LittleRockHeartをフォローしましょう Twitter   facebook   RSS  Littlerockheartはピッチャーの悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

野球をするお子さんをお持ちの親御さんへ

2014年04月30日
いつもLittlerockheartのホームページをご覧いただき、本当にありがとうございます。このページを開いてくださったということは、きっと野球をされているお子さんをお持ちなのだと思います。

少年野球チーム、リトルリーグ、シニアリーグ、中学・高校・大学の野球部など、プレーをする場は様々です。そこで質問があります。お子さんがプレーしているチームの監督・コーチは、故障をするリスクを軽減させる野球動作の指導ができる方ですか?もしできる方であれば、その指導者さんを信じ、付いて行かれるのがベストだと思います。ですがそうじゃなかったり、分からない場合はこのまま読み進めてください。

Littlerockheartではこれまで数多くの20歳未満の選手をコーチングしてきました。その親御さんの話を聞いていると、ほとんどのチームに肩や肘を痛めている選手がいるようです。しかも最悪の場合、痛みを訴えているにも関わらず投げさせる指導者もいるようです。確かにそうせざるを得ない理由もあるとは思います。例えば選手が9人しかおらず、試合を棄権してしまうとリーグに参加できなくなるなど。しかし試合をすることと、将来のある子どもたちの体と、果たしてどちらが大切なのでしょうか?答えは明らかです。

Littlerockheartのコーチングではまず、肩や肘に負荷がかからない、故障しにくい野球動作を指導していきます。何故なら故障しやすい動作のままでは、パフォーマンスを向上させることは絶対にできないからです。小中学生の頃は特に、試合や勝ち負けよりも、まずは将来故障しにくい野球動作をしっかりと身に付けるべきだとLittlerockheartでは考えています。

お子さんの野球動作、特に投球動作が適切かどうか分からない場合は、ぜひ一度Littlerockheartのコーチングを受けてみてください。そこで適切な動作だと分かれば、そのまま安心してプレーを続けていただけると思います。しかし動作に明らかな問題点があると担当コーチに指摘され、その指摘に納得いただけるようであれば、定期的にコーチングを受けていただき(月に1~2回でも十分です)、まずは故障しにくい適切な動作を身に付けてください。

チーフコーチを務めるわたし自身、実は野球肩によりプレイヤーとしての道を閉ざされた経験を持っています。だからこそ野球肩や野球肘で野球を断念しなくてはならない選手を、一人でも多く減らしていきたいのです。そしてこの思いが、2010年にLittlerockheartでの指導を始めるきっかけとなりました。

まずはご相談だけでも構いません。ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、心よりお待ち申し上げております。


Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.