直観像記憶について書かれているブログです。

トップページ > 野球は筋書きのないブログだ > コーチに必要なのは直観像記憶と分解&組み立て力
2019年12月24日

コーチに必要なのは直観像記憶と分解&組み立て力


今日の午前中はうちのコーチ陣との勉強会でした。コーチ陣と言っても僕と、アシスタントコーチ2人なんですけどね(笑)。この2人は現在修行中ですが、アマチュア選手のコーチングに関してはもう十分なコーチングができるレベルのコーチたちです。後々はうちではなく、一本立ちしてコーチング業を行ってくれると思います。

僕が出張中やグラウンドに出られない時などは、彼らがコーチングを行う機会も近頃は増えていて、僕ではなく、彼らのコーチングしか受けたことがない方も多々いらっしゃるかと思います。

ここでは一応、何もなければ僕がコーチングを担当するわけですが、「Kazコーチじゃなくても大丈夫ですよ」という方の場合は、アシスタントコーチが担当させていただくこともあります。

クリニック系の5コースでは、すでにアシスタントコーチが登板しています。ただ、僕が担当できない場合はご予約を確定させていただく前に確認させていただいておりますので、ご安心ください。やっぱり、嬉しいことに「Kazコーチの指導を受けたい」と仰ってくださる方が多いんですよね。これからもそう言い続けてもらえるコーチであり続けたいと思っています。

ちなみに今日はスポーツ心理学についてをアシスタントたちの頭に叩き込ませました。でもこれだけじゃ現場では使えません。コーチングは暗記するだけではできなくて、頭の中で理論を一度分解して、選手に合わせて瞬時に組み立て直せる能力が必要なんです。

あと、コーチが持っていると便利なスキルは直観像記憶です。僕が選手の動作を凝視しているのをご覧になったことがある方は多いと思いますが、あれは実は頭の中に動作を録画している作業なんです。選手が投げたり打ったりしている動作を頭の中に録画し、それを頭の中で何度も再生を繰り返しながら問題点などを洗い出していきます。

僕自身、直観像記憶はまだコーチング現場でしか使いこなすことはできないのですが、でも10年のキャリアがある分、そのレベルはプロコーチの中でもかなり高い方だという実感があります。というか、直観像記憶の習得をコーチに求めているのは僕の野球塾くらいかもしれませんが。ちなみにアシスタントたちはまだマスターできていません。

それにしても、今年ももうあと一週間しか残っていないんですね。うちの野球塾は年末年始も休まずやっていますが、もう今年お会いする予定がない方は、この場を借りて「よいお年を!」と伝えさせてください。

そして、メリークリスマス!!

IMG_0036.jpg


インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook
前のブログ けっこう多くのロシアの家庭に野球のバットがある。でも!
次のブログ 選手たちにはヨーダのこの言葉を伝えたい!

ブログカテゴリー
English  ちゃんと勉強してるんだよって話  コーチングの話  ベールに包まれた日常の話  ホントに野球が好きなんだよって話  写真を撮るのが得意なんだよって話  映画も好きなんだよって話  猫が好きなんだよって話  真面目な話もするんだよって話  趣味は読書かもしれないって話 

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾