RSS  野球塾Littlerockheartは野球選手の悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

20代草野球選手Sさん 1回目/5回中

2014年09月29日
Littlerockheartのコーチング内容は、みなさんにご満足いただいております。
実際にコーチングを受けた方のご感想

S20-22sep14A.png
9月22日、この日は草野球選手Sさんの、制球力向上コース1回目のコーチング。まずいつも通り制球力テストと球速チェックを行い、その後投球動作を全体的に見ていきました。今回の悩みは制球力の向上に加え、どうしてもサイドスローになってしまうフォームを、オーバースロー、もしくはスリークォーターにしたいという点もありました。その点も踏まえ、初回は投球動作を見ていきました。するとやはり、制球力を低下させている原因と、腕が横振りになってしまう原因が投球動作内に明確に存在していたのです。

S20-22sep14B.png
その原因をチーフコーチが1つずつ説明しながら、どういう風にして改善していけば良いのかをコーチングしていきました。Sさんの場合筋力が強いという点と、長身という点がデメリットとして働いてしまっていたため、それらをメリットとして使っていけるように動作改善を進めていきました。筋力が強い選手は、どうしても上半身に頼った投げ方をしてしまうので、まずは下半身を安定させるところからコーチングを進めていきました。

S20-22sep14C.png
これはジャックナイフストレッチをコーチングしている際の写真です。ジャックナイフストレッチとは、ハムストリングスと腰回りの筋肉を伸ばすためのストレッチングフォームです。ハムストリングスがかなり硬い状態にあったため、ジャックナイフストレッチは毎日続けてもらうことにしました。右投手の場合、制球力を安定させる最も大きな鍵は左膝にあります。その左膝の動きをスムーズにするためにも、ハムストリングスの柔軟性を高める必要があるわけなのです。

制球力テスト54点(100点満点中)/球速104km(終速)
前の記事 20回目投球動作改善クラスのリポート
次の記事 20代草野球選手Sさん 2回目/5回中
ぜひこのページを野球をされているお友だちに教えてあげてください。




Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.