球速,緩急について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

緩急は何km差をつければ良いのか

マンツーマン野球塾のレッスンを1時間¥2,500〜受講いただけます!
小学生〜草野球選手、初心者〜上級者まで、どんなレベルの選手も受講できます!

バッターの技術が時代を追うごとに高まっていく中、緩急の使えないピッチャーはなかなか良い結果を継続させることができません。緩急とはつまり、速いボールをより速く見せる技術であり、遅いボールをより遅く見せる技術のことです。

緩急の話をする前に、まず覚えておいて欲しいことがあります。それは、人間が速度の違いを認知するには、平均速度の20%以上の変化が必要だということです。緩急の目的は、バッターにピッチャーのタイミングでバットを振らせることにあります。ですが平均速度の10%程度の球速差ではスピード差はほとんど認知できず、バッターは自らのタイミングでバットを振ってしまうことになります。※20%という数字は、ストレートの平均球速から割り出してください。、

例えばストレートの平均速度が130kmのピッチャーで考えてみることにしましょう。130kmの20%というと、26kmです。つまり130kmのボールを球速表示以上に速く見せるためには、104kmよりも遅いボールを投げる必要があるというわけです。

見方を変えれば、104kmのスローカーブを最大限に活かすためには、平均速度が130kmを超えるストレートが必要になります。平均130kmのストレートを投げられなければ104kmのカーブは、バッターの目には104kmにしか映りません。逆に130kmを超すストレートを投げられれば、104kmのボールはバッターの目には90kmくらいに感じられ、待てども待てどもボールがやって来ず、完全に泳いだスウィングをしてしまうことになります。

もう一度見方を戻してみましょう。104kmのスローカーブが投げられれば、130kmのストレートはバッターの目には140kmにも感じられるのです。するとバットは完全に振り遅れ、当たってもどん詰まりにしかなりません。

ではもし平均130kmのストレートを投げられるけど、10%の球速差しかない117kmのカーブしか投げられない場合はどうでしょうか?117kmのボールの後に130kmのボールが来ても、バッターの目にはせいぜい135kmくらいにしか感じられません。この程度の感覚の誤差であれば、バッターは十分に対応することが可能なわけです。

高校野球までなら、150kmのストレートを投げられればストレート1本でも勝つことができるかもしれません。しかし大学野球以上のレベルになると、例え155kmのストレートを投げられたとしても、それだけでは抑えることはできません。だからこそストライクゾーンを三次元で使うための緩急が必要になるというわけです。124kmのスライダーを見せたあとならば、155kmのボールはバッターの目には160km以上にも感じられるわけです。

このような観点からも、ぜひ一度ご自身の平均速度と最遅のスピード差を計測してみてください。その差が20%以上あれば、立派な緩急の使い手であると言えます。

月額650で受講できるCoach Kazのオンデマンド野球塾

最新野球技術で上達をサポートする
Kazコーチのマンツーマン野球塾
IMG_2472.jpg

もっと野球を上手になりたいのに、頼れるコーチがいなくて困っていませんか?

そんな悩みあっという間に解決できるのがマンツーマン野球塾です。

1. 上達するための具体的な動作と練習方法を指導!
Kazコーチの指導は経験則による曖昧なものではなく、すべて科学的に根拠のあるものばかりです。 どんな質問をされたとしても、すべて理論的に回答することができます。 だから練習内容に迷いが生じることがありません!

2. 個別指導1300人以上のずば抜けた経験値!
Kazコーチは2010年1月以降1300人以上の選手たちを個別指導してきました。 コーチとしての経験値が桁外れなんです。 だからこそお子さんのコーチングを見学いただいているお父さん・お母さんたちからも信頼されてます!

3. 怪我をしない投げ方・打ち方の指導が得意!
どんなに速いボールを投げられても、どんなに打球を遠くまで飛ばすことができても、 怪我をしてしまっては意味がありません。だからこそパフォーマンスをアップさせながら、 同時に怪我をしにくい良いフォームの指導も行っています。

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム イップスを治すには頭から四球と暴投を消し去る
次のコラム 野球肘のリハビリは、まずは痛みをなくすこと

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾