれば、本当にホップするストレートを投げることはできます。草野球選手であれば挑戦すべきだと思います。

当野球塾に通われている選手の中でも小中学生、草野球選手でホップするストレートを投げられるようになった投手が多数誕生しています。適切な知識で適切な投球動作を身につけることができれば、そのようなストレートを投げることは決して難しくはない、ということなのです。

しかし体の構造に適していない投げ方をしてしまうと肩肘を壊したり、パフォーマンスが低下してしまうことになります。そうならないためにも、ぜひ適切な基礎、適切な技術を身につけるように心がけてください。そうすれば将来歳を取った時も怪我なくプレーし続けることができるはずです。

上半身が突っ込んではいけないということは、きっとどの選手でもご存知の知識だと思います。上半身が突っ込むとボールを加速できる距離が短くなる分球速が低下してしまい、球速が低下してしまうがために腕力を使って投げる癖が付いてしまうんです。上半身が突っ込んで起こる良いことはひとつもありません。


ではどのような状態を、上半身が突っ込むと言うのでしょうか。目安はランディングです。ランディングとは振り上げた非軸足を着地させる瞬間のことです。ランディングを迎えた瞬間に、背骨がどれだけ垂直を保てているかが、上半身の突っ込みの有無となります。

ランディングの瞬間に背骨が大きく捕手側に傾いていれば上半身は突っ込んでいるという評価になり、ほとんど垂直であれば上半身は突っ込んでいないという評価になります。そして上半身が突っ込むか否かは、軸脚側股関節をどれだけ深く使えているかが分かれ目となります。

つまり簡単に言えば股関節が硬い選手は上半身が突っ込みやすく、腕力主体の投げ方になりやすいんです。逆に股関節の柔軟性と強度が備わっている選手は軸脚側股関節を深く使えるため、ランディングで背骨をまだ垂直にしておくことができます。これができるからこそボールの加速距離が長くなり、上半身をリラックスさせた状態でも速いボールを投げられるようになります。

股関節が硬い選手が上半身の突っ込みを抑えるためのコツがあります。非軸脚を振り上げたら、足首を底屈(つま先が真下を向く足首の動き)させ、そのままの形でランディングを迎えます。足首をこの形で固定して使えるようになると、上半身は突っ込めない状態になります。

力みなく速いボールを投げられるようになるためにも、上半身が突っ込んでいる投手は、足元の動作を安定させた上で突っ込みの改善に取り組んでみてください。

近年は筋肉トレーニングに関する情報が多く共有されるようになり、筋肉トレーニングによって球威球速をアップさせようとする投手も多くいます。これはプロアマ同様に言えることですが、この手法によって球威球速をアップさせる手段はベストではないと当野球塾では考えています。ではベストな方法とは?


まず筋トレに関して考えてみましょう。筋トレによって腕が太くなれば、出力できるエネルギーを増やすことができます。それによって確かに球威球速をアップさせることはできます。ですが本当に必要な技術の習得がなければ、ただ初速だけが速くなるだけで、バックスピンの質が低い分打者の手元で失速するボールになってしまいます。

また、筋肉は鍛えることによって強く太くすることができます。しかし筋肉と骨、関節を繋いでいる靭帯や腱は鍛えることはできないんです。野球選手がよく痛めてしまうのは内側側副靱帯という、肘関節の内側の靭帯です。トミー・ジョン手術で修復を目指すのは主にこの靭帯です。

靭帯は関節を繋ぐ役目をしていて、関節の過剰動作(動くべきではない方向に関節が動かないようにする)を防ぐ役割をしています。筋肉を大きくするということは、過剰動作に対するエネルギー出力も大きくなるということで、靭帯への負荷は想像以上に大きくなります。でも靭帯は上述した通り鍛えて強くすることができません。つまりいくら筋肉を大きくしたところで靭帯はそのままですので、筋肉を大きくすることによって球威球速アップを目指してしまうと、それだけで靭帯に対し非常に大きな負荷をかけてしまうことになるのです。

球速アップは、投球動作の連動性によって目指すべきものです。例えばプロ野球では西口文也投手や岸孝之投手という非常に細身の、体重も70キロあるかないかの投手が活躍しています。西口投手の全盛期はそんな細身でも150km/hのボールを投げていましたし、岸投手だって短いイニングであれば150km/hを投げることがあります。つまりしっかりとした技術、連動性のある投球動作を身につけていれば、必要以上に筋肉を増やさなくても球威球速をアップさせることができるということです。

西口投手に関して言えば、現役時代に肩や肘を痛めた経験はほとんどありません。岸投手に関しては肩甲骨からの可動性が広いため、少し肩に負担がかかるタイプではありますが、それでも選手生命を左右するような肩肘の故障はまだありません。適切な投球動作によって球威球速をアップさせた場合、西口投手のように肩肘の故障なくいつまでも投げ続けられるということなのです。

さらに言うと、投球動作が崩れるのを嫌い遠投をしない選手もいますが、遠投練習はするべきです。短い距離、そして遠投をバランス良く組み合わせていくことにより、バランスの良い投げるための筋肉を作っていくことができます。これは筋トレでは絶対に作ることのできない筋肉です。

筋トレももちろん必要不可欠なトレーニングです。しかし筋トレによって球威球速アップを目指すというのは、故障のリスクを高めるだけの間違った考え方です。球威球速のアップは、動作の連動性によって目指していくべきです。そして連動を高めるためには投球動作内に無駄な動作が多いようではいけません。制球力も安定させられる無駄のない投球動作だからこそ連動性が高まり、連動性が高まれば球速は自然とアップしていくんです。
「もっと腕を振れ!」とはよく言われるアドバイスですが、では実際腕を振るとはどういうことなのでしょうか?100%の力でボールを投げること?違います。これはスラッガー養成コラムでも同じことを書きましたが、腕を振るとは、投球に対しボールを加速させられる幅を最大限使っていく、ということです。

投手は基本的には全力投球は厳禁です。毎試合何十球と全力投球を繰り返していては、あっという間に野球肩・野球肘になってしまいます。日本では未だに全力投球を良しとする間違った指導が行われていますが、全力投球をするから打者を抑えられる、ということはありません。全力投球をしたとしてもボールが甘いところに行けば簡単にヒットを打たれてしまいますし、ストライクゾーンに行かなければ四球で自滅してしまいます。

制球>変化>球速、これが投手の絶対的な優先順位です。

さて、腕を振るということに話を戻したいと思います。腕を振っていく動作はワインドアップから始まりペンダラム、テイクバック、コックアップ、トップポジション、アクセラレーション、ボールリリース、フォロースルーと繋がっていきます。この一連の流れを、最大限の距離を稼いで動いていくことが、腕をしっかり振るということなのです。

例えばテイクバックで肘を伸展してしまう投手がいますが、この場合はトップポジションが浅くなってしまうため、最大限の加速距離を得ることができなくなります。また、肘を伸展して振っている時点で肩肘へのストレスも大きくなります。

そしてフォロースルーを体の前面で終了してしまう投手も多いですが、フォロースルーは利き手と逆側の腰を叩き、その反動で手部が顔の横まで戻ってくるところまでが最大限のフォロースルーです。

テイクバックを取らずに、捕球後すぐにトップポジションに持ってきて投げるモーションをスナップスロー(手首は使ってはダメです)と言います。一方テイクバックを取る投げ方をフルアームスローと言います。腕を動かせる幅をフルに使って投げる、という意味です。

全力投球は腕力を使わなければできない動作です。つまり全力投球=手投げ、ということになります。そして手投げでは当然制球力はアップしませんし、ストレートの伸びも低下するため空振りも取りにくくなります。

スラッガー養成コラムでも書いた通り、深いフォロースルーを取る前提と取らない前提とでは、取る前提で投げた方が力強いボールリリースを作ることができます。するとボールが高めに抜けにくくなり、回転も良くなるわけです。そして繰り返しますが、手首を使って投げてはいけません。手首を使って投げて得られるメリットは一つもないのです!

「腕をもっと振れ!」というアドアイスをもらった時は全力投球をするのではなく、腕を振ることのできる幅をフルで使う、と考えましょう。そして自分自身にとってのその幅がどこからどこまでなのか、普段の練習でしっかりと把握しておくことが大切です。そうしなければ試合中に「腕を振れ!」と言われた時に、間違って全力投球をしてしまうことになります。

近年、プロ野球では遠投練習をする選手が減っているそうです。理由はいくつかあるようですが、一番多いのは送球動作を崩してしまうから、ということのようです。遠投をする際に肩の水平ラインを崩してしまう選手がいますが、これによって投球・送球動作に変な癖が染み付いてしまうようです。


しかし遠投練習に関しては、わたしは日常的に行うべきだと考えています。とは言え「何メートル投げた!」という測り方はナンセンスです。例えば100メートル投げられたとしても、フライのような軌道で投げてしまっては意味がないからです。そのようなボールを試合で投げることは絶対にありませんし、フライのような軌道で投げている時点で肩と肘が下がる投げ方をしているはずです。特に肘に関しては、ボールを上に投げ上げる動作というのは、肘を下げなければできないんです。

野球塾Coach Kazのマンツーマン野球塾オススメの遠投練習は、40メートル、60メートル、80メートルなどと区切って、例えば80メートルを何バウンドで、何秒で投げられたかを計測していくと、試合で役立つ遠投力を養うことができます。

このような練習を取り入れていくと、どのような軌道で投げると最も早く目標地点にボールを到達させられるのかがわかってきます。すると無理にノーバウンドで投げなくても、1バウンドしても十分早く到達させられることもわかってきます。

また、近年はウェイトトレーニングよって遠投力を高めようとしている選手も多いようです。しかしウェイトトレーニングよって遠投力を高めたとしても、遠投練習が少なければ遠投した際の制球力を養うことができません。つまり遠くに投げられたとしてもアウトが取れないことが増えてしまう、ということです。そしてやはり投げる筋力というのは、投げることでしか鍛えられない部分も多いのです。

遠投練習はとても大切な練習です。ですがやり方を間違ってしまうと動作を崩しパフォーマンスが低下し、怪我をするリスクまで高めてしまいます。遠投する際は肩を水平にし、フライではなくライナー性の低い軌道で投げるようにしましょう。ノーバウンドにこだわる必要もありません。1バウンドしたとしても、軌道が低ければバウンドによって球威が大幅に落ちることはそんなにはありません。

逆にノーバウンドにこだわって大きな送球動作で投げてしまえば、それだけ時間をロスしてしまいます。コンパクトな投球・送球動作で低い軌道で遠投練習を行っていってください。遠投力をつけたいという選手は当野球塾のピッチングマスターコースを受講してみてください。怪我のリスクを軽減させ、遠投力をつけていくのに最適な投球・送球動作を指導しています。
投球時の体の使い方としてよく、縦振り・横振りという言葉が使われています。縦振りとは股関節を屈曲(前傾)させる投げ方で、横振りとは股関節を内旋させる投げ方のことです。ではこの縦振りと横振り、実際にはどちらを選ぶべきなのでしょうか?

当野球塾では実は、両方使うように指導しています。つまり縦振り&横振り投法です。片方だけしか選べないと勘違いされている方も多いと思いますが、両方選べるんです。そして両方使うからこそ、腕力に頼ることなく球威をアップさせることができるんです。

縦振りだけだとボールの回転角度を良くし、ストレートの伸びをアップさせるメリットがあります。しかし肘が肩線分よりも高くなりやすく、肩肘への負荷は大きくなりがちです。一方横振りだけの場合は球速そのものはアップさせやすいのですが、今度は肘が下がりやすくボールの伸びは低下してしまいます。

縦振りと横振りを同時に適度に使っていくことにより、肘を理想の高さ、つまり肘が常に肩線分上にある形でボールを投げられるようになります。そのため肩の水平外転・水平内転動作も小さく抑えることができ、肩を使わずにボールを投げられるので肩の疲労や故障のリスクも抑えられるのです。

日本人選手は比較的縦振り、横振りとハッキリさせたがる傾向があるようです。しかし剛速球を投げる投手が多いアメリカはそうではなく、股関節を縦にも横にも上手に使えている投手が多く見受けられます。

股関節を縦横両方で使えるようになると、投球後の骨盤の頭が右投手なら一塁方向を向くようになります。骨盤が頭を一塁側にしてうつ伏せになった状態ですね。左投手の場合はもちろん三塁側を向いて骨盤がうつ伏せになります。

当野球塾ではこのような理論をわかりやすく、丁寧に指導しています。コーチの経験則のみで指導することがないため、どのようなタイプの投手でも上達することができます。今よりももっと上手くなりたい選手は現在のレベルを問わず、ぜひ当野球塾のコーチングを受けにいらしてください。お待ちしています!
球速をアップさせるためには様々な方法がありますが、まずは投球動作内にあるたくさんの一つ一つの動作をしっかりと連動させていくということが大切です。今回はそれができているという仮定のもと、書き進めていきたいと思います。

今回はコックアップ(コッキング)モーションにフォーカスしたいと思います。コックアップとは、テイクバックとトップポジションの間の動作のことです。コックアップ・フェイズで肘が二塁側に開いてしまっていると肩痛のリスクが高まってしまいます。ですのでまずはコックアップが、肘が90°の状態で行われていることが重要になってきます。

テイクバックの最深部に入っていく段階で肘が伸びることには問題はありませんが、テイクバックの最深部以降では、肘は90°を維持するように注意してください。

セット、もしくはワインドアップなどから慣性のみを使ってテイクバック、コックアップを迎え、そこから股関節によって重心を下げていくことができると、手に握ったボールはトップポジションの手前(コックアップ終盤)で上方へ向かっていく慣性が最も大きくなります。

上へ行こうとするボールを、指先で下へ押し潰していきます。いわゆる割れという動作ですね。ボールは慣性によって上へ行こうとし、指先は下へ行こうとします。この動作の割れを作ることができると、ボールリリースで強いフックをかけることができ、ボールのバックスピンを増やせることによって球威・球速をアップさせることができます。

このモーションは、肩や肘をあまり使わずに球速をアップさせることができます。ただ、技術レベルとしては非常に難しく、年代問わず基本動作がしっかりと身についていなければ習得することはできません。ですが習得することができれば、腕力をほとんど使わなくても球威・球速をアップさせられるようになり、長いイニングを投げても球威が低下しにくくなります。

当野球塾では小学生からプロにまで、このような理論に基づいたコーチングを行っています。草野球選手など、大人の選手がマンツーマンで通える数少ない野球塾でもあります。一番人気はピッチングマスターコース10時間コースで、小学生から大人までたくさんの方々に受講いただいております。

野球塾は、甲子園やプロ野球を目指している選手だけのものではありません。怪我をしにくい適切な動作を身につけるためにも、野球を始めたばかりの小学生にこそ通ってもらいたいと思っています。野球少年の親御さんは、ぜひこちらのページもご覧になってみてください。
コーチングしていてよく聞かれる質問として「どのフォームが一番球速がアップしますか?」というものがあります。結論から言いますと、スピードガンの表示を最も高くしやすいのはサイドハンドスローです。

サイドハンドスローと言うと技巧派というイメージもあります。確かに横の変化球を曲げやすい分、日本のサイドハンドピッチャーには技巧派が多いイメージがあります。しかし投球メカニズムを学んでいくと、サイドハンドスローこそが最も球速を出しやすい投げ方であるとわかります。

その理由は、投球動作内に存在する2つの軸の関係性が影響してくるためです。投球動作内には体軸と運動軸という2つの軸が存在しています。体軸とは脊柱軸、かんたんに言えば背骨と理解していただいても大丈夫です。そしてもう一つの運動軸とは、ボールを投げる動作に於ける軸のことです。この軸は体内にとどまっている場合もありますし、体の外にはみ出して軸を作ることもあります。

サイドハンドスローという投げ方は、この2つの軸の角度を揃えることができるのです。そのために非軸脚側の股関節を作用点とし、鋭いボディスピンを生み出すことができるのです。その典型的なピッチャーとして、ランディ・ジョンソン投手がいます。ちなみにジョンソン投手は若い頃、トム・ハウスというコーチの個人指導を受けて投球動作改善に成功しています。

サイドハンドスローの次に球速を出しやすいのはスリークォーターです。一般的にはスリークォーターで最も速いボールを投げやすいともされていますが、それはあくまでも一般論であり、科学的根拠を元に語られているわけではありません。しかしサイドハンドスローに近いスリークォーターの場合は、サイドハンドスローに近い球速を出していくこともできます。例えば松坂大輔投手はスリークォーターで投げています。

オーバーハンドスローに関しては、それなりに速いボールを投げることは十分に可能です。しかしオーバーハンドスローの場合は球速表示よりも、球質がアップしやすくなります。つまりボールのバックスピンの角度が小さくなることでマグナス力が強く働き、例え球速はそれほど出ていなかったとしても伸びのある空振りを取れるストレートを投げられるようになります。例えば岸孝之投手はその典型的な投手だと思います。

プロ野球でも毎年一人くらいは、オーバーやスリークォーターからサイドハンドスローに転向し、球速が速くなったと不思議な顔をしている選手がいますが、これはまったく不思議なことではないのです。オーバーやスリークォーターの場合は投球動作内の2つの軸の角度が必ずずれます。このずれによりボディスピンがやや弱まり、2つの軸の角度が揃うサイドハンドスローほどは球速が出せなくなるんです。

完全個別指導タイプの野球塾Coach Kazのマンツーマン野球塾では、このようなメカニズムを、小学生から大人まで、それぞれの年代やレベルに合わせてわかりやすく技術指導しています。無料体験コースもありますので、ぜひ一度、お気軽にコーチングを受けにいらしてください。お待ちしております。