RSS  野球塾Littlerockheartは野球選手の悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

10代小学生投手M君 90分3回目

2014年08月31日
Littlerockheartのコーチング内容は、みなさんにご満足いただいております。
実際にコーチングを受けた方のご感想

CIMG4501.JPG
小学生投手M君、3回目の90分コーチング。実は2回目のコーチング後にプレー中に手首を骨折してしまい、しばらく間が空いてのコーチングとなってしまいました。怪我は順調に良くなり、投げているボールにも時折力強さが見える程です。ですが時間が空いてしまったということもあり、前回までに身につけた動作を少し体が忘れてしまっているようでした。

今回は、前回までとは違ったアプローチで右脚の使い方を改善していきました。同じ結果を得たい時であっても、投手によって合うアプローチと合わないアプローチがあります。アプローチの仕方を変えるだけでもパフォーマンスが劇的に変わることもあるのですが、今回のアプローチはM君にとっては当たりだったようです。球威は即効でアップし、制球力も同時にアップしました。

CIMG4545.JPG
下半身の使い方をエクササイズとして練習して行けるように、今回はグラウンドにネットを立てている柱も活用しました。この柱を使い、右脚が開かないように動作を矯正して行きました。さすがにこの日のうちにマスターすることはできないわけですが、しかしその動作を行う意図や、できている時の感覚は分かってもらえたようです。

コーチング以前の投球動作と比較をすると、腕はコンパクトに鋭く振られるようになり、肩肘の故障のリスクを高めない良い投げ方になっています。でも動作としてはまだまだ未熟です。小学生なのですから当たり前ですが、将来的に硬式球を投げるようになっても故障のリスクを高めないように、今のうちからしっかりと良い投げ方を身につけて行くことが大切です。

高校・大学で怪我なく良いプレーをするためには、小学生高学年〜中学生にかけての練習内容が物を言います。この時期にいかに適切な動作を身につけられるかによって、高校以降に差が生じてしまうのです。M君も、M君の親御さんも、それを理解しているからこそ継続してLittlerockheartのコーチングを受けてくださっている訳なのです。
前の記事 10代中学生投手S君 3回目/5回中
次の記事 10代大学受験生Kさん 6回目/18回中
ぜひこのページを野球をされているお友だちに教えてあげてください。




Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.