球速をアップさせるコツ

トップページ > 投手育成コラム > 球速をアップさせるコツはテイクバックのタイミングにあり!

球速をアップさせるコツはテイクバックのタイミングにあり!

  • 加速距離を延ばすことによって球速を上げろ!
  • テイクバックはランディング時に作るべし!
  • 球速がアップしても怪我をしてはまったく意味がない!

スマホだけで受講できる即効性が売りのオンライン野球塾[PR]

10周年を迎える野球塾のオンライン講座が今一番人気! お子さんの制球力・球速がアップしない原因と、アップさせる方法をわかりやすくコーチングいたします。 投げる動作だけではなく、野球に関することなら何でもご相談いただけます。 正しい基礎が身に付けばドンドン上達していくことができ、 その正しい基礎をわかりやすく学べるのがこのオンライン野球塾なんです。(¥3600~)
今すぐ上達したいならこちらのページへGo!


投手育成コラムではもう何度も書いていることではありますが、筋トレで球速をアップさせるやり方は間違いです。一流のプロ野球選手たちを観察してみてください。技術のあるピッチャーは、体重が70kg前後であっても150キロを超えるスピードボールを投げることができます。しかし技術のないピッチャーは、体重が90キロ以上あってもコンスタントに150キロを超えるボールを投げることはできません。そしてそういう選手の多くが肩肘を怪我しています。だからこそ球速アップは筋力ではなく、技術で目指すべきなんです。ということで今回は、球速をアップさせるコツをご紹介したいと思います。

加速距離を延ばすことによって球速を上げろ!

結論から言うと、ボールを加速させる距離を長くすることによって球速をアップさせていきます。もちろんそのためには適切な下半身の使い方とキネティックチェーンが成り立っていることが前提になるわけですが、下半身の動作が適切にコーディネイトされていたとしても、加速する距離が短ければ球速はアップしないわけです。

じゃあどのように加速距離を延ばせばいいのか?!肩関節の内外旋の順番を間違わない、ということも必須なわけですが、今回はタイミングに関して解説してみたいと思います。平地でキャッチボールをする際、非軸足がランディング(着地)する瞬間、ボールはどこにありますか?多くの選手が頭と同じくらいの高さに来ていると思います。しかしこれでは球速はアップしません。

テイクバックはランディング時に作るべし!

150キロのストレートを投げている投手の腕を振っているスピードを計測しても、せいぜい100~110キロ程度なんです。つまりいくら一生懸命腕を強く振ろうとしても球速はほとんどアップしないんです。しかしゆったりと動いているように見えても、加速距離が長い投手のボールは簡単に150キロを超えていきます。ちなみにこの加速距離のことを野球用語でアクセラレーションと言います。

スローイングアームというのは、足をしっかり踏ん張った状態でしか強く振ることはできません。踏ん張らずに強く振ろうとしても球速は大してアップしませんし、制球力も大幅に低下してしまいます。非軸足をランディングさせた際、スローイングアームがまだ下向きの正方形になっているのがベストです。つまりテイクバックの形ですね。平地でキャッチボールをしている際、ランディングではまだテイクバックの形、というのが最上級です。ですのでまずは緩やかな動きで、この形を目指して投げていただくといいと思います。

球速がアップしても怪我をしてはまったく意味がない!

ちなみにマウンドでは傾斜がある分、ランディングでは前腕が水平ラインまで上がっているくらいで大丈夫です。もちろんマウンドで投げている時でもランディングとテイクバックのタイミングを揃えることはできるのですが、これは簡単ではなく、人並外れた肩甲骨の柔軟性も必要になってきます。ですので無理はせず、マウンドではランディングとコッキングの中間地点(前腕が水平まで上がる地点)を揃えられれば十分です。それだけでも球速は目に見えてアップするはずです。

野球をする上で大切なのは、とにかくどこも怪我をしないことです。160キロのストレートを投げられるようになったとしても、怪我をしてしまってはまったく意味がありません。そしてまだ骨も固まっていない小学生の場合、野球肩や野球肘によって骨が変形してしまい、日常生活でも痛みを感じるようになるケースもあります。コーチに適切な動作指導(バイオメカニクス)の知識があれば、野球肩や野球肘はほとんど確実に防ぐことができます。怪我をしてしまっては野球を楽しむことなんてできませんので、怪我をしにくい技術を身に付けることによって球速アップを目指すようにしてください。ちなみに今回の投手育成コラムでご紹介した技術は、下半身を適切に使えていれば小学生でもマスターできる技術です。そしてもし球速をアップさせるための技術をガッツリ学びたいという方は、ぜひ火の玉ストレート習得クリニックを受講されてみてください。


littlerockheart.com
Kazコーチのマンツーマンレッスン野球塾は2020年で10周年を迎えます! 10年間で1500人以上を個人指導して来たずば抜けた実績を持つKazコーチが、 小学生~大人まで、わかりやすく上達方法をコーチング!もし上達できなければ全額返金!

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 野球でよく行う走り込みのメリットとは?
次のコラム ピッチャー用グラヴはサイズとウェブを重視して選ぼう!
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾