夏がキライについて書かれているCoach Kazのブログです。- マンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2019年08月01日

夏がキライ


IMG_5472.jpg
僕も夏がキライです(笑)。ロシアの夏は好きですが、東京の夏はキライです(笑)。今日もグラウンドと自宅を出たり入ったりで、1日に5回もシャワーを浴びました。シャツとウェアも5セットの洗濯で、夏は1日で冬一週間分の洗濯物です(笑)

暑さはすごく得意だし、夏バテした経験もありません。暑さでグダグダになることもないし、炎天下の下でも平気な顔して10〜20キロのジョギングをしたりもします。ちなみに我が家からディズニーランドまで往復するとちょうど30キロなのですが、月に1回は30キロ走ります。

暑さにはめっぽう強いわけですが、夏はキライです(笑)

懐かしいですね、8cmのCD。学校を出て、社会人になって初めて一緒にお仕事をさせてもらった相手が東亜佐美さんでした。東京パフォーマンスドールだったシンガーソングライターです。写真よりも、映像よりも、やっぱり実物が一番キレイです。本当にキラキラしていて、僕は東京生まれの東京育ちなのですが、「東京の女の人ってキレイだな〜」って思いながら仕事してました(笑)。あ、ちなみに亜佐美さんは関西人ですが(笑)

仕事以外でもお会いさせてもらったりもしたんですが、本当に人柄が良くて、本当に大好きな先輩でした。でも当時の僕は卒業したての駆け出しで、ついていくのがやっとで、あまり余裕がなかったと思います。

でも阪神ファンの亜佐美さんとは、よく野球の話をさせていただきました。たぶん僕より1〜2歳上なだけで、「敬語なんて使わないで」って言われたこともあったんですが、美人すぎて、当時の僕にはそんなことできませんでした。

最近「美人すぎる○○」って言われることがけっこうあると思うんですけど、たいがいは「○○にしては美人」っていうニュアンスのように感じてしまいます。でも亜佐美さんは美人が100人いる中でも一番美人って言えるような人で、それでいて人柄がすごく良くて、真弓明信さんのファンで、よく野球のお話をさせてもらいました。

たぶん「将来野球のコーチになる」ってことを初めて言った相手が亜佐美さんです。1997年とか、1998年だったかな。その頃にはもうすでにコーチになる勉強をし始めていました。で、実際にコーチになったのは2010年。今ならプロコーチになっても大丈夫だ!と思えるほどになるまで、13年間の勉強が必要でした。で今年はプロコーチ転職10年目。

亜佐美さんとは2つの現場で一緒に仕事をさせてもらったんですが、まだ10代で、しかも社会人になって初めての先輩が亜佐美さんで本当に良かったって思います。いつかまた会える日が来れば、その時はタメ口で話したいな、俺も夏がキライって(笑)

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のブログ コーチングの合間にちょっとだけスプリントトレーニング
次のブログ 1年近く悩ませられたノイズ問題がついに解決!!

ブログカテゴリー
English  ちゃんと勉強してるんだよって話  コーチングの話  ベールに包まれた日常の話  ホントに野球が好きなんだよって話  写真を撮るのが得意なんだよって話  映画も好きなんだよって話  猫が好きなんだよって話  真面目な話もするんだよって話  趣味は読書かもしれないって話 
Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション



Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾