孫子,論語,菜根譚,老子について書かれているCoach Kazのブログです。- マンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2019年05月22日

野球塾10年目のコーチの愛読書


何を隠そう僕はテレビをほとんど観ません。と言うか、テレビ番組に関しては一切観ません。ニュースなんかは新聞をオンデマンドで読んだり、毎週Newsweekを買って読んだりしてます。テレビを観ない分、本をたくさん読むのがすっかり習慣になっています。

野球塾を開業して10年目のコーチは一体どんな本を読んでいるのか?!なんてことをたまに聞かれますので、僕の愛読書をご紹介したいと思います。

IMG_5037.JPG
『孫子』『菜根譚』『論語』です。本当は『老子』『ニーチェ』『コメディア』も持ちたかったのですが、単行本は3冊持つのが限界でした。

野球の仕事を始めてとにかく役立ったのが『孫子』です。僕は試合で勝つための戦略・戦術のデザインや、特定の選手を封じるための対策を作る仕事も多々こなしているのですが、このような野球のコーチとしての仕事は『孫子』なくしてはとてもできるものではありませんでした!この10年、『孫子』のおかげで客人コーチとして多数の優勝も経験させてもらいました。

そうなんです、僕の仕事はグラウンドでのマンツーマンコーチングだけではなく、戦略・戦術のデザイン(主にプロ向け)もけっこうたくさんこなしているんです。

『孫子』は高校時代からの愛読書です。何冊もの『孫子』を、数え切れないほど読みました。現代風にわかりやすい解説が加えられている『孫子』解説本もたくさんあるのですが、僕は最終的には非常にシンプルな内容、つまり『孫子』をただ日本語に訳しただけの、余計な解説が入っていないこの『孫子』が一番のお気に入りです。

僕は野球の仕事の関係上、中国・台湾・香港にも知人が多いんですが実は中国の方はこれらの中国の古典を読んだことがない、もしくはまったく知らないという方が結構多いんです。もったいない!!

今年知り合った香港の女性アナウンサーは中国生まれで中国育ちの大卒28歳なんですが、『孫子』『菜根譚』『論語』『老子』の存在さえ知りませんでした!

どうやら毛沢東の時代から中国では『論語』などの道徳本が徐々に排除され、利益主義へとパラダイムシフトがなされたようです。その結果中国の国力は確かに向上されたわけですが、でも中国の一部の方の道徳観念は世界中で低く評価されてしまうという時代になってしまいました。

でも最近ごくごくごくごく一部の学校では、共産党の方針に反するような形で再び『論語』を中国で広めようという運動が始められています。個人的にはフー・チンタオさんに握りつぶされなければ良いなぁ、と願うばかりですが。

ちなみに近年は『孫子のへい法』と読むことが多いようですが、僕は昔ながらに『孫子のひょう法』と読む方が好きです。

現代人は心がとても疲れてしまっている方が多いようです。そんな時はぜひ『菜根譚』や『老子』を読んでみてください。きっと生き方がスーッと楽になっていくと思います。

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のブログ どこの組同士の抗争だ?!と思ってしまう河川敷グラウンド
次のブログ 令和を迎え、5年後の野球塾を考えながら指導する日々

ブログカテゴリー
English  ちゃんと勉強してるんだよって話  コーチングの話  ベールに包まれた日常の話  ホントに野球が好きなんだよって話  写真を撮るのが得意なんだよって話  映画も好きなんだよって話  猫が好きなんだよって話  真面目な話もするんだよって話  趣味は読書かもしれないって話 
Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション



Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾