LittleRockHeartをフォローしましょう Twitter   facebook   RSS  Littlerockheartはピッチャーの悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

10人の投手がいたら10通りのコーチング手法を取ります。

2014年05月27日
わたしが書いている『投手育成コラム』ですが、もしここに書いてあることすべてを10人で同時に実践したら、10人が似たような投球フォームになると思いますか?それともならないと思いますか?Littlerockheartのコーチングをご検討いただく際、個性を殺してしまわないかという点も、やはり気になるところだと思います。結論から言いますが、10人同時にコーチングを受けても、10人同時に『投手育成コラム』を実践しても、投球フォームが10人同じになることは絶対にありえません。

車に例えてみましょう。車にはセダン、クーペ、4WD、ステーションワゴン、コンバーチブルなどなど、いろいろな種類がありますよね。投手と同じです。Littlerockheartのコーチングとは車に例えるならば、タイヤの最適な履き方、エンジンの最適な組み方、ミラーの最適な角度などを指導するようなものなのです。クーペをセダンに変えるようなコーチングは絶対に行いません。もちろん投手自身がクーペからセダンに変わりたいと希望すれば、その方法をコーチングすることは可能です。

例えばわたしがコーチとして、セダンに関するコーチングが得意だったとします。その場合、どのような投手を指導していてもセダンに関するコーチングになりがちです。速球派だったコーチが変化球投手を育成するのが苦手だったり、変化球投手だったコーチが速球派を育成するのが難しいことに似ています。速球派だったコーチはやはり、速球派を育てるための指導法や知識を中心に持っているものなのです。

しかしわたしのコーチングはそうではありません。車で言えば、どんな車種であってもその車種に合ったコーチングを行います。速球派には速球派のコーチング内容、軟投派には軟投派のコーチング内容で進めていきます。平たく言えば、個性や長所を奪うことはしません。アスリートというのは個性が豊かであるほど活躍できるものです。そもそもプロ野球選手に個性がなければ、プロ野球に魅力はなくなってしまいますよね?

Littlerockheartのコーチングを受けていただいた場合、まず行うのが短所の改善です。制球力を低下させている原因、球威アップを阻害している原因を正確に突き止め、その問題動作を改善するところから始まります。その上で本来その投手が持っている長所をさらに伸ばしていきます。

教科書通りの指導を行わない、というのがLittlerockheartの特徴なのかもしれません。目の前にいる投手の状態をまず正確に把握することにより、そこから個々に合ったコーチング手法を取っていきます。これはLittlerockheartを立ち上げた2010年からずっと変わりません。10人の投手がいれば、10通りのコーチングを行うのがLittlerockheart流なのです。


Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.