RSS  野球塾Littlerockheartは野球選手の悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

小学校1年生の男の子のコーチング風景

2012年07月09日
Littlerockheartのコーチング内容は、みなさんにご満足いただいております。
実際にコーチングを受けた方のご感想

今回は2012年6月16日にコーチングご利用を頂いた際のコーチング風景をご紹介したいと思います。コーチングのオファーは小学校1年生の息子さんを持つお父さんから頂きました。1年生の息子さんに、走り方やボールの投げ方、捕り方を教えてあげて欲しいというオファーです。

この日はあいにくの雨だったため、コーチングは屋内で行われました。小学生1年生の息子さんは元気一杯!その元気に、コーチもたくさんの元気をもらうことができました!まだ小学校1年生なのにあいさつもしっかりできるし、明るくて素直で、将来の成長が楽しみな男の子です。

今回は60分間のコーチングで、まず最初に行ったのは走り方のパフォーマンスの向上練習でした。

20120616-01.jpg上の写真は、コーチが実際に走り方のコーチングを行っているところです。まず歩き方の動作を確認し、そこから少しずつ走るという動作に繋げて行きました。走るという動作は、あくまでも歩くという動作の延長線上にあります。ですので歩くという運動動作を改善してあげることで、走るという運動動作もそこから繋がって良くなっていきます。20120616-02.jpg

今度は投げる動作の練習です。コーチング前には脚と腕を上手く連動させられない状態で投げていました。しかしコーチが脚の上げ方や使い方をちょっと教えてあげるだけで、投げるボールが見る見るストライクゾーンに決まっていきます。球速もコーチング前と比べると、かなり速くなりました。素直な子はちょっとコーチングをするだけでもすぐにパフォーマンスが向上するので、コーチも教えていて本当に楽しいのです。

20120616-03.jpg

3枚目のこの写真は、脚や腕の使い方の改善途中のものです。コーチとキャッチボールをする時の投球フォームは、非常にダイナミックなものになりました!

小学1年生ということで、これからまだまだ運動能力は向上していきます。そして実際に向上し始める以前に、このように運動動作の基礎を学んでおくと、伸び幅もグンと広がることになります。Littlerockheartのコーチングは、体育の授業や少年野球チームではなかなか教わることのできない内容です。中には「走ることだけをコーチして欲しい」というオファーもあるくらいで、やはり親御さんとしてはお子さんの運動能力を少しでも高めてあげたいという気持ちが強いようです。

今回は60分だけのコーチングでしたが、また近い将来、グンと成長した彼に再会するのがとても楽しみです。

※写真は選手の許可を得て使用しているため、転載はご遠慮くださいませ。



次の記事 32歳の肩痛に悩む投手の痛み改善コーチング
ぜひこのページを野球をされているお友だちに教えてあげてください。




Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.