タグ「その他の用語」が付けられているもの

野球用語×英語
「得点」を英語で言えますか?

今回は「得点」という意味の英語をご紹介したいと思います。得点は英語では runs scored と言います。略語は R です。スコアボードの得点欄に「R」と書かれているのを見たことがある方は多いと思いますが、これは runs scored の略なんです。

ちなみにこれが run-scoring hit になると、タイムリーヒットという意味になります。

score だけでも得点という意味になるのですが、この使い方だとサッカーやバスケだと自然な感じです。もちろん野球で score と言っても通じるわけですが、野球の場合はタイムリーヒットという、時間差で走者が走って得点されるケースが多くなりますので、その場合はやはり runs scored という表現の方が自然になる気がします。

野球用語×英語
「乱闘」を英語で言えますか?

メジャーリーグの乱闘はまさに大迫力!まぁ、もちろん褒められたものではないわけですが、観ているファンとすればついついエキサイトしてしまうものです。日本のプロ野球でも時々死球をきっかけに乱闘が起こったりしますが、でもメジャーリーグの乱闘は日本以上に大迫力で、まさに格闘技になってしまってることもあります。

ではその「乱闘」を英語で言うことはできますか?ちなみに fight ではありません。fight にはケンカという意味があるわけですが、これは比較的1対1、もしくは少人数のケンカに使われているような印象です。ここで言う乱闘は、両軍入り乱れての大乱闘です。

乱闘は英語では rhubarb と言います。ケンカというよりは、本当に大人数入り乱れての大乱闘というニュアンスです。日本ではほとんど耳にすることのない単語だと思いますが、メジャーリーグ中継などでは乱闘が起こると登場する言葉ですので、これを機会に覚えておくといいかもしれません。でもくれぐれも、rhubarb の当事者にはならないでくださいね。

野球用語×英語
「ホームイン」を英語で言えますか?

日本語では走者が生還することを「ホームイン」と言います。しかしこれも実は和製英語であり、アメリアの野球場で home in と言っても、走者が生還した、という意味では受け取ってもらえません。home in には「誘導する」という意味になりますので、走者が生還するという意味とはまったく別の意味になってしまうんです。

では英語でホームインを何て言うかと言いますと、cross home, cross the plate, score, come in というような言葉を使います。home in とは言いませんが、come in であればホームインという意味で受け取ってもらえます。

ちなみに「score!!」と言うと、「キマったぜ!」という決め台詞として使うこともできますので、何か上手く行った時は「score!!」と言ってガッツポーズを決めてみると、まさに英語っぽくなってカッコ良いと思います。

野球用語×英語
「スパイク」を英語で言えますか?

今回は「スパイク」を英語ではどう言えばいいのか、ということについて書いてみたいと思います。spike という単語はもちろん英語でも通じます。でも単に spike だと「スパイクで相手選手を傷つける」という意味の野球用語になってしまいます。「スパイクする」というように、動詞として使われます。

spikes というように s を付けて複数形にすると、スパイクシューズと認識してもらえます。でも僕の周りではスパイクシューズというよりも、cleats と呼ぶ人の方が多いように思います。cleat というのは「スパイクの歯」という意味なのですが、これに s を付けることによってスパイクという名詞にします。

呼び方としては cleats, spikes, spike shoes という感じになると思います。これらの呼び方であれば、野球のスパイクシューズとして認識してもらえます。例えば "I want new cleats." だと「新しいスパイクが欲しいなぁ」という意味になります。靴関係は基本的には左右2つで1つですので、必ず s を付けます。cleats, spikes, shoes という形ですね。野球以外でも役立つと思いますので、ぜひ覚えておいてください。

野球用語×英語
「最下位」を英語で言えますか?

最下位って、野球だけではなくスポーツの話をしている時には頻繁に使う言葉だと思いますが、この最下位を英語で言うことはできますか?基本的には last place という言葉で表すのですが、でも最下位を表現する言葉はけっこうあるんです。
  • last place
  • last position
  • the cellar
  • the lowest rank
  • the bottom of the league
など、これらすべて最下位を表す言葉なんです。ただ、一番頻繁に使われるのは last place だと思います。例えば My team is in last place. は、「僕のチームは最下位です」という文章になります。a last-place team だと、「最下位のチーム」ということになります。

ちなみにスラングっぽい話し言葉だと、a cellar dweller という言葉を、最下位という意味で使うこともけっこうあります。直訳すると「最下位の住人」という意味で、いつも最下位にいるような「万年最下位チーム」に対して使われることが多くなります。

話の流れによって最下位を表す言葉が変わってきたりしますので、いろいろな「最下位」を覚えて使い分けられるようになってください。

野球用語×英語
「絶好調!」を英語で言えますか?

かつて中畑清選手「絶好調男」として何度もジャイアンツを優勝に導いたわけですが、この「絶好調!」というセリフに相当する英語もちゃんとあるんです。英語で「絶好調!」と言いたい時は I'm on fire!! と言ってください。fire だけではもちろん通じませんので、I'm on fire という1つの文章で覚えてください。

ちなみに絶好調ほどではないけど調子が良い状態であれば、fire ではなく hot という言葉を使います。I'm really hot now. と野球をしながら言うと、「最近マジで調子いいなぁ」というニュアンスになります。

絶好調なら I'm on fire!!、好調なら I'm really hot now!、ぜひこの2つの文章を覚えて野球をしながら使ってみてください。
スタンドプレーという言葉は、野球だけではなくスポーツ全般で使われる言葉だと思います。スタンドプレーという言葉には二面性があり、肯定的なニュアンスだと観客を沸かせるプレーという意味で、否定的なニュアンスだと独りよがりのプレーという風になります。

でもこのスタンドプレーという言葉、どんなに素晴らしい発音をしてもアメリカではほとんど意味は通じないと思います。

スタンドプレーとは、英語では grandstand play と言います。僕の印象では日本のようにネガティブなニュアンスで使われることは比較的少なく、どちらかというと観客を沸かせる素晴らしいプレー、というニュアンスで使われることの方が多いと思います。実際 grandstand という言葉は「観客を沸かせる〜」という形容詞として使われます。ですので grandstand play となると、観客を沸かせるプレーという意味になるわけです。

アマチュアではあまりすべきではないというのが一般的な感覚だと思いますが、プロ野球であればもう少しスタンドプレーを見せてくれる選手がいても良いのかな、と思ってしまったりもしますよね。

野球用語×英語
「引退する」を英語で言えますか?

「引退する」と英語で言うことはできますか?恐らく多くの方が「retire」という言葉を思い浮かべたと思いますが、もちろんこれも引退するという意味で使われる言葉です。でも retire というのは、スポーツでも仕事でも、何にでも使える言葉です。でも野球には野球の「引退する」という慣用句があるんです。

hang up my spikes がそれです。直訳すると「スパイクを脱ぐ」という感じになるわけですが、このスパイクを脱ぐという言葉を「引退する」という意味で使うことができるんです。これは野球特有の言葉だと思います。歌手の方が引退する際に「マイクを置く」と表現することがありますが、それと同じニュアンスです。

アメリカでは、野球選手はスパイクを脱ぐことによって現役を退くことをチームメイトに伝えるんです。

野球用語×英語
「狭い野球場」を英語で言えますか?

野球場の大きさは大小様々あります。今回はその中でも「狭い野球場」「狭いグラウンド」を表現する英語をご紹介したいと思います。もちろん small baseball field や small ballpark などの言葉でも意味としては十分伝わるのですが、でもそれでは粋な野球英語にはなりません。

「この野球場は狭いなぁ」と言いたい時は、bandbox という言葉を使ってください。This ballpark is bandbox. という言い方になります。少年野球や草野球の場合、隣のグラウンドと外野が繋がっていて、非常に狭いグラウンドが多いと思います。そんな時は These baseball fields are bandboxes. と言いましょう。すると、small という表現よりも粋な英語になります。ぜひ覚えておいてください。
日本では三塁ベースコーチのことをなぜ三塁ベースコーチャーということがあります。しかし英語では coacher という表現はしません。coach という言葉自体に「導く人」という意味が含まれていますので、teacher のようer を付ける必要はありません。teacher は、teach という動詞に er を付けて「教える人」という形にしますが、coach の場合は coach という「導く人」という名詞を、「導く」という動詞としても使う形になるため、er は付けないんです。

ですので英語で三塁ベースコーチャーは、third-base coach というだけでOKです。逆に coacher と言ってしまうと、非常に変な英語を喋る人だと思われてしまうと思います。意味は通じるかもしれませんが、変な人だと思われます(笑)

そしてもちろん一塁ベースコーチャーは first-base coach と言います。この二人の大きな役割分担としては、一塁ベースコーチはとにかくボールから絶対に目を離さないことです。さらには投手の癖を盗むのも一塁ベースコーチの役割の一つです。そして三塁ベースコーチはボールを見つつも、最優先は各走者がどこにいるのかをしっかり把握し、右腕で先行走者、左腕で後続奏者の進塁・帰塁を制御していきます。

僕は仕事柄、時々トップレベルのチームの三塁ベースコーチを務めることもあるのですが、とにかく頭を使うポジションです。野手の走力、肩の強さ、制球力、ステップの癖、そして走者の走力、走塁技術、カウント、点差、風向き、ボールがバウンドした際のサーフェスの状態などなど、すべての状況を把握した上で走者を制御していく必要があるため、野球を学んでいない方にはとても務まらないポジションです。

逆を言えば、三塁ベースコーチとして野球を学べば、とにかく深く野球を学べるようになります。僕はプロコーチになってから、とあるチームで3年ほど監督として三塁ベースコーチとして立ち続けたのですが(僕が敬愛する三原修監督のように)、本当に気が抜けないポジションですし、本当に野球を深く知ることのできるポジションでした。個人的には一番好きなポジションです。またどこかからお声がかかれば、もう一度やってみたいのが監督兼三塁ベースコーチです。
彼は今チームの勝利の原動力になっている。という表現をたまに使うことがありますが、この原動力という言葉を英語で言うことはできますか?言えない方も多いかもしれませんが、でもその言葉自体を知っている方は多いと思います。近年ルイビルスラッガーのカタリストという良く飛ぶバットが人気なわけですが、この catalyst という言葉こそが、原動力という意味になります。

This hitter has been a catalyst for the winning. は、「この打者は勝利の原動力になっている」という意味になります。

カタリストというバットを使うだけではなく、自分自身がチームにとってのカタリストになれるように毎日練習を頑張ってください!

野球用語×英語
監督/field manager

日本でマネージャーと言うと、チームの紅一点だったりする女子マネージャーや男子マネージャーのことを指します。いわゆるチームのお世話係ですね。しかし英語で Manager というのは監督という意味になります。

ただアメリカの野球チームには Manager は二人いて、チーム作りを担う General Manager と、グラウンドでチームを率いる Field Manager という二人が存在します。ちなみにアメリカでは監督のことを Manager と肩書きで呼ぶことはほとんどありません。普通に名前で呼んだり、Boss と呼ばれることが多いと思います。

manage には「やり遂げる」というような意味もあり、manager というのは「勝つことをやり遂げる」ためにチームを率いる人、ということになります。勝利という目標に向かい、チームをマネジメントする、ということですね。

日本球界の場合は監督が編成にまで権限を持っているケースも少なくありませんが、アメリカや海外スポーツでは監督が編成にまで口を出すケースはほとんどありません。監督を雇うのもクビにするのもGMの仕事であり、監督は与えられた戦力でチームを勝利に導くことだけが職域となります。

日本の監督とアメリカの Field Manager は似ているようで異なり、日本のマネージャーとアメリカの Manager もやはり似ているようでまったく違うポジションとなるわけです。

野球用語×英語
マネージャー/caretaker

日本ではタッチに登場する浅倉南ちゃんのような女子マネージャーのこと、普通にマネージャーと呼びます。でも英語ではマネージャーのことを manager と呼ぶことはありません。英語で manager というのは監督のことを指します。

近年は女子マネだけではなく、男子マネージャーの存在も増えてきましたね。このいわゆるマネージャーのことを、英語では caretaker と呼びます。つまり「世話係」ということですね。ちなみに caretaker はスターウォーズ/最後のジェダイでも登場しましたので、もしかしたらここ最近で耳にされたことがある方も多いかもしれませんね。

英語で「私は野球部のマネージャーです」と言いたい場合は、 I'm a caretaker of our baseball team. というふうになります。これが仮に I'm a maneger of our baseball team. となると、「私は野球部の監督です」という意味になります。

野球用語×英語
ベース/base

日本ではベースのことをキャンバスと呼んだりしますが、アメリカでベースのことを canvas と言ってもまったく通じません。これもやっぱり和製英語となります。日本ではベースがキャンバスで覆われていたことからキャンバスと呼ばれるようになりましたが、英語では普通にbaseと呼びます。

変わった呼び方としては the sack, the bag というニックネームもあります。日本でベースのことをキャンバスと呼ぶような感覚ですね。

ただ、特定の塁を指す時は first base, second base, third base となり、first sack, second bad とは言いません。

野球用語×英語
バックネット/backstop

キャッチャーの後方にあるネットのことを日本ではバックネットと言います。まさに後ろにあるネット、という意味ですね。しかしアメリカではバックネットとは呼ばず、backstop と呼びます。

日本の場合、スタンドの最前方にはバックスクリーン付近を除くほとんど球場一周に、防球ネットが張り巡らされています。ですので後方にあるネットのことをバックネットと呼ぶわけですが、アメリカの野球場にはバックネットしか張られていないんです。他の内野スタンド前方には防球ネットは張られていません。ですのであえてバックネットと呼ぶ必要はなく、backstop と呼ばれています。ちなみに他のスポーツでもこのようなネットは backstop と呼ばれます。

ですが近年、メジャーリーグ観戦者にファールボールが直撃するという事故が続いているため、今後は内野エリアにも防球ネットを張る可能性をメジャーリーグは示唆しています。ちなみに選手会側は、内野エリアにも早急にネットを張るべきだという意見であるようです。

確かに防球ネットが多すぎるとエキサイティング度合いが減ってしまうかもしれませんが、子どもやお年寄りも安心して野球観戦ができるように、やはり内野エリアにも日本のようにネットはあった方がいいのかもしれませんね。

野球用語×英語
ゲームセット/game

日本語では試合終了のことをゲームセットという風に言いますが、アメリカの野球の試合ではこのような表現はしません。Game and set という、試合終了を意味する言葉はあるのですが、しかしこれはテニス用語であって野球では使いません。野球では単に"Gme!", "That's the game!", "The game is over!" という風に言います。

ちなみに Game set と言ってしまうと「試合設定」という意味になってしまうので、おそらく通じないと思います。Game and set であれば、テニス観戦をする方であれば試合終了の合図だと知っていますので、「野球の試合なのに変だなぁ」と違和感は持たれるとは思いますが、一応試合が終わったということを伝えることはできます。でも野球ではやはり "Game!" というコールで試合終了を宣言した方が自然ですね。

野球用語×英語
キロ:時速160キロ/100MPH

球速を表す際、日本ではメートル法、アメリカではマイル法が採用されています。時速1マイルは、約1.6キロとなり、時速100マイルということになると、時速160キロということになります。

1マイル=1.6093キロ

キロメートルという単位は日本でもアメリカでもキロと略されますが、英語の場合は必ず「s」を付ける必要があります。複数形にする、ということですね。例えば英語で 100 kilo と言ってしまうと、これは不自然に聞こえてしまいます。時速1キロであれば 1 kilo でオーケーなのですが、時速2キロ以上であれば、100 kilos、もしくは100 kilometers と、必ず複数形にしなければなりません。複数形にしなくても言葉としては通じるのですが、すごく不自然に聞こえてしまいますので要注意です。

そして時速として表す時は per hour を付けます。時速160キロの場合は、160 kilos per hour(ワンハンドレッドシクスティ キロス パー アワー) となり、時速100マイル(時速160キロ)の場合は、100 miles per hour(ワンハンドレッド マイルス パー アワー) となります。

筆記時の略し方は、kilometers per hour=KPH、miles per hour=MPH となります。

  • 100MPH=160KPH
  • 94MPH=150KPH
  • 90MPH=144KPH
  • 80MPH=128KPH
  • 70MPH=112KPH
  • 60MPH=96KPH

野球用語×英語
草野球/bush

草野球とはもちろんアマチュア選手が楽しむ野球のことですね。日本では軟式球のM号で楽しむのが一般的ですが、海外の場合は軟式野球というのはほとんど存在しません。日本がサポートしている途上国では、日本が軟式球を提供していることもあり、軟式野球大会が行われていることもあるのですが、しかしそれでも一般的なのは世界的には草野球であっても硬式球となります。

草野球を英語で言うと bush, bush league と言います。bush というのは「茂み」「低木」という意味があり、厳密ではありませんが草野球の「草」に近い言葉となります。ちなみに草野球を直訳すると grass baseball となりますが、実際このような言い方は英語ではしません。

bush というのはアマチュア選手が楽しむ草野球という意味で使われることが多いのですが、プロ選手を低評価する際にも使われることがあります。「彼のプレーはまるで bush だ」となれば、「彼はプロなのにプレーは草野球並みだ」というニュアンスになります。

野球用語×英語
サイン(ファンへの)/autograph

日本語では野球ボールや色紙にファンのために「サインする」と言いますが、英語ではサインすると言うと、契約をするというニュアンスが含まれてきます。契約更改の場合はもちろんサインすると言うことができるのですが、ファンのためにサインする場合は autograph という言葉を使います。日本でいう「(プロ野球選手や有名人の)サイン」=「autograph」となります。

野球用語×英語
デイゲーム/matinee

日本では昼間に行われる試合のことを普通にデイゲームと言いますが、恐らくこれはアメリカでは通じないと思います。 daylight game と言うことはたまにあるような気もしますが、でもほとんど聞いたことはありません。もちろんメジャーリーグでは昼間に試合が行われることはほとんどないという事情もありますが、仮に昼間に行われる場合は、matinee という言葉をよく耳にします。元々はフランス語らしいのですが、Bon appétit(召し上がれ)同様、英語圏でも普通に使われるフランス語のようです。