TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾スーパーサポートコース  野球塾オンラインレッスン30  オンデマンド野球塾 
HOME > 投手育成コラム > 日本球界も正しいアーリーワークの導入が必要?

日本球界も正しいアーリーワークの導入が必要?


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾

メジャーリーガーは上半身の強さだけでプレーしているという嘘

メジャーリーガーは筋肉が凄いからみんな上半身投げをしている、と考えている方は意外と多いのかもしれませんが、それはノーです。中にはテレビ解説者であっても解説でそう言い切っている方がいますが、その認識は完全に間違いであると僕は考えています。

MLBにおいては「日本プロ野球はAAAよりは上かもしれないけど、MLBには敵わない」と考えられています。実際そうだと思います。日本にやってくる助っ人選手のほとんどはメジャーに昇格できないマイナー選手で、中には韓国や台湾を経由してやってくる助っ人選手もいます。この現実を考えると、確かにNPBとMLBが本気でぶつかり合えば、NPBがMLBに勝つことは難しいと思います。

なぜこのような話をするのかと言うと、日本では解説者であっても「メジャーリーガーは上半身のパワーでプレーをしている」と考えているからです。ですが冷静に考えれば、いくらパワーがあったとしても本当に下半身を使っていなければ、パフォーマンスが安定することはないため、上半身だけでプレーしているということは考えにくいことなのです。それを伝えたかったのです。

日米で下半身の使い方が違うのはマウンドの硬さが影響している?!

確かに下半身の使い方は、日本人投手とメジャーリーガーとでは異なります。それはマウンドの形状も関係しており、日本のマウンドは比較的柔らかいため、重心を下げられるだけ下げても足部に残ったエネルギーを解放しやすいんです。一方アメリカのマウンドは粘土質で、日本のマウンドよりもずっと硬いんです。そのため重心を下げ過ぎてしまうと足首への負荷が大きくなり、捻挫してしまうこともあります。一つの理由として、捻挫しないためにメジャーリーガーは重心を高くして、自然と足首に負荷のかからない投げ方を身に付けて行ったのです。

日本人メジャーリーガーで言えば、松坂大輔投手や和田毅投手は重心が低い投げ方をしていました。一方上原浩治投手や岩隈久志投手は重心をそれほど低くはしないタイプです(勝負球の種類の違いもありますが)。このタイプ分けも、メジャーで活躍できる日本人投手を探す一つのポイントになるのではないでしょうか。

では重心が高いのに下半身を使えていると言えるのか?はい、言えるんです。メジャーリーガーは、ボディスピンを鋭く作ろうとします。つまり体幹を使うということですね。メジャーリーガーは上半身と体幹を、日本人選手以上に使います。そのため上半身投げだと勘違いされるわけですが、しかしそれだけ上半身と体幹を強く使っても、軸がブレてしまっては意味がありません。つまり上半身と体幹を強く使ってもブレないようにする役割を、メジャーリーガーは下半身に課しているのです。

一方日本人投手の場合は、外国人選手に比べると上半身や体幹はまったく強くありません。日本のプロ野球で腹筋がきれいなシックスパックになっている投手は少ないのではないでしょうか?しかしメジャーリーグではシックスパックなど珍しくもなんともありません。

日米で異なるアーリーワークの意味

アーリーワークという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは日本では早出練習と勘違いされていますが、実は違います。アーリーワークとは、チームの集合時間よりも早く球場入りし、チーム練習の前に体幹を鍛えたり、目覚めさせたりする作業のことなのです。アーリーワーク=体幹トレーニングが本来の意味合いです。

このような日米の意識の違いからも、メジャーリーガーの体幹は、日本人選手にはないほど強くしなやかに鍛えられているんです。だからこそボディースピンによって鋭く腕を振り、それによって強烈なボールを投げることができるわけです。メジャーリーガーが投げるあの強烈なボールは、決して腕力だけで生み出しているものではありません。そもそも腕の太さだけでメジャーリーグで通用するボールを投げられるのならば、日本人投手だってもっと簡単にメジャーで活躍できるはずです。

欧米人は上腕三頭筋、日本人は上腕二頭筋が鍛えられやすい

さて、もう一点。上腕には上腕二頭筋と上腕三頭筋という大きな筋肉が付いています。日本人は上腕二頭筋を大きくしやすいのですが、上腕三頭筋は大きくしにくい人種なのです。欧米人はこの逆で、上腕二頭筋は鍛えにくく上腕三頭筋はよく鍛えられます。ちなみにアフリカ系選手は腸腰筋群を鍛えやすい人種だと、スポーツ科学の世界では言われています。

では上腕二頭筋と上腕三頭筋、ボールを強く投げるために活躍する筋肉はどちらだと思いますか?もうすでにおわかりかと思いますが、答えは上腕三頭筋です。投球時には90°程度に曲がった肘を伸ばしながらボールを加速させていきます。そこで曲がった肘を伸ばしていくのが上腕三頭筋の役割なのです。

上半身の強さでプレーをしている、という視点で見るならば、確かに上腕三頭筋が発達している欧米人の方が、強いボールを投げやすい体質だと評価することはできます。でももう一度言いますが、だからと言ってメジャーリーガーは上半身だけでプレーをしているということはありません。特にメジャーリーグでプレーするレベルにある選手たちは、下半身・体幹・上半身を本当にバランス良く使うことができています。だからこそ160km/hを投げるピッチャーがあんなにたくさんいるんです。

日本人選手も正しいアーリーワークを導入すべき?!

日本のプロ野球を少し穿った目で見ると「中年太りし出していても1軍で活躍できる」と言うこともできます(太っていても力士のように体脂肪率が低い選手は別)。中年太りしているということは、体幹はかなり弱いはずです。下半身で作り出したエネルギーは必ず股関節と体幹を経由して上半身へと伝わっていくため、体幹が弱ければ、ボールは上半身の力で投げたり、打ったりするしかなくなります。プロ野球に時々いますよね、この人ずいぶん太ったな〜っていうベテラン選手が。

僕がメジャーリーガーと日本の1軍選手の技術、フィジカルを観察していくと、意外と思われるかもしれませんが、日本の方が上半身主体でプレーしている選手が多いように感じられます。特に体幹の使い方の巧さに関しては、全体的に見えると日本はメジャーにはまったく敵わないのではないでしょうか。メジャーでは、メジャーとマイナーを行ったり来たりしているレベルの選手であっても、下半身・体幹・上半身をバランス良く使えている選手がほとんどです。

日本のプロ野球がメジャーリーグの上を行くために必要なのは、身体を大きくすることではありません。アマチュア時代から、今まで以上に下半身・体幹・上半身をバランス良く連動させて使えるようになることだと僕は考えています。 特にアーリーワークによってコア、股関節、肩甲骨をしっかりと整えておくことは、プレーの質や軸の安定感を向上させるためには、とても重要な要素となってきます。

アメリカに大きくお遅れをとっている日本球界の指導者たち

ワールドシリーズの覇者と日本シリーズの覇者が7戦4先勝のシリーズを戦ったら、日本が勝てる確率はかなり低いのではないでしょうか。もちろんメジャーリーグがすべて正しいとは考えていません。しかし現時点においては技術、フィジカル共に日本はアメリカよりも大きく遅れを取っています。

特にアマチュア指導者に関しては、日本は未だに30年以上前のやり方で教えている方が大勢います。しかし技術は進化し続けています。アメリカの少年野球チームには、各チーム1人ずつ、僕のようなプロコーチが派遣されているんです。ですので常に最新理論で子どもたちは野球動作を学ぶことができるんです。この日米の大差を見ると、まずはアマチュア指導者たち(ボランティアのお父さんコーチを含む)がその技術進化に追いつくところから始めるべきなのかもしれませんね。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

TeamKazオンライン野球塾
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが肩肘の故障リスクを軽減し、 同時に球速と制球力をアップさせることに成功しています。 あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾