RSS  野球塾Littlerockheartは野球選手の悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

10代中学生N君 90分コース

2014年08月25日
Littlerockheartのコーチング内容は、みなさんにご満足いただいております。
実際にコーチングを受けた方のご感想

n20140824a.jpg
チーフコーチを相手にピッチングを行うN君。この投げ方は、まだ指導を受けていない投げ方です。N君に聞くと制球にも球威にも自信がなく、右腕の使い方も良くないとチームのコーチに指摘されることがあり、その辺を全体的に見て指導をしてもらいたい、とのこと。実際に投球動作を見てみると、確かに制球力と球威を低下させる原因が投球動作内にいくつもあり、そして右腕の使い方も完全に手投げになってしまっているような形でした。今回は初めてのコーチングということで、90分かけてこれらのポイントを全体的に見ていきました。

n20140824b.jpg
投球動作内の良くない動作を一つずつ説明し、それをチーフコーチが実演しながらコーチングを行っています。まずは下から順番に、足部(スパイクを履いた部分)の動作をチェックしていきます。なぜなら、体を一番下で支えている足部が不安定になってしまうと、足首から上も不安定になりやすいためです。

n20140824c.jpg
実に器用な投手です。コーチが見本を見せた動作を、すぐに真似することができます。捕手方向から見て、左の足の裏がしっかり見えてきましたね。これは上半身で使う力の割合を減らし、下半身メインでボールを投げるためには重要な動作なのです。しかしもちろんですが、ただ足の裏を見せればいいというわけではありません。逆の脚や胴体など、その他の部位も適切な形であってこその、この足の裏の見せ方なのです。

コーチング前のキャッチボールではボールの回転もそれほど多くなく、それ以上に制球がままならない状態でした。もちろん初めてコーチングを受けるということで、多少の緊張もあったとは思いますが、短い時間のキャッチボールでも暴投が数球あったほどです。しかしコーチングを受けたあとのキャッチボールはどうでしょうか?ボールの回転数は増え、球速も目に見えて速くなり、そして何よりも制球力が飛躍的にアップしました。コーチが構えたキャッチャーミットからボールが大きく逸れることがまったくなくなったのです。ほとんどキャッチャーミットのところにボールが来ます!N君自身、この制球力のアップには喜んでいました。

n20140824d.jpg
コーチのアドバイスを一生懸命ノートに書き留めています。たった90分のコーチングであっても、書くことはたいさんあったと思います。N君には今後も定期的にコーチングを受けていただき、最終的には自分だけの『投球動作の教科書』を、このノートで作り上げてもらいたいと思います!

2014年8月24日 江戸川河川敷グラウンド
前の記事 10代大学受験生Kさん 5回目/18回中
次の記事 20代六大学野球Mさん 10回目/18回中
ぜひこのページを野球をされているお友だちに教えてあげてください。




Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.