チンピラ監督について書かれているCoach Kazのブログです。- マンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2019年05月07日

どこの組同士の抗争だ?!と思ってしまう河川敷グラウンド


野球というスポーツは大好きです。だから野球の仕事に携わっています。でも日本球界となると、僕は嫌いです。週末の河川敷グラウンドを散歩してみてください。「どこの組同士の抗争だ?!」と思えるような怒号をあちこちで聞くことができます。

ただ怒鳴っているだけじゃないんです。言葉遣いが本当にチンピラそのものなんです。監督だかコーチだかは知りません。しかしユニフォームを着てベンチにドカッと座って怒鳴っているので、皆さん監督かコーチのどちらかなのでしょう。しかし僕の目には彼らはチンピラにしか見えません。

もちろんそのようなアホな怒号を発する監督ばかりではありません。でもそういう監督が多すぎるんです。それとも江戸川河川敷グラウンドだけですか?!

僕は日本球界のこのような怒号が許される風潮が大っ嫌いです。だからもし我が家に子どもがいたとしても、日本の野球チームには絶対に入れたいとは思いません。野球連盟はなぜこのようなチンピラ監督を放っておくんでしょうか?!

このようなチンピラ監督は時代錯誤という言葉で片付けるべきではありません。どの時代であっても許されるべきではないと僕は思います。

そしてそのようなチンピラ監督のもとで育ってしまった子たちも、将来指導者になった時にチンピラ監督になってしまう可能性があります。だって、チンピラ監督のそばで育ってしまったのですから。

チンピラ監督は基本的に無能です。数多くの有能な指導者たちは、どの学年のチームであっても子どもたちを罵ることは絶対にありません。だって、怒鳴らなくても選手を上達させることができるんですから。

日本球界ってどうなってるんでしょうね。チンピラ監督の存在は後を絶たないし、子どもたちが野球やってる横でタバコを吹かす大人は多すぎるし。他のスポーツでこのような光景を目にすることはありますか?

僕は他競技のプロコーチと交流することがよくあるんですが、僕が知る限り日本球界だけです。同じ野球でも、アメリカのリトルリーグでそのような光景を目にすることは、0%ではないんですが、ほぼ見かけることはありませんでした。

僕が見てきたアメリカのリトルリーグでは1人だけですね、ことあるごとに怒鳴っていた監督というのは。ただもちろん怒鳴っているだけで、チンピラ監督のような言葉遣いをしたり、選手を罵ることはありません。ちなみにその監督は親御さんやリトルリーグ連盟から警告を受けたそうです。

僕はこう思います。少年野球・学生野球の公式戦には必ず公認審判がいるわけですから、もしその審判がチンピラ監督を見かけたら連盟に報告させることを義務化すべきだ、と。そして報告を受けたら連盟はすぐに予告なしで視察をすべきだ、と。予告をしたらリアルな現状を把握することができないと思いますので、そこは予告なしでいいと思います。

そして警告を出した後も改善されなかった場合は、追放すべきだと思います。本当ならば指導者ライセンスがあって、そのライセンスを剥奪することがベストだと思うのですが、日本球界には今なお指導者ライセンスが導入されていませんので、そうなると追放というのがベストなのかな、と思います。

野球チームは任侠映画でもなければ、軍隊でもありません。でも怒鳴ることによって「メンタルを鍛えている!」と平気で言い切るアホな監督が実際にまだ大勢いる、というのが、日本の少年野球・学生野球の現実なのです。野球競技人口が減っているのは当然だと思います。

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のブログ 千葉マリンスタジアムの横で撮ってみた写真


ブログカテゴリー
English  ちゃんと勉強してるんだよって話  コーチングの話  ベールに包まれた日常の話  ホントに野球が好きなんだよって話  写真を撮るのが得意なんだよって話  映画も好きなんだよって話  猫が好きなんだよって話  真面目な話もするんだよって話 
Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション



Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾