Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
【野球塾Littlerockheartからのお知らせ】
2018年4〜12月の大まかな予定
パスポートコーチング新規・時間追加受付終了のお知らせ
2019年6〜8月のコーチング予約に関するご案内

2018年8月16日(木)〜2018年8月26日(日)までの間、 先着2名様ずつ、 パスポートコーチング30%オフピッチングマスターコース(完売)スラッガー養成コース(完売)の10回コース以上を20%オフ にさせていただきます!詳しくは各コースのページをご参照ください。
2014年12月14日

球威・球速を低下させる大き過ぎるテイクバック


球威・球速をアップさせるために、大き過ぎるテイクバックを取っている投手をよく見かけます。例えば2013年あたりの埼玉西武ライオンズ大石達也投手は、かなり大き過ぎるテイクバックを取っていましたね。ですがこの投げ方はエネルギーを使える方向(ベクトル)がキャッチャーミットに向きにくいため、球威アップにそれほど繋がらないばかりか、肩を痛めるリスクが非常に大きくなってしまうのです。

テイクバックとはその名の通り、投げたい方向の真後ろにテイク(動作を取る)していく動作のことです。おもちゃのチョロQと同様です。チョロQも真後ろにテイクして、真ん前へ進めていきますよね。野球のボールも同じで、投げたい方向の真後ろにテイクさせ、真ん前へ向かって加速させていくのが最も球威・球速がアップしやすい投げ方であり、肩を痛めるリスクも適切な動作にさえなっていれば、軽減させることができます。

肩関節の大き過ぎる内転・外転が野球肩に繋がることは前回のコラムで書いた通りです。故障を防ぐという意味でも、パフォーマンスを向上させるという意味でも、テイクバックは背中側でもお腹側でもなく、しっかりと真後ろ(二塁ベース側)に入れるべきなのです。そうすれば球威・球速もアップさせやすく、故障のリスクも軽減し、さらには打者からボールの出所が見え難くなります。

投球動作で唯一の適切な投げ方は、故障しにくい形の動作です。故障しやすい動作ではパフォーマンスを安定的に向上させていくことはできません。そもそも怪我をしてしまっては練習ができないため、上達することもできません。そういう意味に於いても、投球動作(モーション/メカニズム)は怪我のリスクが少ない形を取るべきなのです。

投球動作さえ適切な形になっていれば、投球フォーム(見た目)はどのような形でも良いのです。オーバーハンドスローでもアンダーハンドスローでも、トルネード投法でもマサカリ投法でも。見た目はどのような形でも構いませんので、とにかく動作だけは良いものを一つでも多く取り入れられるように取り組んでいってください。それが球威・球速アップに直結していくはずです。

野球塾Littlerockheartコーチングメニュー
ピッチングとバッティング、両方のコーチングを同時に受けられるパスポートコーチングの受付は、2018年8月26日で終了となりますので、お早めにご相談くださいませ。


Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:球威・球速アップ
コラム著:Coach Kaz
前のコラム このような動きをすると野球肩になりやすい
次のコラム ストレートの伸びを良くできた時の指先の形

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.