TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾スーパーサポートコース  野球塾オンラインレッスン30  オンデマンド野球塾 
HOME > スラッガー養成コラム > 打撃を安定させるための壁は投手側ではなく捕手側に作る

打撃を安定させるための壁は投手側ではなく捕手側に作る


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾
安定してヒットを打ち続けるためには、壁を作ることが大切だという指導は今も昔も変わりません。当野球塾のスラッガー養成コースでも壁の作り方と、壁を作る意味を選手たちに指導しています。ですが当野球塾では壁は投手側ではなく、捕手側に作るようにと指導しています。

投手側に壁を作る意味は、やはり体を開かないようにするということが一番だと思います。ですがアマチュア野球の指導現場を見学させていただくと、体を開かないようにするという指導がされているのに、ポイントを投手側に置くという相反する指導がされているケースをよく目にします。

前でさばいて打つという動作は、投手側の肩を開かなければできる動作ではありません。もし体を開かずにポイントを前にして打ってしまえば腕を動かすことによってしかできず、これは完全な手打ちということになります。前でさばくと左肩が開きやすくなるため、それを極力防ぐという意味で投手側に壁を作るという指導がされているのだとすれば、これは効率的な動作ではないとわたしなら判断します。

わたしの指導では捕手側に壁を作るように伝えているわけですが、それは軸足を適切な形で動かすことによって作っていきます。つまり下半身を良い形で動かせていけば、壁は自然と作られるということなのです。そして捕手側に壁を作って打とうとすると、打つポイントは自分の体の近くになります。体の近くで打てるからこそ正確にミートすることができ、力強く振っていくこともできます。

逆にポイントを投手側にしてしまうと腕が伸びてしまうことにより、強い投球にバットが押し返されやすくなります。タイミングが完璧に合えばもちろん長打を打てますが、タイミングを外された時、ポイントを前にしてしまうと力ない打球が増えてしまいます。

壁を捕手側に作ってポイントを体に近づけられれば、多少タイミングを外されたとしても壁に寄りかかりながら打つような形を作ることができ、簡単にはバットが押し返されなくなります。するとジャストミートをしなくても打球は内野手の頭を越え、外野手の前に落ちるようになります。

打撃成績を安定させるためには、どれだけ上手にジャストミートするかという点も非常に大切ですが、それと同じくらい、タイミングを外された時にどれだけ強い打球を打てるか、も重要なのです。何しろバッターは10回中3回ヒットを打てれば合格点が与えられ、70%は失敗するポジションなのです。この70%の失敗の質を高めていければ、3割という打率をマークすることはまったく難しいことではなくなります。

草野球で3割を打ちたいですか?お子さんが打撃不振で悩んではいませんか?もし今の打撃不振から脱却したいと思った時は、迷わずに当野球塾のドアをノックしてください。全スラッガー養成コラムを書いているチーフコーチであるわたくしがコーチングを担当させていただきます。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

オンライン野球レッスン
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが体重移動をしない打ち方をマスターし、打率と長打力を同時にアップさせることに成功しています。あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾