ノーステップ,タイミングについて書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

ノーステップ打法にはメリット以上のデメリットが存在する?!

  • ノーステップ打法は頭が動かない分ミート力はアップ!
  • しかしノーステップ打法にはメリット以上のデメリットがある!
  • ボテボテの内野ゴロを量産してしまう打者に見られる傾向とは?

バッティングでとにかく重要なことは、タイミングを合わせることです。優先順位を付けるとすれば「タイミング>ミート力>パワー」という順番になります。パワーがあったところでミート力がなければ遠くへ飛ばすことはできず、バットを思ったところに出せたとしても、タイミングが合わなければバットはボールには当たりません。ですのでまずはタイミングを上手に取るということを考えていく必要があるわけです。


ミート力を上げるためにノーステップ打法に取り組む選手をよく見かけます。確かにノーステップ打法は頭の位置が動きにくくなるため、ミート力をアップさせられる可能性を秘めています。しかしステップすることを省略しているため、タイミングを合わせにくくなります。バッティングにおけるステップは、タイミングを取るために行う動作となりますので、ノーステップ打法はタイミングを取りにくい打ち方であると言うことができるのです。

プロ野球でもノーステップ打法に取り組んだ主力打者がいます。しかし最終的にずっとノーステップのまま打ち続けた打者はほとんどいません。その理由は上述したように、タイミングを取りにくくなるためです。プロレベルの投手となると、タイミングを合わせることは本当に至難となります。

ノーステップではタイミングを取りにくいと言っても、逆に一本足打法にすると非常にタイミングを取りやすくなるというわけではありません。ステップを使ったタイミングの合わせ方の良し悪しは人それぞれです。自分自身がもっともタイミングを合わせやすいステップモーションを探す必要があります。ただし注意点としては、ステップ後にステップ幅を狭くしないということです。これをやってしまうと重心を上げながら打つ形になってしまいますので、ボテボテの内野ゴロを量産しやすくなります。

プロ野球選手たちのステップの取り方を色々と真似しながら、自分自身がもっともタイミングを取りやすいと感じるステップの取り方を探してみてください。それが見つかれば、タイミングを外して空振りをする回数を大幅に減らせるはずです。そしてタイミングを合わせやすいステップの形を、コーチに教わりながら見つけたいという方は、ぜひスラッガー養成コースに通ってみてください。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Kazコーチ
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム ボテボテの内野ゴロばかりの打者はこのように修正しよう!
次のコラム フロントウェイト打法の利点はバットにトップスピンがかかること

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾